スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

新譜 5/27

今週の新譜はこの1枚と、先週の漏れ1枚も併せて紹介します。

AGUAS DE MARCO / Dois Mapas
AGUAS DE MARCO

先月に続いてのDoisのライブ盤第二弾です。先月の「極東組曲」はオリジナル曲を集めた構成でしたが、この「AGUAS DE MARCO」は全てMPBが納められています。プロデュースは引き続き久保田麻琴氏で、ミックスとマスタリングもほとんど同氏が手がけているようです。
いきなり「イパネマの娘」で始まっていて、ジョビンの曲が半数ほど占めています。その他には新美さん自身のブログでも紹介されていましたが、アリ・バホーゾというあまり知られていない作者の曲とかも納められています。演奏も一般的なボサのイメージからはちょっと離れているかもしれませんが、聴いていて楽しい作品になったと思います。

このアルバムに納められている曲のいくつかはDoisのライブで聴いたことがあり、アレンジが違っていたものもありますがこれまでのステージが思い出されますよ。録音も良くて、前作同様久保田氏のエンジニアとしての手腕にも脱帽です。


Ponto de partida -Sao paulo- / GIRA MUNDO
Ponto de partida -Sao paulo-

先週リリースのGIRA MUNDOは探すのに手間取り、ようやく入手したのでここで紹介させていただきます。GIRA MUNDOはブラジルの音楽集団で、サウンド・トラックをブラジルで録音し、ヴォーカルを日本で収録するスタイルで先週2枚のアルバムをリリースしました。このアルバムのトラックは主にサン・パウロで、もう一枚はリオ・デ・ジャネイロで録音したようですね。
このアルバムを入手したのはBophanaの山田里香さんがVo.で3曲に参加していたから。他にはアン・サリーが1曲、Akikoが2曲参加しています。もう一枚の方にはSaigenjiさんなどがさんかしているそうです。このCDはタワレコで購入したんですが、Saigenjiさんの1曲が納められたお試し盤がおまけで付いてきました。この曲も渋かったですね。

サウンド的にはMPBというよりはジャズからフュージョンあたりになるかな。1~2曲でパーカッションにブラジルの匂いを感じたぐらいです。山田さんのVo.2曲がポルトガル語で、その他は全て英語でした(アン・サリーはスキャットのみだったかな)。
山田さんの英語のVo.は初めて聴きましたが、なかなかですがちょっとイメージが違ったかも。ポルトガル語の2曲はすごく良かったです。

スポンサーサイト

テーマ:邦楽CDレビュー - ジャンル:音楽

2006.05.28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。