スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

新譜 5/10

まずレポ2本をお届けしましたが、ちょっと気の重いCDレビューも片付けてしまいましょう。

ハナダイロ (初回生産限定盤) / 元ちとせ
ハナダイロ (初回生産限定盤)(DVD付)

前作「ノマド・ソウル」から2年以上のブランクを経てリリースされたニュー・アルバムです。ちとせはメジャー・デビュー前後からフォローしてきたアーティストだけに結婚、出産を経験した後での活動再開は感慨深いですね。
全体的に曲のクオリティは前作を確実に上回ってる感じですが、いかんせんちとせの声の状態が悪い感じ。特に「青のレクイエム」などはお話にならない気がする。こんな声でリリースするのはもったいないいい曲なのに、残念だな。他の「死んだ女の子」とかはかなりシビレるVo.なのにね。
来月のライブには私も参加予定なのでその時にはこの声の衰退がリアルなのか、それとも一時的なものかを判断してきたいと思ってますよ。ぜひ後者であって欲しいですけど。


nobuchikaeri.rx / 信近エリ
nobuchikaeri.rx


最後は昨年末サプライズなデビューを果たした、信近のリミックス盤ですよ。これもちょっと評価しにくいかな。リミックス盤のレビュー自体あまり無いので(初めてか?)、どれほど語ればいいのか難しいですけど頑張ってみますわ。
リミックス自体はどれも特徴的で、面白かったね。特に出だしのFantastic Plastic Machineがミックスした「Lights」はアゲアゲ・チューンで、特定のフロアで回せば大受け間違いなしだと思うわ。
もう一曲好きだったのはMATTHEW HERBERTが関わった「鼓動」ですね。原曲もすごく好きなんだけど、さらにその上を行ってくれた感じに感謝。ただ一つ残念だったのは大沢伸一さんのリミックスが収録されなかったことかな。最近大沢さんがAvexに移籍したらしいんでしかたないのかも知れないけど、プロデューサーとしての責務は果たして欲しかったかな。
今後はソニーに置き去りになってしまった信近の動向が心配ですよ。いいプロデューサーに付いてもらえればいいんですけど。

スポンサーサイト

テーマ:邦楽レビュー - ジャンル:音楽

2006.05.14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。