スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ハンバートハンバート@QUATTRO

日付は既に昨日になってしまいましたが、渋谷のCLUB QUATTROで行われたハンバートハンバートの「道はつづく」レコ発ライブに参加してきました。ちょっとアヤシイですが、セットリストから。

<第一部>
1. 合奏は楽しい
2. 林檎
3. もったいないけど
4. からたちの木
5. 今晩はお月さん
6. かげろう
7. この街
8. 長いこと待っていたんだ
9. 怪物
<第二部>
10. 喪に服すとき
11. 夜明け
12. 一粒の種
13. 願い
14. おかえりなさい
15. てまりうた
16. 日が落ちるまで
17. アメリカの恋人
18. メッセージ
<アンコール>
19. おなじ話
20. 1時間

ハンバートのライブは初参加。CDも先日リリースされた5thアルバムの「道はつづく」で出会い、そのきっかけを下さったつっつさんのお勧めで、1stの「for hundreds of children」と、4th「11のみじかい話」で予習してました。開演時間の19:00間際に入場すると、QUATTROのフロアに椅子がセットされていて、ちょっとビックリ。これまで20回近くQUATTROに通っていましたが、椅子があったのは初めて。で、運良く端に空いていた丸椅子を確保できて、ラッキーでした。
開演時間を5分ほど過ぎて客電が落ち、先ずサポート陣が入場。メンバーはE.Bs.の吉川真吾、A.Gt./Dobro/Pedal Steelの安宅浩司、Melodionの夏秋文彦、A.Pf.のスパン子、Dr.小関純匡という「道はつづく」のレコーディング・スタッフそのままのようでした。

少し遅れて佐野さんと佐藤さんが登場。佐野さんの衣装はピンクに白で細かい木の葉のプリントが入ったミニ・ドレスに紺色のショート・パンツを重ね着。足元は焦げ茶のごついロングブーツ。髪は「道はつづく」のジャケ写よりやや長めになっていましたが、同じように後ろでまとめた感じでした。
佐野さんはフィドルを持って登場して、先ず1曲目は「道はつづく」唯一のインスト・ナンバーから。佐野さんは鈴を振って、お客さんの手拍子を要求。楽しくライブがスタートしました。3曲目では間奏での佐野さんと佐藤さんお二人の口笛とMelodionが美しいハーモニーを奏でていました。

4曲目は「11のみじかい話」からでしたが、途中ポエトリー・リーディーング風に歌詞を語ってました。5曲目からはA.Pf.とリズム隊が下がり、それまでA.Gt.を弾いていた安宅さんがPedal Steelに移って、佐藤さんがA.Gt.を担ぎました。6曲目でのその二人のソロはスリリングでしたね。6曲目は最近できた新曲だそうで、和風な旋律と佐野さんの儚げなヴォーカルが美しかったわ。
7曲目からは安宅さんはDobroを膝に乗せてスライド奏法してました。8曲目での佐野さんと佐藤さんのハモリは素晴らしかったですね。佐野さんの女性らしい優しい声と、佐藤さんの深く温かみのある声の相性は理想的なマッチングだと感じました。9曲目はケルト風でありなが、日本古来の土着的な雰囲気も感じさせてくれる不思議な曲ですね。佐野さんのハーモニカが尺八に、安宅さんのDobroが琵琶のようにも聴こえました。途中ライディングが全て消え、演奏も止まる演習がオドロオドロさを強調してましたよ。

