スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

天野月子@STUDIO COAST

日付は既に昨日ですが、新木場のSTUDIO COASTで行われた天野月子の「ライブ2006 ゴネンジャー・プラス」に参加してきました。とりあえず、セットリストですね。

1. 菩提樹
2. 箱庭 ~ミニチュアガーデン~
3. B.G ~Black Guitar + Berry Garden~
4. 時計台の鐘
5. Treasure
6. Stone
7. 龍
8. ウタカタ
9. カメリア
10. 月
11. 人形
12. 日曜日
13. 烏
14. JOKER JOE
15. Radio Magic
16. 鮫
17. スナイパー
18. トムパンクス
19. 蝶
20. 巨大獣
<アンコール>
21. 梟
22. 恋
23. Love Dealer-2006-
24. トムパンクス
25. 風船
<アンコール>
26. おんがく

つっこさんのライブ5月のキネマ以来、6回目になるのかな。で、会場のSTUDIO COASTは初参加でした。少し会場時間が遅れましたが、入場してみるとレオさん情報による大阪公演とは違って椅子はありませんでしたね。で、アッキー前の3列ほどに位置取りましたよ。
開演前はキネマと同じ(?)オペラのアリアが流れる中、開演時間を待ちました。そして、開演時間の18:30を7分ほど過ぎてから客電が落ち、何時もの「菩提樹」のSEが流れ、これも恒例のつっこさん自身によるアナウンスが続きました。アナウンスが終わってしばらくしてからプレイボーイズの面々が入場し、1曲目の打ち込みによるイントロの演奏が始まりました。するとつっこさんは2段ステージの上の部分にセリで上がってきたのにはちょっとビックリ。大阪でもそんな感じだったのかな?

つっこさんの衣装は『デラックス・カタログ』のジャケ写と同じようなビクトリア調のドレスで、髪は普通のストレートでした。2コーラス目までは打ち込みだけで歌っていたかな。ちょっとしたMCの後、2曲目に突入しましたが、この曲ではアッキーのプレイで新発見。イントロの部分とかでタッピングを使っていたんですね。いや、アッキーの前に居て、今日は楽しかったですよ。
この後長めのMCが入ったのですが、アッキーがネタにされてまして、それに応対するアッキーのベシャリを初めて聞けたのも面白かった。3曲目は定番の激しい曲ですが、ビクトリア調のドレスでは動き辛いのか、つっこさんの踊りもロボットっぽいカクカクな動きでした。しかし、間奏でアッキーとシャラさんがフロントに出てきてる隙につっこさんは下手でオーバースカートやジャケットなどを脱ぎ捨て来て、キネマでの最初の衣装である「ウタカタ」PVの衣装に変わりました。その後は跳ねるわ、踊るわでいつものつっこさんに戻りましたっけ。

ここでRieさんが所属するSeptemberのリリース情報などのMCが入り、ややしっとりとした4曲目で落ち着きましたが、5曲目は昨日つっこさんが初めてテレキャスを担ぎ、髪を振り乱してギターをかき鳴らす激しい曲となりました。続く6曲目ではバリライトがこの日初めて活躍しましたが、緑色の照明が主体で「Stone」とは翡翠のイメージしているのかなと思いましたっけ。
そしてまた80年代風カフェ待望の話題で盛り上がったMCをはさみ、7曲目ではまた間奏でのアッキーの運指に釘付けとなりましたよ。いや、ギタリストも顔負けの動きでしたね。8曲目はAメロは打ち込みのみで歌い、その後バンドが順次入る展開。途中つっこさんがマイクスタンドを蹴倒して昨日初めてステージ中央の花道のような出っ張りに突入しましたよ。そこから私までは3mも無い距離だったので、至近距離でつっこさんを堪能できました。

9曲目の前のMCでは「カメリア」は『Sharon Stones』の制作が決まった際に、スタッフに感謝を込めて作った曲ですが、今日は五年分の感謝を込めて歌いますと言っていたのが泣けました。スタッフに愛され、そしてそのスタッフを慈しむつっこさん、美しい関係です。10曲目ではステージ上に設置されたミラーボールが活躍。後のMCで明らかにされたのですが、このミラーボールとその周りを取り囲むシャンデリアは美術のスタッフが昨日手作りで作り上げたとか。
舞台監督にもう使わないので持って帰りますか、と聴かれたつっこさんは即座に断ったとか。「えー、欲しーい」と客席から上がった声に、つっこさんは「あれ、直径4mもあるんですよ。部屋に入りません」と応えてましたね。この曲が終わると一旦全てのメンバーが袖に下がり、A LUNCHという謎のバンドの宣伝MCが流れました。どうやらつっこさんが参加するバンドで、1/20にRUIDOでライブを行うようです。

