スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

flex life@PLUG

昨日ですが、渋谷のPLUGで行われたflex lifeの「"FLOWER" release LIVE」に参加してきました。ちょっとアヤシイですが、セットリストから。

<第一部>
1. 寝ても醒めても
2. 蜜蜂
3. さらばい
4. ex-factor (Lauryn Hill)
5. 愛を探してる
<第二部>
6. flower
7. のらりくらり
8. さざなみぱっしょん
9. 胸の扉 風の町
10. Aquarius
11. 森へ行けば
12. シャングリ・ラ
13. らいふらいさん
14. getting better
15. 声をきかせて
<アンコール>
16. amefrica

flex lifeライブ5月のイベント以来、6回目ですが念願の初ワンマンとなりました。先ず19:50頃に前回も共演してたゲストの辻コースケさんが一人で入場。3曲15分ほどソロでの演奏を聞かせてくれましたが、相変わらず凄まじい演奏でしたね。フロアもいきなりヒートアップ、観客も最初から歓声を上げざるを得ませんな。で、辻さんの奏でる1曲目のイントロに乗ってflex lifeのお二人が登場。
今日の里枝ンヌの最初の衣装はオレンジ色主体にブラウンのペイズリー柄っぽいプリントが入ったロング・ドレスで、足元はブラウンのヒール・サンダル。髪はゆるいウェーブで今風なカット入ったロング、ほとんど黒髪だった感じ。そして髪にはオレンジ色や赤などの木の実があしらわれたリースが飾られていて、クリスマスっぽかったですね。

里枝ンヌも最初から飛ばしていた感じで、フェイク入れまくり、ノリまくり。大倉さんのコーラスとも絡んだりしてましたね。1曲目が終わったところで辻さんが退場、この後、第一部はflex lifeのみでのステージとなりました。2曲目からはすこし落ち着いてスツールに座って歌っていましたが、それでもグルーヴ感はあふれてましたよ。3曲目は『FLOWER』の中でもアコースティックな感じでしたが、里枝ンヌがほとんど目を閉じて歌っていたのが印象的でしたね。
4曲目はLauryn Hillのコンピに提供した曲とかで、楽譜を見ながら、大倉さんとアイコンタクト取りながら歌ってましたが、大サビの「cry for me~」の部分をアカペラで歌うとこなどはシビレました。5曲目は大倉さんのアコギがいつにも増してブルージー、里枝ンヌも体を揺らしながら熱唱してましたっけ。

ここで20分ほどの休憩が入ってドリンクを取りに行ったのですが、お客さん一杯で元の位置には戻れませんでしたよ。いや、久々の東京でのワンマンということで、盛り上がっていました。第二部で登場の里枝ンヌは黒のAラインなドレスに、黒にスパンコール入ったヘアバンド。胸元の雲母(貝かも)のネックレスと、青い鳥の羽根のイアリングがオーガニックな感じでした。
サポートは5月のBs.笹井"BJ"克彦(from indigo jam unit)と梶原大志郎に加え、『FLOWER』のレコーディングにも参加していたPerc.和佐野功(from indigo jam unit)とE.Pf.おのまきこ(from 花*花)の4名だったかな。いきなり『FLOWER』のオープニング・ナンバーからスタートでしたが、CDよりも更にグルーヴしてましたね。フロアもかなり揺れてましたよ。

7曲目で里枝ンヌがお客さんのコーラスを要求すると、待ってましたという感じで大合唱となりました。8曲目はCDでのレゲエ風からちょっと変わってスカっぽくなってかな。BJのベースがかなりうねってましたね。5月と同じアコギ・タイプのベースを弾いていましたが、音的にはWoodBassとE.Bassの中間ぐらいな雰囲気でしたよ。9曲目はA.Gt.とE.Pf.のバッキングが美しかったわ。
10曲目はCDではCoolでJazzyな感じでしたが、生だとかなりソウルフルでバンドとしての一体感もあって踊れる曲になってましたっけ。アウトロでの里枝ンヌのスキャットも熱が入ってたよ。11曲目は転調の多い難しそうな曲ですが、ツアーのファイナルということで一糸乱れず、転調ごとにノリが良くなってましたね。12曲目は間奏での里枝ンヌの口笛がムーディーでしたよ。

13曲目からはちょっと曲名が怪しいのですが、この辺りからフロア全体が踊りまくりな雰囲気になって来てメモ取るどころの騒ぎではなくなってきちゃいましたよ。この曲では大倉さんもスキャットでソロを取るなど、ヒートしてましたね。14曲目ではイントロのオフマイクで歌うスキャットが、微かに聞こえたのに鳥肌がたちましたっけ。15曲目は「ラララ」の部分をフロアと合唱。中盤、手拍子と合唱のみで里枝ンヌが歌う部分は美しかったわ。最後は大倉さんとBJが立ち上がり、抱えていたアコギとベースを持ち上げながら演奏するエンディングに拍手が鳴り止みませんでした。
アンコールではスペースの関係かおのさんはでてこなかったのですが、辻さんが加わり更にパワーアップしての締めとなりました。里枝ンヌも狭いステージを左右に踊る踊る、一緒にフロアも揺れまくってましたね。アンコール含め2時間ほど、ブレイクを差っ引くと1時間半ほどのステージでしたがお腹一杯楽しめましたよ。来年も1回ぐらいはワンマンやって欲しいな。
<<追記>>
先程大倉さんのブログでセットリストがアップされ、13曲目が違っていたので訂正しました。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2006.12.02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。