FC2ブログ

4月の読書メーター

4月の読書メーター
読んだ本の数:14
読んだページ数:5544
ナイス数:52

ホース・ソルジャー―米特殊騎馬隊、アフガンの死闘ホース・ソルジャー―米特殊騎馬隊、アフガンの死闘感想
映画公開ということで図書館で借りてみた。9.11直後にビン・ラディンが潜んでいたとみられるアフガニスタンにいち早く潜入した陸軍特殊部隊の侵入からカラァイジャンギーの戦いまでを描いたドキュメント。アフガニスタン紛争は(公表できる限りでは)正規軍より先に特殊部隊が侵入した最初のケースだとか。映画の予告編では馬に乗った米兵が勇ましく進軍しているが、本書の記述ではカラァイジャンギーの戦い以外では航空支援を要請したり、現地軍閥との調整が主な任務。軍閥の騎馬戦は先日読んだ「中原の虹」まんまで21世紀とは思えない(笑
読了日:04月30日 著者:ダグ スタントン
スタートボタンを押してください (ゲームSF傑作選) (創元SF文庫)スタートボタンを押してください (ゲームSF傑作選) (創元SF文庫)感想
Sony Reader版を読了。日英米カナダのSF作家によるゲームをテーマとしたアンソロジー。序文を公開中の映画「レディ・プレイヤー1」の原作者が書いていたり、次のSFマガジンでもゲームSF特集が組まれるなど現在最も旬なジャンル。私自身はゲームパッドの操作が苦手で、ガンコン使うゲームぐらいしかやらないが、ゲームとSFの親和性は高いと思うね。色々なタイプのゲームと、それらに関わる人々の描写が楽しかった。
読了日:04月27日 著者:ケン・リュウ,桜坂 洋,アンディ・ウィアー,アーネスト・クライン,ヒュー・ハウイー,コリイ・ドクトロウ,チャールズ・ユウ,ダニエル・H・ウィルソン,チャーリー・ジェーン・アンダース,ホリー・ブラック,ショーナン・マグワイア,デヴィッド・バー・カートリー,ミッキー・ニールソン
天切り松闇がたり 第五巻 ライムライト天切り松闇がたり 第五巻 ライムライト感想
第四巻で絶望してもうこのシリーズは読まないつもりだったけど、このところ浅田次郎づいてしまい図書館で借りて読了。やはり初期の頃のような魂揺さぶられるような話はなかったな。栄治兄ぃの二百三高地ネタは好きだけどマンネリ化しちゃったわ。
読了日:04月25日 著者:浅田 次郎
天子蒙塵 第二巻天子蒙塵 第二巻感想
図書館で借りて読了。先日も国会議員を「国民の敵だ」と罵倒した自衛官が話題になったけど、関東軍暴走の悪夢だけは繰り返して欲しくない。総じて過去のまとめ的な巻という印象で、これからの山場に期待。
読了日:04月22日 著者:浅田 次郎
天子蒙塵 第一巻天子蒙塵 第一巻感想
「中原の虹」の流れで図書館で借りて読了。天子蒙塵とは皇帝が都落ちをする姿を表した言葉で、龍玉を持ちながら皇帝になれない張学良が下野しイタリアへ失意の旅立ちをするシーンから、龍玉を持たない廃帝の溥儀が紫禁城から天津へ落ちるシーケンスはこのタイトルにピッタリ。第二婦人の離婚裁判が話のメインだけど、インタビュー形式で進むストーリーにより様々な登場人物が浮き彫りになってくるのが上手いな。
読了日:04月20日 著者:浅田 次郎
中原の虹 (4) (講談社文庫)中原の虹 (4) (講談社文庫)感想
映画「空海」を観てこの本を放置していたことを思い出し、Sony Reader合本版を読了。清朝末期の西太后や張作霖を中心とした歴史ロマン。かなり場所と時間が飛んでいる部分があり、Wikiとかで補完しながら読んでいたよ。所々にはさまれた清朝初期の記述が最後にオーバーラップしてくるのは流石だったけど、もうちょっと先まで描いて欲しかった。
読了日:04月18日 著者:浅田 次郎
鳴門秘帖(三) (吉川英治歴史時代文庫)鳴門秘帖(三) (吉川英治歴史時代文庫)感想
NHK BSでドラマが始まるので、Kindle版青空文庫で全巻を読了。一巻ぐらいまではスムーズに進んだが、後半は登場人物も多くなりごちゃごちゃしてしまったのが残念。剣戟の描写などは講談師が張扇を打ち鳴らしながら語るような名調子で、ナレーションを神田松之丞さんが担当するというのに納得。昭和初期の作品だけに見慣れない言葉が多かったけど、Kindle内蔵の辞書に助けられました。
読了日:04月16日 著者:吉川 英治
バビロン 3 ―終― (講談社タイガ)バビロン 3 ―終― (講談社タイガ)感想
アニメ化されるというので、現在刊行されている三巻までを図書館で借りて読了。近未来、町田市や相模原市などを統合した立法特区の「新域」の首長に当選した斎(いつき)は就任早々に「自殺法」を施行すると同時に、64人が投身自殺を敢行する、というスタート。元々正義という言葉が嫌いだったけど「正義とは何かを掴んだと思った後も、正義とは何かを、ずっと、永遠に問い続けることだ」という言葉が心に残ったな。「善と悪」の境についての問いも繰り返されたが、この言葉も今後絡んできそう。
読了日:04月15日 著者:野崎 まど
バビロン 2 ―死― (講談社タイガ)バビロン 2 ―死― (講談社タイガ)
読了日:04月12日 著者:野崎 まど
鳴門秘帖(二) (吉川英治歴史時代文庫)鳴門秘帖(二) (吉川英治歴史時代文庫)
読了日:04月10日 著者:吉川 英治
鳴門秘帖(一) (吉川英治歴史時代文庫)鳴門秘帖(一) (吉川英治歴史時代文庫)
読了日:04月05日 著者:吉川 英治
中原の虹 (3) (講談社文庫)中原の虹 (3) (講談社文庫)
読了日:04月03日 著者:浅田 次郎
中原の虹 (2) (講談社文庫)中原の虹 (2) (講談社文庫)
読了日:04月01日 著者:浅田 次郎
中原の虹 (1) (講談社文庫)中原の虹 (1) (講談社文庫)
読了日:04月01日 著者:浅田 次郎

読書メーター

スポンサーサイト

2018.05.02 | コメント(0) | トラックバック(0) |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示