その宣伝が終わると聴きなれた「菩提樹」のSEが流れ、つっこさん自身による「只今必死で着替えてます」との場内放送に会場から爆笑が漏れました。その再登場したつっこさんの衣装はジーンズにタン色のレザーのオーバー・パンツと、霜降りにポップなプリントの入ったTシャツというラフな感じ。くすんだシルバーかブラスか判明しなかったけど、太いチェーンのネックレスしてましたね。
11曲目もライブではお馴染みの曲ですが、昨日は打ち込みが新しくなってたかな?シンセもアドリブ入ったような感じでしたね。この後はこれも定番の「日曜日」、5連続リリースのシングルの中でも激し目の「烏」と続きました。そして「Joker Joe!」とタイトルをシャウトして紹介した14曲目に突入。曲も激しくシャウトしてましたね。いや、この曲は昨日一番踊れましたよ。

15曲目は大阪に続いてのアース・シェイカーのカバーで、「Radio Magic!」などの部分を客席とコール&レスポンスして盛り上がりましたね。その後は定番が続くアゲアゲ展開で、「トムパン」や「スナイパー」ではコール&レスポンスの嵐となりステージ前はグッチャグチャの状態。いや、もう汗だくでした。あと、「蝶」の間奏でのアッキー・ソロは悶絶しましたね、もうベースの領域を超えてた感じです。
そして、お決まりの締めとなる「巨大獣」ではJJのパワフルなドラミングにシビレました。つっこさんはまた2段セットの上のセリから退場しましたが、プレイボーズはダラダラ退場するのが何だか残念だったわ。そして、アンコールはまたセリから上がっての登場でしたが、今度はAIR MANのお二人を伴ってとなりました。

つっこさんの衣装は深緑の別珍膝丈ワンピに黒のロング・ブーツで、髪には「デラックスカタログ」裏ジャケのティアラも光ってましたね。AIR MANのお二人はゴールドのミニ・ドレスに銀のハイヒール、緑の長手袋もしてたかな。そしてカラオケのみで21曲目を歌いました。そこからプレイボーイズをつっこさんが呼び出し、『天龍』唯一のオチャラケ・ナンバー「恋」をAIR MANを加えたダンス付きで披露。
23曲目はPVでもお馴染みのダンスを客席も巻き込んで歌い、踊る展開。本編最後は歌で観客と一体になり、アンコではダンスで会場全体でまた盛り上がるというステージングが憎いな。ここでAIR MANのお二人が優雅にステージを去り、DVD用カメラが入っているのでドレスで「トムパン」をもう一度歌いたいとつっこが提案。もう否の声はありませんね。私も最初の時よりジャンプ高く跳ねましたが、JJもオカズ多めでサービスしてくれましたっけ。

そして、かなりモーローとなってしまいましたがアンコの締めは「風船」で、天井から風船が降り注ぐ演出で華麗にフィニッシュ。ですが、ここで終わるつっこさんでないのは皆さんご存知、当然手拍子も続きました。再々登場ではアンコと同じ衣装ででした。ここでつっこさんから驚愕のアナウンス。DVD用に録画していたけど、演出面でいくつかミスがあったので発売はせず、お詫びとして来てくれた観客に無料でDVDを送るとか。
マジっすか?最初の「トムパン」の時にメタル・テープが飛び出す演出のタイミングが遅れたとか、あったそうです。他に私が気がついたのは「風船」で風船が落ちてくる場所がほとんどステージで、観客席にもっと落ちて来て欲しいなとか思ってましたけど、無料配布するほどのことですかね?まあ、そう言いながらも久々にアンケートに住所を書いて出したんですけど。

ダブアンコの「おんがく」は以前路上時代に知り合ったアーティストが昨年インディーズでCDを出して、路上でも歌っていた曲が入っていたのを懐かしく思い作ったそうです。エレアコ弾き語りでしっとりと歌ってくれました。まあ何だかんだあったステージでしたが、めちゃ楽しかったよ。来年早々のA LUNCHと春頃のリリースを楽しみにしています。

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2006.11.27 | コメント(4) | トラックバック(0) | 音楽

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。