スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

orange pekoe@Hills Arena

今日もGWの日課となってしまった感のある六本木Hills Arenaで、orange pekoeのフリー・ライブに参加してきました。先ずはセットリストから。

1. 黄金色の羽根
2. 君の夜空
3. グレイスフル レイン
4. Green Flash
5. love life

オレペコのステージは今年3月のワンマン以来、3度目かな。今日のトモジの衣装はアラブ風な花柄のざっくりとした膝下までのワンピースで、その下にグレーのスパッツをはいてました。足元はオニツカ・ストライプのスニーカーで、髪はポニーテールぽくまとまめてたかな。
最初はJ-WAVEナビゲーターの南さんとロケットマン(ふかわりょう)のMCでスタートし、前説の後でふたり揃って入場。今日はサポート無しでのステージで、昨年7月に見た海音と同じ構成でしたね。

1曲目はボサっぽいイントロから、いきなりパワフルなトモジのヴォーカルが炸裂。アリーナ周辺のビル壁面に木霊するエコーが美しかったですね。でもちょっと高い方の声が出ていなかった気もします。1曲目の後のMCでもトモジの声がハスキー気味だったんで、ちょっと心配。この春のツアーでも関西公演ではトモジは声が出なくて、涙を見せたとかネットで見てたんですよね。
2曲目はCDではスローなジャズ風アレンジでしたが、今日はワルツ入ったボサって雰囲気でした。3曲目は当初別な曲をやる予定だったらしいのですが、今日は朝起きたら雨だったので急遽この曲に変更したとか。

4曲目は昨年ブラジルへ旅行した際にイグアスの滝で作った歌です、と紹介してましたね。旅行直後の海音でのライブではそのエピソードはしてなかったかな。この曲での一馬のギターは良かったですね。バッキングもソロも美しかったわ。
そして締めは定番とも言える「love life」。最初はボサ風に入って途中4ビートに変わって、またボサに戻りつつもそれを繰り返し、最後はJazzyなアウトロでトモジのスキャットと一馬のギターが絡む展開。なかなか聴かせてくれました。

今後の予定とかはあまり話題にならなかったのですが、アコースティックでのツアーとかもやって欲しいですね。あと、一馬とはこの後思わぬところで再会しました。それは次のレポに続きます。

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2006.05.07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。