FC2ブログ

5月の読書メーター

5月の読書メーター
読んだ本の数:18
読んだページ数:6819
ナイス数:52

黒書院の六兵衛 上 (文春文庫)黒書院の六兵衛 上 (文春文庫)
読了日:05月30日 著者:浅田 次郎
果鋭果鋭感想
Sony Reader版を読了。堀内・伊達シリーズの第三弾ですが、読み始めたのは本書の増量お試し版が最初。続きを読む前にこのコンビのルーツを知りたくなり、第一巻へと戻りようやく読了。前作に続きパチンコ業界のネタでややマンネリ気味だったし、ボリューム的にも物足りなかったかな。
読了日:05月27日 著者:黒川 博行
繚乱 (角川文庫)繚乱 (角川文庫)感想
図書館で借りて読了。「悪果」のマル暴刑事コンビが退職後、パチンコホール競売を調査する過程で新たなシノギを見つけるストーリー。以前勤務していた会社の隣の部署がパチンコ関連機器のプログラム開発をしていたので、パチンコが警察利権の塊であることは知っていたが、ここまでズブズブの関係だったとは驚き。バイト時代に知り合った刑事さんが退職して葬儀社に就職したのも、本書のおかげでその理由が分かったわ。しかし、伊達さんのゴロマキは格好いいね。
読了日:05月26日 著者:黒川 博行
新装版 鬼平犯科帳 (3) (文春文庫)新装版 鬼平犯科帳 (3) (文春文庫)
読了日:05月24日 著者:池波 正太郎
新装版 鬼平犯科帳 (2) (文春文庫)新装版 鬼平犯科帳 (2) (文春文庫)
読了日:05月21日 著者:池波 正太郎
新装版 鬼平犯科帳 (1) (文春文庫)新装版 鬼平犯科帳 (1) (文春文庫)
読了日:05月20日 著者:池波 正太郎
新装版・梅安冬時雨 仕掛人・藤枝梅安(七) (講談社文庫)新装版・梅安冬時雨 仕掛人・藤枝梅安(七) (講談社文庫)感想
Kindle合本版で全七巻を読了。最初は鬼平合本版がセールだったのでポチったら、つい勢いでこちらもポチリ。以前は年に一度ほど鬼平・梅安を一気読みするのが習慣だったのに(剣客はやや苦手)、自宅の書庫の整理をほったらかしてたら見つからない巻が出て来てそれも途絶えてたっけ。久々に通しで読んでみて、相変わらずの世界観に浸ってしまったな。どこからがファンタシーなのか分からないが、鬼平の執筆が進むに連れ江戸の暗黒街に関する情報も増え行き、このシリーズにつながったのかなと想像してます。
読了日:05月19日 著者:池波 正太郎
新装版・梅安影法師 仕掛人・藤枝梅安(六) (講談社文庫)新装版・梅安影法師 仕掛人・藤枝梅安(六) (講談社文庫)
読了日:05月19日 著者:池波 正太郎
新装版・梅安乱れ雲 仕掛人・藤枝梅安(五) (講談社文庫)新装版・梅安乱れ雲 仕掛人・藤枝梅安(五) (講談社文庫)
読了日:05月18日 著者:池波 正太郎
ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争 下ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争 下感想
米朝首脳会談も実現か、ということで図書館で借りて上下巻を読了。原書の副題は「アメリカと朝鮮戦争」で、戦場と共にワシントンでの泥沼の闘いを詳細に描いている。特にトルーマン大統領とマッカーサー将軍については幼少期からのプロファイルを積み重ねて分析。アメリカは粗暴かもしれないが文民統制であり国内政治ありきなので、毛沢東のように推定100万人という犠牲者を出しても知らぬ顔はできないね。義勇軍として戦った中国38軍には張学良が指揮していた部隊も加わっていたので、「天子蒙塵」の続編でこれらの人々も取り上げて欲しい。
読了日:05月18日 著者:ディヴィッド・ハルバースタム
ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争 上ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争 上
読了日:05月12日 著者:ディヴィッド・ハルバースタム
新装版・梅安針供養 仕掛人・藤枝梅安(四) (講談社文庫)新装版・梅安針供養 仕掛人・藤枝梅安(四) (講談社文庫)
読了日:05月07日 著者:池波 正太郎
新装版・梅安最合傘 仕掛人・藤枝梅安(三) (講談社文庫)新装版・梅安最合傘 仕掛人・藤枝梅安(三) (講談社文庫)
読了日:05月06日 著者:池波 正太郎
帰り船 〔風の市兵衛〕 (祥伝社文庫)帰り船 〔風の市兵衛〕 (祥伝社文庫)感想
図書館で借り、ドラマシーズン1の三作を読了。今回市兵衛が勤めるのは老舗の醤油問屋だが、口入屋経由ではなく腹違いの兄十人目付片岡の指図。その醤油問屋は番頭らが老中の側近と結託し、抜け荷を行っているとの噂でそれを探りに潜入する。今回も算盤よりは市兵衛の剣が炸裂するが、前の二作よりは剣戟の描写も説得力があり、謎解きの要素もあってページをめくる手が止まらなかったわ。
読了日:05月06日 著者:辻堂 魁
雷神 風の市兵衛 (祥伝社文庫)雷神 風の市兵衛 (祥伝社文庫)感想
ドラマの放送開始も近いので、第二巻を図書館で借りて読了。今回市兵衛が勤めるのは新宿で長く営業している呉服店だが、立ち退きがらみで主人が切られたり、息子も買付け中に山賊に殺されるという訳ありのお店。市兵衛も今回は算盤よりは、主人の娘の買付けに用心棒として同行したりと剣がメイン。鬼しぶ他のレギュラー陣も活躍して楽しかったわ。
読了日:05月05日 著者:辻堂 魁
孤狼の血 (角川文庫)孤狼の血 (角川文庫)感想
映画公開も近いので、Sony Reader版を読了。暴力団対策法の施行前の昭和末期、広島市近郊の警察署対暴力団班に配属された新人刑事の視点で描かれたベテラン暴対刑事の姿。警察署内部の不正を取り上げる作品は多いけど、暴力団の内情も細かく調査されていて迫真の展開。浅田次郎の「天切り松」でも盗賊と警察の馴れ合いが出てたけど、予想外の展開に驚かれっぱなしでした。
読了日:05月03日 著者:柚月裕子
新装版・梅安蟻地獄 仕掛人・藤枝梅安(二) (講談社文庫)新装版・梅安蟻地獄 仕掛人・藤枝梅安(二) (講談社文庫)
読了日:05月02日 著者:池波 正太郎
新装版・殺しの四人 仕掛人・藤枝梅安(一) (講談社文庫)新装版・殺しの四人 仕掛人・藤枝梅安(一) (講談社文庫)
読了日:05月01日 著者:池波 正太郎

読書メーター

スポンサーサイト

2018.06.01 | コメント(0) | トラックバック(0) |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示