スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

新譜 10/4-14

だいぶ遅くなりましたが先々週以降ゲットした新譜はこの5枚と、ちょっと昔の1枚。

Listen or Love / jenny01
Listen or Love / jenny01

先ずは10/4リリースのjenny01のメジャーでの3rdミニ・アルバム。前作の『Private Address』は3月のレビューで紹介しましたね。前回の目玉はROCOやモダーン今夜のタムさん提供の曲でしたが、今回はレコード番長こと須永辰緒プロデュースによる大貫妙子の「都会」のカバーですかね。このカバーはすごい美しいトラックですが、ちょっとjenny01のヴォーカルが負けてるのが残念かな。
他もいい曲がそろっている感じですが、聴き込むとウィスパー・オンリーな声に引っかかってしまったわ。カー・ステレオでさらっと流すとかのシチュエーションだと、いい感じに聴けるかも。あと、ライブが見てみたいね。先週のApple Store渋谷でのフリー・ライブを逃したのは痛かったよ。


BREATH / bird
BREATH / bird

続いて同じく10/4リリースのbirdの6thアルバムです。前作の『vacation』から約2年ぶりですね。前作は休日をリゾートで過ごすというコンセプトで作られていて、あの名盤『MINDTRAVEL』を思い出させる作りでしたっけ。曲自体は『MINDTRAVEL』には及ばない感じではありましたが、結構リピートした記憶があります。この『BREATH』はbird自身の出産後ということもあって、それを意識した曲が前半ならんでますね。でも、ちょっと中途半端な印象だったかな。
「SPARKLES」は冨田ラボのプロデュースでシビレる曲でしたが、命の輝きというイメージは合ってますがコンセプトとしては疑問符が付いちゃうかな。来年2月には渋公でのレコ発も決まりましたが、ライブはいつも楽しいので参加してみますか。


銀の子馬 / 永山マキ
銀の子馬 / 永山マキ

ここからは先週10/11リリースが2枚。最初はモダーン今夜のVo.永山マキのソロ・デビューとなるミニ・アルバムです。大分モダーンと印象は違いますね。アッパーな曲はタイトル・ナンバーの1曲目ぐらいで、他は静かな曲が多いかな。まあ、モダーンと違うことをやりたかったのかも知れませんね。詞はモダーンと同じく永山さんが書いているので、バンド構成などで変化を付けざるを得ない感じです。
どの曲もクオリティは高い気はしますが、モダーンほどの自由さが感じられないのがちょっと残念かな。最初のソロ作品ですから、長い目で見ましょうか。東洋スケール使った2曲目などはモダーンにも積極的に取り入れて欲しい気がします。来月のインストア、参加できたらまたレポします。


Classics / 朝日美穂
Classics / 朝日美穂

もうひとつの10/11発売は朝日さんのセルフ・カバー・アルバム。廃盤となってしまったSONY時代の曲を中心に、インディーズでの曲もいくつか収録されていて、新曲も入っています。私のイメージとしてはデビュー10周年を記念したベスト・アルバム的な感じですね、これ。演奏は先日の対バンでのサポートと同じDr.の楠均さんとBs.の千ヶ崎学さんのトリオがメイン。その時もゲストで演奏してくれたエマーソン北村さんのゲスト参加もあり、1曲目の「唇に」はエマーソンのオルガンが絶品ですよ。
ラストの「FRIENDS」は弾き語りでしたけど、他はほぼトリオで演奏も歌もオリジナルとは異なる素晴らしい出来だと思います。メジャーでの『ONION』と『THRILL MARCH』はトータル・アルバム的で通して聴きたい感じだったので、このアルバムは1曲、1曲に集中できるかな。来週のHMV池袋のインストアと、来月のSPCでのレコ発が楽しみです。


THE BGC SESSIONS / BUGY CRAXONE
THE BGC SESSIONS / BUGY CRAXONE

で10/14という中途半端な発売日だったのはBUGY初のライブ盤です。収録は4/15に下北沢SHELTERで行われた「ZubRockA RECORDS 3rd ANNIVERSARY」で、私も参加していました(レポはこちら)。熱くていいライブだったけど、その音がここにギッチリ詰まってますよ。
録音は一般的なライブ盤とはちょっと印象が違うかな。かなりギターとヴォーカルが刺さるような感じで、一方ベースとドラムはこもり気味に聴こえます。そして、観客の声や拍手も結構クリアに聴こえるかな。でも、あの場に居た私としてはかなり現場の音に近いと思いましたよ。録音自体はProToolsで行っていたようで、Mixer席の横にMacが置いてあったのを覚えています。あと、あまり一般的ではないと思いますが、PA用のスピーカーにもマイクが取り付けられていたっけ。
残念なのは収録曲があの時の約半分だったことぐらいかな。まあ、その辺は来週のLOFTでのレコ発で取り戻しますよ。


Pxx & Axx / THE PINK☆PANDA
Pxx & Axx / THE PINK☆PANDA

最後はかなり古くなりますが8/30リリースだったピンパンの1stフル・アルバムが、ようやくAmazonから届いたので紹介しておきます。発売日以降しばらくCD屋さんで探していたけど見つからず、結局Amazonに在庫があったので注文しましたさ。第一印象は初めてみたイベントでのステージと同じかな、ちょっとまとまりの無いアルバムだったね。メンバーそれぞれの個性が出ているのはいいんだけどラップあり、青春パンクあり、メタルっぽいのまで色々あり過ぎ。
個人的にはメロディアスなロック・バラードが気に入ったので、そこらを重点的に攻めて欲しいな。ミニ・アルバム程度の曲数でいいですから、ギュっと濃いバラードを集めたアルバムとかお願い。MAYUの声にも一番合ってると思うよ。今週末の中ノ森BANDやMARIAとの対バンも参加予定なので、そこらをまたチェックしてきます。

スポンサーサイト

テーマ:邦楽CDレビュー - ジャンル:音楽

2006.10.17 | コメント(2) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

玲王さんの好みに近いかも?

ガールズ・ロックではあるけど、ちょっとヴィジュ系入っている感じはつっこさんにも通じるものがあって玲王さん、気に入るかも知れませんね。
私もライブはCDより楽しかったかな。そちらへ行く機会があれば、見てみることをお勧めします。

2006-10-19 木 01:19:11 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

気になって

THE PINK☆PANDAが気になって
試聴してみました!

結構好きな感じです!
なんだか明日にでもCD買いそうな予感が。。。
…お金ないのに。。。

ライブで聴いてみたいバンドですね!

2006-10-19 木 00:40:31 | URL | レオ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。