スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

Salyu@武道館

2/10はSalyuの「Tour 2009 Merkmal」を観に武道館まで。ネットの情報も参考にしたけど、先ずはセットリストから。

0. アラベスク~回復する傷
1. プラットホーム
2. be there
3. 彗星
4. Tower
5. 飛べない翼
6. 飛行船
7. エロティック
8. name
9. 遠い海 夜の出会いに
10. Sight
11. 砂
12. 光りの束
13. 再生
14. landmark
15. Dramtic Irony
16. VALON-1
17. to U
18. I BELIEVE
19. コルテオ~行列~
20. グライド
<アンコール>
21. トビラ
22. HALFWAY
23. 風に乗る船

Salyuのステージは昨年8月の音霊以来で、約半年ぶりの11回目。このツアーはベスト盤『Merkmal』のリリースを受けてのもので、Lily Chou-Chou含めてまだ3枚しかアルバムを出していないSalyuがベストと出すと聞いて嫌な予感を持った人も多かったはず。でも『コルテオ ~行列~ / HALFWAY』というシングルも出たので、その不安は無くなったかな。武道館ではチケット運がいつも悪くて、今回も2階席の西側端っこ。まあ、ステージに近かったことだけが救いだったな。開演前、ステージはデリコの時と同じくスクリーンに覆われてて、中が見えないようにしてあったけど、私のいた位置からは隙間からちょっと覗けたってのもラッキーだったわ。あと、2台の長玉やブームカメラなど多数のTVカメラを見かけたので、このライブがDVDになるか放送があることはまず間違いない、ってのもお伝えしときますか。開演時間の19:00を15分ほど過ぎて客電が暗くなると、ステージ前のスクリーンにCGが映し出され、Lily時代のSEが流れてステージがスタート。前回のツアー含めSalyuのステージは対バンを除いてどれも映像は凝っていたけど、今回は一段とグレードアップしてた感じ。プロジェクターも2台ペアを2セット使ってましたから。映像に関してのレポは放送とかにお任せです。
SEが終わりステージ前のスクリーンが落ちると、既にサポート陣とSalyuがスタンバイしてて直ぐに1曲目が始まったっけ。サポートのメンバーはDr.あらきゆうこ、Bs.キタダマキ、Gt.名越由貴夫と清水ひろたか、Kb.SUNNYのお馴染みさんに加え、Vc.Robin Dupuy、Cho.山口ひろこ(?)という昨年行けなかったMotion Blueでのライブにも参加していたという2名を加えた、計7名の大所帯。何よりあらきさんの復帰が嬉しかった。ステージには下手奥から上手の前にかけて白いうねった道が設けられてて、Salyuはその上手前の端に後ろ向きに立ったまま歌いだしたのもシアトリカルな演出のひとつ。Salyuの衣装は白いミニ丈のドレスで、後に両脇のスクリーンに映った映像では共布で花などが一杯に縫い付けてあったみたい。髪は長めのボブ風で、足元は銀ラメ入ったウェッジソール。音霊の時よりもまた一層スリムになってたかも。途中からその道を奥に向かって歩きながら歌ってたけど、Salyuが歩いて行くとその道もシンクロして光って行くってのも洒落た趣向だった。3曲目からはその道を降りてステージ中央に移動し、4曲目の後にようやく挨拶程度の最初のMC。チューニングの合間などもステージの照明が暗転するとか、徹底的に演劇っぽさを貫いてた。

その暗転してた間にミニ丈のスカートの後だけ長く伸ばして、5曲目からはちょっとシックなスタイルになったけど、6曲目では踊りながらクルクル回ってスカートの下のショートパンツまで見せてくれるサービスもあったり、7曲目はLily時代の名曲を座ってじっくり聴かせてくれたのも泣けたね。10曲目は「共鳴」のC/WでVc.と打ち込みのみのインスト曲。ここでSalyuはお色直しでステージを去り、ふたつ目の衣装はブルーグレイのシフォンを重ねた膝丈のドレスと赤のウェッジソールにチェンジ。再登場してからは白い道の中央あたりに置かれた椅子に座って、3曲ほど歌ったかな。13曲目の前に歌い始めてからの10年間を振り返る長いMCがあり、その13曲目は初めてレコーディングしたという「再生」。続いた「landmark」は今回もあらきさんのDr.がヤバかった。この曲は彼女のDr.じゃないと、あの躍動感が出ないんだよね。Salyuのヴォーカルも天井知らずで、お得意の体を前に折っての熱唱。スリムになってもヴォーカルは相変わらずパワフルで、やっぱり今回もこの曲がベストだったな。でも、以前のように一人で突っ走るんじゃなくて、バンドと呼吸を合わせてるとこなんかは進歩も感じたり。アンコールからはSalyuのリードでスタンディングとなったけど、新曲の22曲目はキタダさんがU.Bs.に、Gt.のお二人も共にアコギ、あらきさんもシェイカーへとアコ構成になってせっかくのスタンディングなのにあまり踊れなかったのだけが残念。2時間35分程度のステージ、たっぷり堪能させていただきました。また横浜公演も参加したくなったけど、チケット取れるかな?
merkmal 通常盤

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2009.02.22 | コメント(6) | トラックバック(0) | 音楽

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。