スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ビューティフルハミングバード@ルーテル東京教会

1/29は新大久保にある日本福音ルーテル東京教会で行われたビューティフルハミングバードの「第五回 耳をすまそうコンサート」に参加。不明曲が多くてスミマセンが、セットリストから。

<第一部>
1. ?
2. ?
3. トゥトゥトゥ
4. ?
5. 変わり行く君へ
6. ?
7. ?
8. ?
9. ?
10. ハレルヤ
<第二部>
11. 流線形
12. カレン
13. 冬のこども
14. あしおと
15. 夜明けの歌
<アンコール>
16. ?

BHBのライブは昨年の「耳をすまそう~」以来で、とうとう10回目(過去の参加履歴はこちらから)。19:00の開演時間から10分ほど遅れて客電が暗くなるとBHBのお二人、そしてサポートのSteelPan/Gt./Banjo田村玄一が登場。小池さんの衣装はグレーのチェック柄ロング丈ワンピに、濃いグレーの裾長シャツジャケットを重ね着。髪は栗色のロングで、グレーの小ぶりな帽子をプラス。昨年から少しはダイエットできてたかな。この日は第一部は新曲をまとめて演奏し、第二部にこれまでの曲を登場させてた感じ。MCがはっきり聴こえれば不明曲ももう少し解決できたかもしれないけど、なんせPA無しなんで仕方ないっすね。1曲目は田村さんはSteelPanで、賛美歌的なイメージ。小池さんは立ちで歌ってて、声の通りは良かったんでこの後も続けて欲しかったかも。2曲目では田村さんはアコギをタッピングしてハンマードダルシマ風に演奏。小池さんの歌も何処となく中央アジア的な節回しもあったっけ。3曲目はイントロから小池さんがバードコールを吹いて、BHBらしいナチュラルな世界を展開。田村さんはアコギのアルペジオでバッキング。4曲目は田村さんがドブロを膝の上に乗せてスライド奏法。でもメロディは東洋的で、ドブロも琵琶のように聴こえたな。この辺りから小池さんの声も全開で、生声ながらパワフルでしたわ。5曲目は田村さんはSteelPanに戻り、間奏でのスキャットに絡むSteelPanは繊細で、ハープのようにも聴こえた。6曲目は田村さんが10弦のカバキーニョっぽい小型のギターを演奏。小池さんもミニサイズのギターを抱えたけど、こちらはゴルペのみのパーカッションに使用。BHBには珍しく弾むようなリズムで、アウトロの小池さんのスキャットもかなり陽気に弾けてたよ。7曲目は田村さんはワイゼンボーンを膝に乗せブルージーなスライドギター。英語詞で小池さんもスコアをチラ見ながら歌ってたんで、カバー曲だったかも。8曲目は田村さんがまたSteelPanに移動し、間奏ではこの日初めてSteelPanらしいトレモロ全開のソロを聴かせてくれた。あえてトレモロは封印してたのかもしれないね。小池さんのヴォーカルも絶好調で、ワルツなリズムに乗った何処までも伸びて行くロングトーンには惚れ惚れ。9曲目は田村さんが下がり、タバティのアコギのみ。小池さんのファルセットが生声なのに高い天井に響き渡ってて、キョーレツ過ぎ。かなりエモーショナルなフェイクも出て、小池さんノリノリでしたわ。10曲目は田村さんが戻ってBanjoでのバッキング。深みのある低い声から始まって、艶のある中高域のサビ、小池節とも言いたいハイトーンの大サビへと歌い上げて行くドラマチックな曲だったな。
5分間の休憩をはさみ、11曲目はまた小池さんがパーカッション用にミニアコギを抱え、田村さんもアコギで3人全てがゴルペでのイントロから。曲に入るとタバティがアルペジオでリフをクールにループし、田村さんはリズミカルなカッティング。躍動的な曲を上手くまとめてた感じ。12曲目は田村さんはSteelPanに移り、牧歌的な伴奏。小池さんはまた立ちで歌い、安定感のある歌声だったな。いや、この日一番のパフォーマンスだったわ。13曲目はSteelPanはミニマムでほぼアコギ主体の伴奏。小池さんもマイクが無いので両手のアクションが派手になってたな。14曲目はSteelPanのみのイントロから、そのまま歌い出し。途中からアコギも入ったけど、BHBらしい世界観にSteelPanがフィットしてたよ。で、本編ラストは田村さんが下がり、BHBのみで中締め。タバティも椅子を前に出して、小池さんとサイドバイサイドに。昨年と同じようにかなりスローなテンポで、語るような小池さんの歌い方も染みたね。アンコールはこれも新曲かな。田村さんはドブロのスライドで、タバティも足でリズムを取ったりとSwingyな曲だったよ。小池さんもフィンガーティップ入れつつ体を揺らして歌って、アウトロでの口トランペットにはタバティが思わず歓声を入れる程のノリよう。楽しく2時間弱のステージを飾ってくれたわ。この新曲達が早く音源化されることと、その先のレコ発に期待してますよ。
HIBIKI

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2010.01.30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。