ここで約40分の第一部が終わり、15分ほどの休憩をはさみ後半戦へ。最初はハンバートのお二人と安宅さんのPedal Steel、夏秋さん、吉川さんの5人でスタート。10曲目は佐藤さんがフィドル、佐野さんはティン・ホイッスルを演奏。11曲目のイントロでのMelodion、Bs.と佐藤さんのA.Gt.のインプロビゼーションはシビレましたね。佐野さんの細かいヴィブラートが効いたヴォーカルも絡んで、昨日最初の鳥肌ものでした。
12曲目は久しぶりに唄いますと言っていましたが、間奏のSteelとA.Gt.の絡みはなかなか聴かせてくれましたよ。13曲目はイントロのハーモニカとBs.のバッキングが美しかったね。14曲目からスパン子さんが戻って佐藤さんのリードでしたが、佐野さんのハーモニカとコーラスでのサポートが佐藤さんのヴォーカルを引き立ててましたっけ。

16曲目の前にスタッフの人がステージ前に蓮の葉を傘にした猫の置物をセッティング。小関さんも戻ってフル・メンバーになり、佐野さんのティン・ホイッスルのソロも冴えて、バンドとしてすごく楽しい演奏で盛り上がりましたね。16曲目は佐野さんと佐藤さんのハーモニーに聴き惚れました。17曲目は初めて聴きましたが、佐野さんのファルセットにシビレました。
18曲目では途中メンバー紹介もしながら各ソロ・パートを入れ、観客の手拍子も煽りながら楽しく本編を締めてくれました。アンコールではハンバートの二人だけがオリジナルTシャツに着替えて再登場。19曲目の語り合うようなデュエット、20曲目の佐野さんソロを佐藤さんのA.Gt.のみでしっとりと聴かせてくれました。

いや、休憩とアンコールを合わせても2時間弱でしたが、すごく濃いライブでしたね。バンドも素晴らしかったけど、最後の二人だけのステージが印象に残っています。またこのスタイルで見てみたいですね。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2006.10.06 | コメント(4) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

>>ふぁいあさん、コメントありがとうございます

ふぁいあさんがつっつさんのところに運んだ種が咲いて、またその花から生まれた種を私が持ち帰り、その若葉をふぁいあさんに愛でていただく。正に「一粒の種」の世界ですね。重ね重ねありがとうございます。
おっしゃるとおりハンバートのライブは独特な雰囲気がありますね。上滑りな熱狂でなく、静かな情熱と暖かい空気が満ち溢れていました。病み付きになりそうで、ちょっと怖いですよ。

2006-10-07 土 23:45:27 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

こんばんわ~

平日のためどーしても行けませんでした
レポを読んでいるだけでも楽しさがびしびしと伝わってきますね
いままで何度もハンバートのライブには参加しているけれど
あのグルーブ感、みんなが楽しもうとしているあったかい雰囲気が
ハンバートのライブには必ずあります
いいなぁ~いいなぁ~(笑  

そうでした 12. 一粒の種  は多分今回が初ライブでの披露だたっと思います
ライブ用のアレンジがすっごく難しかったらしく今まで歌われていないので貴重なライブでしたね


2006-10-07 土 22:06:41 | URL | ふぁいあ #- [ 編集 ]

>>つっつさん、早速コメントありがとうございます

これからライブに参加する人にとっては楽しみの何分の一かを奪ってしまうようなレポを読んでいただき、申し訳なく思っています。
で、レポには書き忘れてしまったのですが、第一部が終わる頃には立ち見の人でQUATTROいっぱいになっていましたよ。今年で結成七周年と言っていましたが、ファンの多さを実感しました。

2006-10-07 土 00:43:58 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

レポ、どうもありがとうございます^^
全アルバムからまんべんなく歌われていますね。
濃い内容だったのがわかります!

「からたちの木」「てまりうた」歌われたんですねー 
実はまだ、この二曲ライブで聴けてないんです。。
バンドスタイルの時に歌ってほしい二曲なんです。。
11月のライブで聴けるかもしれません。

「怪物」はアルバムが出る前から何度か聴いているのですが
この曲の世界観にはまっております。
オドロオドロしい曲が好きな傾向にありますね^^;

ハンバートのライブに参加していただいて、光栄でございます^^

2006-10-06 金 20:29:38 | URL | つっつ #HHwP0Xsw [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。