スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

松崎ナオ@Zher the ZOO

で、デト7のライブが早目にお開きになったので、Zher the ZOO YOYOGIで行われた松崎ナオのワンマン「まゆげの端っこ」にも参加してきました。途中からの参加なので、セットリストは省略させていただきますね。

ナオさんのライブつい先日の対バン以来、7回目ですかね。会場に到着したのが21:00ちょっと前、アンコまで終了したのが22:00ほどだったのでたっぷり1時間はステージを見られたね。先日より多く見られて、幸せモンでした。
到着するとステージ上では寸劇が展開されていましたね。「燃えよドラゴン」のテーマが流れ、ナレーションをバックに、小宮山さんとナオさんがパフォーマンス。そのまま二人での演奏に入りましたっけ。続いてこの寸劇をはさんだデュオは湯浅さん、奥村さんと展開されましたね。3曲とも曲名は分からなかったのですが、この日のために書き下ろされた曲なのかな?

そして、ナレーターのチャーリーさん(先日ナオさんがゆいこと共に参加した劇団、髭の会の方)の「ワンマンもラスト・スパートに突入!」のフレーズで、バンドでのライブが再開。メンバーは前回のワンマンと同じく、Gt.小宮山聖、Bs.湯浅崇、Dr.奥村純、Bs.原田真吾のダブル・ベース構成。ただし、原田さんは前回と違いE.Bs.弾いてましたね。
最初は先日も聴いた「ミジュクナイチゴ」でしたが、こないだとはバンドのノリが違いましたね。いや、凄まじかった。続いての「月と細胞」もナオさんのVo.がブチ切れてました。アウトロでは違う歌の歌詞なども飛び出したりしてたかな。ここまでのステージの流れが分からなかったので、前半見れなかったことが悔しかったなー。

続いては「神様々々」でしたが、イントロの後ジャムになり、また再スタートするいつもの展開。先日同様、小宮山さんと奥村さんのコーラスが効いてましたね。ラストでは前回のワンマンと同じく長いメンバー紹介がありました。
そして、本編ラストは最近固定化している「hello, goodbye」で、ナオさんのお遊戯のような振り付けも楽しかった。後半「I believe my heart」のコーラスでナオさんはあえてオフマイク気味に歌って、会場の石造りのホール・エコーもあって素敵でしたよ。

アンコール1曲目は「交差点の置手紙」で、演奏前に観客にコーラスのレクチャー付き。アンコ2曲目、オーラスの曲は曲名が分からなかったけど、ナオさんのE.Pf.リフが美しかったな。終わってみると1時間見れた幸せと共に、見れなかった部分が気になりました。これからも定期的にワンマンを行うよ、みたいな発言もあったので今度はダブらないように祈ってます。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2006.12.15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。