スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

SANTARA@Blue Jay Way

昨日、サンタラのライブ・ツアー「a poet & one gutar」に参加してきました。ツアー・タイトルにあるようにサポート無しで、砂田さんとキョウコさんの二人だけのステージでした。セット・リストは以下だったと思います。

1. 六月のブルース
2. しゃぼんのブルース
3. 太陽
4. うそつきレノン
5. 独白
6. 家出少年
7. あの娘は帰らない
8. スマートボールブルース
9. ラスタダンスは私に
10. Big River
11. 好き
12. バニラ
13. 街が死んだら
14. 思い過ごしの効能
15. Joy & Pain
<アンコール>
16. サイモンの季節
17. AE FOND KISS(スコットランド民謡)

9曲目は越路吹雪さん他のカバーですが、1番をキョウコさんが英語で、2番を砂田さんが日本語で歌ってました。で、この曲では砂田さんがウクレレ、キョウコさんがギターを弾くという演出!キョウコさんがギターを弾くのはデビュー以降初めてとか。
最後の「AE FOND KISS」も原曲は英語(ゲール語?)ですが、キョウコさんが一部訳詩して歌ってましたね。

MCは和やかでしたが、演奏はこれまでみたイベントと比べてもハイテンションで、新鮮な感じでした。4曲ほど演奏してくれた新曲は現在レコーディング中のニュー・アルバムに収めれられる予定だそうで、早ければ秋にもリリースされるとか。期待して待ちましょう。

High&Low / サンタラ
B000095YIV RIVERMOUTH REVUE(CCCD)

スポンサーサイト

2005.05.20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。