スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

2012年ライブのまとめ

毎年恒例「ライブのまとめ」です。2012年参加したライブは計226回で、内訳はツアー 31、ワンマン 59、主催イベント 27、フェス 14(日数でカウント)、対バン 40、ミュージカル 1、学園祭 1、フリーライブ 53。以下に色々な視点でまとめてみます。

アーティスト

先ずは昨年見たアーティストは138組で、参加回数が多かった上位は下表のとおり。

順位アーティスト回数
1tricot10
2bomi8
3青葉市子7
バニラビーンズ7
5チャットモンチー6
チーナ6
イツエ6
ねごと6
さめざめ6
10BiS5
きのこ帝国5
日本マドンナ5
THE★米騒動5
羊毛とおはな5

一昨年トップだった市子ちゃんが3位タイに下がり、tricotが初の首位。昨年見始めたアーティストではイツエとさめざめが最多なので、新人賞はこの2組。

一昨年はその年に見始めたアーティストの参加回数が約3割だったけど、昨年は2割弱に後退。しかし、一昨年以降に見始めたtricotなどを加えると45%を超えるんですよ。着実に10年代のムーブメントが始まっているみたい。

てゆうか、ここに上がっているtricot、bomi、チーナ、イツエ、きのこ帝国、米騒動をつなぐハブが赤い公園なんだよね。赤い公園の復活を祈ります。

会場

昨年見たライブハウスやホールなどは113箇所で、参加回数が多かった上位は下表のとおり。

順位場所回数
1タワレコ渋谷14
2タワレコ新宿11
3下北沢SHELTER8
4渋谷WWW7
恵比寿LIQUIDROOM7
6代官山UNIT6
7新宿LOFT5

タワレコのワン・ツー・フィニッシュ。確かに昨年はフリーライブが一昨年に比べ20回以上増えているので、納得の結果かな。SHELTERやLOFTのROCK系なハコが増えているのも、聴くジャンルが変化してきた証か?

エリアで分けてみると上位は、渋谷が31.4%、新宿エリアが12.4%、恵比寿~六本木周辺と下北沢が共に10.6%。これまでの累計では新宿は約8%だったので伸びてますね。他はほぼ累計どおりの割合。地方への遠征もフェスなどで、大阪3日、北海道2日、新潟・宮城・茨城がそれぞれ1日ありました。

日数

昨年ライブに参加した日数は195日で、その内ハシゴした日は27日。一昨年の170日と12日から大幅増で、昨年は1日に3会場をめぐるハットトリックも4回達成。ハシゴ率は13.8%で、2006年の13.4%を6年ぶりに更新。

4日以上の連荘は20回で、最長は7日間。一昨年の17回、11日間と比べて一長一短。

心に残ったライブ10本

最後にお馴染みの心に残ったライブ10本を開催順で挙げておきます。

日付アーティストと会場などコメント
1/28ビューティフルハミングバード@Cay11月のホールも良かったけど、この日の小池姉妹のハーモニーには酔いしれました。流石姉妹だけあって天上の調べ。11月よりオリジナル曲も多く、ハミンバらしいナチュラルで、温かいサウンドになってたっけ。サポートの藤原マヒトさんのアコーディオンや、田村玄一さんのペダルスティールも素晴らしかった。
5/13TOKYO BOOTLEG CIRCUIT 12住所不定無職、さめざめ、パスピエ、AZUMA HITOMI、BiSの5組を見たけど、どの出演者も良いパフォーマンス。特にBiSはケチャの時に元メンバーのユケが入れ替わりでBiSに加入したゆっふぃーの前に行き、ゆっふぃーが泣き出すという感動的な場面に立ち会えたのが忘れられない。久々のAZUMA HITOMIも相変わらずエレクトロなステージでアルバムが楽しみ。
7/21赤い公園 / チーナ@UNIT赤い公園の主催イベントで、仲の良いチーナとの対バン。もう両者とも最高に近いパフォーマンスだったと思いますね。チーナは椎名嬢のテンションがメッチャ高くて、バンドをグイグイ引っ張ってたのが印象的。赤い公園は千明の暴れっぷりもハマって来て、確変しつつあっただけにこの後の活動休止が痛かったよ。
8/18世武裕子@JZ Batアルバム「アデュー世界戦争」のレコ発で、第一部はストリングスをメインに、第二部はピアノトリオやアコギとのデュオなど多彩な構成。合計2時間半を超える長いステージだったけど、緊張感高くて全くあきなかったよ。最近の彼女のつぶやきとか見てると歌モノとインストの間で揺れ動いている感じだけど、両方完成度高いからこその贅沢な悩みかも。
9/30奥村愛子@BOXX1月のレコ発に続いて昨年2度目のワンマンと、愛子様にしては飛ばした1年だったかな。そして、ステージを重ねるほどにパフォーマンスも鰻上りで、バンドもFUNK度が増して愛子様の背中を押しまくってたわ。アルバムも近いし、今年はもっとライブして、更に化けて欲しいっす。
10/12~14MINAMI WHEEL 2012南壽あさ子、Rie fu、my-Butterfly、タルトタタン、きのこ帝国、多和田えみ、Scars Borough、MAMADRIVE、レムチャップ、イツエ、bomi、THE★米騒動という12組を見れたけど、どのアーティストも今勢いがあって、これだけの面子を集めるオーガナイザーの眼力に脱帽。中でもbomiちゃんは地元なのでメチャ弾けてたよ。
10/26Lica@公園通りクラシックスLicaさんのライブはいつも安定感があって楽しいんですが、この日は滝沢スミレさんのすばらしいサポートが光ってた。すみれりんは一十三十一ちゃんのサポでお馴染みなんだけど、そこでのクールさとは全く違って、ねっとりと絡みつくようなピアノが新鮮で、主役のLicaさんより妖しいオーラを放ってたな。確実に化学反応が起きてた!
11/9安藤裕子@NHKホール今年ねえやんのライブは問題となった春のツアー、夏フェスに続きこのワンマンの3回。出産からの復帰となったツアーでは不安定さをさらけ出してしまったけど、その危うさも含めてねえやんという存在なんですよね。このワンマンはストリングスやスカパラのメンバーを加え、ねえやん自身も目一杯楽しんでいて、不安は解消されたかな。
11/18waffles@O-WEST今年はwafflesデビュー10周年ということでライブも多かったけど、やはり締めくくりとなったこの日のステージがベストだったね。ストリングスやパーカッションのサポートを入れて、普段のバンドスタイルでは演奏できない曲を生で聴けることが出来たのは貴重。ライブ合間のビデオも楽しかったし、大野さんの暴走気味なステージングもレアでした(笑
11/25青葉市子@明日館講堂昨年のベスト10でも書いたけど、彼女の伸び続ける音楽は吸収力が源じゃないかな。最近の彼女のブログとか見てると、コラボしているミュージシャンだけでなく、友人や旅先で出会った一般の人などから色んなものを吸収し、それを青葉市子と言うフィルターを通して音楽に昇華させているように感じる。この久しぶりのワンマンでは古い講堂からの気を取り込み、音楽に変えてたみたい。

例年はカレンダー形式のリンクを掲載していましたが、別ページに過去分も併せてありますのでこちらからどうぞ。

ついでに過去のライブまとめへのリンクも張っときます。2011年 2010年 2009年 2008年 2007年1 2 2006年 2005年1 2

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2013.01.03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。