スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

小谷美紗子@QUATTRO

日付は変わって昨日になりますが、渋谷のCLUB QUATTROへ小谷美紗子の「TRIO TOUR CATCH」を見に行ってきました。ちょっと怪しいですが、セットリストから。

1. CATCH
2. 名も無き人
3. 楽
4. Blink of stars
5. 照れるような光
6. 嘆きの雪
7. まだ赤い
8. 母の日
9. 奇跡
10. 雪でもいい
11. Who
12. still have us
13. 雨は涙
14. Rum & Ginger
<アンコール>
15. 悲愴 第一楽章
16. 生けどりの花
17. 街灯の下で

美紗ポンのライブは5月のインストア以来、3回目ですか。サポートはインストアと同じく、Bs.山口さんとDr.玉田さんの100sコンピでした。
美紗ポンの衣装は黒のTシャツとスパッツの上に赤のキャミ・ドレスで、黒の細いベルトとシルバーのチェーンがアクセントでした。髪は栗色で、肩に届かない長さのゆるいウェーブだったかな。

開演時間の19:30を5分ほど回ってから客電が落ちて、先ずサポートが入場。続いて美紗ポンが登場して、Dr.のソロからBs.が加わり長いイントロで1曲目がスタート。おもむろにピアノを弾きだす美紗ポン、なんか穏やかな表情してましたね。リラックスしているのとはちょっと違ってて、緊張感は残しつつも不思議な余裕がありましたよ。この感じは1曲を除き、最後まで続いていたかな。
3曲目はイントロでコンガのトラックを使ってましたが、生以外の音はこれだけだったようです。コンガの音に続いて玉田さんはスネアとミニ・シンバルなどのパーカッションを叩いていました。

3曲目の後に軽いMCで、10周年の集大成として昨年から「CATCH」の作成を開始し、そのレコ発ツアー・ファイナルであるこの日に現時点での全てを出し尽くして、また明日から新たなものを探す旅に出たい、みたいなことを言ってました。
5曲目はDr.とBs.の出だしはCDと同じでしたが、Pf.がコードで入らずにリリカルなメロディーで長めにイントロしてました。微笑みながら弾く様は、Dr.とBs.をからかうような感じにも受け取れたっけ。

そして、昨日のベストは7曲目でしょう。先程1曲を除き穏やかだったと言いましたが、その1曲が7曲目でした。この曲だけは美紗ポン異様に気合が入ってましたね。それにつられる様にサポート陣の演奏もテンションが徐々に上がり、最後の長いアウトロとかシビレまくりましたよ。
この曲の後に美紗ポンがMC入れようとしたのですが、ちょっと言葉が出てこずにしばらく黙ってからすぐ次の曲に移ってしまったっけ。また8曲目の途中から最初の表情に戻ってましたが、あの気合は何だったのでしょうね?

10曲目の後にメンバー紹介がありましたが、玉田さんと山口さんの100sやスタジオ・ミュージシャンとしての活動などを紹介してました。玉田さんは浜崎や幸田のCDに参加してたり、山口さんは演奏だけでなくエクザイルなどに曲も提供しているとか。
持ち上げられたせいか、11曲目の入りで山口さんBs.をミスってしまい、やり直したのが微笑ましかったわ。
11曲目から本編最後の「Rum & Ginger」まではほぼノン・ストップで激し目の曲が続いて、お客さんもかなりヒート・アップしてましたよ。それまでは棒立ちの人が多かったけど、ここらではかなりの人の体が動いてましたね。

アンコールの1曲目はベートーベンのピアノ・ソナタで、前半はPf.にシンバルやBs.が少しからむ程度でしたが、後半はかなりROCKしてました。美紗ポンは精力使い果たしたのか、この曲の後に上腕を自分で揉んでたのが笑えました。
最後はサポート陣が下がって、弾き語りで締めてくれました。1時間45分ほどのステージでしたが、すごくたくさんのものをもらった気がします。また美紗ポン、吐き出した後の空白を満たして戻って来てくださいね。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2006.07.27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。