スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

SANTARA@タワレコ新宿

さて本日二発目のレポで、最近お馴染みのタワレコ新宿へSANTARAを見に行きました。いつものセットリストから。

1. チェルシー
2. 思い過ごしの効能
3. 家出少年
4. バニラ
5. Wait, Catch & Run
6. Row the Blues
7. My name is Boogie
8. Joy & Pain

SANTARAは1月のワンマン以来、多分5回目のステージ。今日のキョウコさん衣装はジーンズにオリーブ色のキャミ、民族調な刺繍とスパンコールが入った砂色のタンクトップ。足元はベージュのサンダルだったかな。1月よりちょっとスリムになった感じ。
SOLTの物販が終わって駆けつけたら開演時間16:00の15分前ぐらい。結構お客さん集まってましたね。面白かったのは客層で、一列目がほとんど女子、2列目以降は男子が多かった感じ。SANTARAの熱狂的ファンは女子が多く、男子は劣勢なのか?

サポートはお馴染みのパーカッション朝倉さんのみ。後のMCでは6月から始まるツアーはこの3名と、1月のワンマンでもゲスト出演してくれた森俊之さんの合計4名で回るとか。
1曲目はMCも無く、砂田さんのちょっとした試し弾きの後いきなり始まりました。最初はちょっとPAのバランスが悪い感じでキョウコさんのVo.が聴き辛かったけど、2曲目以降は改善されてたかも。朝倉さんは大体カホンをメインで叩いてたけど、1曲目ではトライアングルを優しくティップしてたのが印象的でしたね。

4曲目はお馴染みのメジャー・デビュー曲で、今日初めてキョウコさんがブルーズ・ハープを演奏。やっぱキョウコさんのハープを聴かないと、SANTARAって感じがしないよね。5曲目は先月リリースされたニュー・アルバムのタイトル・チューンで、ディープな感じの曲ですね。「チャンスは来るまで待って、来たらちゃんと受け取り、そしてそれを生かすために走れ」というキョウコさんの言葉は、1月と同じでしたがそのレポできちんと書けなかったので記述しておきます。
そして、今日のハイライトは6曲目。いや、カッコ良かった。ブルーズ・ハープはちょっともたってましたが、砂田さんのアップテンポなギターのカッティングと、朝倉さんの低音をミュートしたカホンが素晴らしかった。キョウコさんのVo.も畳み掛ける感じがナイス。

最後8曲目は朝倉さんが退場し、二人だけでの演奏。しっとりと締めてくれました。40分近いインストアとしては長めの演奏で、来月のワンマンに期待を抱かせてくれるステージでしたね。ワンマンに向けて気合が入って来ましたよ。

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2006.05.14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。