スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

畠山美由紀@Hills Arena

本日またもや六本木のHills Arenaで行われたJ-WAVE主催のイベントで畠山美由紀のステージを見てきました。いつものセットリストから。

1. クレマチスよ
2. くちづけ
3. 愛にメロディー
4. 浜辺の歌

美由紀姐さんのステージはソロでは初めてでしたが、一昨年「Evening Glow」のレコ発でPort of Notesのライブは見たことがありますね。一応来月のワンマンはチケを押さえてますよ。
で、サポートはE.Pf./Accordionが「リフレクション」でも一部サウンド・プロデュースを担当していた斉藤哲也 、A.Gt.で高田漣 、Dr.に元Polarisの坂田学の3名で、Bs.レスの編成でしたね。
姐さんの衣装は鉄錆色の重厚なシルクのミディ丈ワンピースで、裾が黒で紗を重ねてて、襟とノー・スリーブの肩口も黒の縁取りしてました。足元は黒のハイヒールのサンダル。あと、珊瑚か七宝のピンク色のペンダントもしてましたっけ。

1曲目はちょっと緊張していたのか硬い出だしでしたが、途中から目を閉じて集中して歌ってましたね。坂田さんはCD同様ブラシでしっとりと、高田さんはCDでのスチールとは違って優しいストロークでした。2曲目、坂田さんはブラシからタンボリン・スティックに持ち替え、斉藤さんもアコーディオンに替わってましたね。姐さんはまだ本調子でないのか、丁寧な感じで歌ってた印象です。
そして、姐さんも3曲目から本来のフェイク満載なヴォーカルに戻ってたっぽいね。斉藤さんのE.Pf.のバッキングも絶妙でしたよ。matsumonicasaさんのハーモニカだけが足りない感じだけど、オープン・スペースのせいかBs.の不在はあまり気になりませんでしたわ。そして最後は日本のスタンダードとも言うべき名曲で締めてくれました。この曲では斉藤さんはまたアコーディオンに戻って、懐かしさを醸し出してましたよ。

4曲で約20分と短いステージでしたが、来月のワンマンに充分期待を抱かせてくれるものでした。ライブ後のトークも猫ネタで盛り上がったりと、ハイ・テンションな部分も見せてくれたかな。PoNでの楽しいMCを思い出しましたよ。

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2006.05.04 | コメント(1) | トラックバック(1) | 音楽

コメント

行ってきました

mikeさん、こんにちは。
六本木ヒルズアリーナ、行ってきました。
mikeさんも間に合われたようで、レポートは不要ですね。
短いながらも彼女の持ち味を生かした内容でしたね。
(トークは短めでしたが...(^_^;))
ではまた、ヨロシクです!

2006-05-05 金 15:15:57 | URL | あ~る #JyN/eAqk [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mikbox.blog5.fc2.com/tb.php/194-d11c39b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

畠山美由紀 "MY LIFE, MY MUSIC" 公開生放送

畠山美由紀が出演した『Golden Week Special American Express presents MY LIFE, MY MUSIC』の公開生放送に参加した。 会場の六本木ヒルズアリーナははじめて。(と言うか六本木ヒルズもはじめて入った)時間的に、日陰になっていたが日が当たると中々良い感じのステージだ

2006.05.05 15:11 | あ~るの日記@ココログ

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。