スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

元ちとせ@東京オペラシティ

日付は既に昨日になってしまいましたが、東京オペラシティで行われた元ちとせの「冬のハイヌミカゼ」に参加してきました。不明曲がありますが、セットリストから行きます。

1. (奄美島唄)
2. 祈り
3. ハイヌミカゼ
4. 冬のサナトリウム
5. 恐竜の描き方
6. オーロラの空から見つめている
7. 竜宮の使い
8. 愛という名の贈りもの
9. 君ヲ想フ
10. はなだいろ
11. ワダツミの木
12. 月を盗む
13. 精霊
14. 青のレクイエム
15. (?)
16. 凛とする
17. 六花譚
<アンコール>
18. 幻の月
19. 語り継ぐこと
<ダブル・アンコール>
20. おやすみ

ちーちゃんのライブ6月のツアー以来、2回目ですね。今回はレコ発でもない単独のライブということで、変な縛りもなく現在のベスト的なライブとなった感じで楽しめましたね。会場の東京オペラシティは始めて行きましたが、やや小ぶりながら木造の典型的なワインヤード型ホールで天井が思いっきり高くて素敵なエコーが楽しめましたよ。2階席の後ろでしたが、ステージまでの距離もそれほど遠くは無かったね。
開演前は波の音のSEが低く流れていましたが、19:10ごろに客電が落ちそのSEも音量が大きくなりました。ステージ上のみ紫系のダウンライトで光る中、ちーちゃんが一人で登場。小太鼓を片手に叩きながら1曲目がスタートし、途中サポート陣が同じく小太鼓を叩いたり、合唱しながら登場してちーちゃんの周りを回るという演出でしたね。ちーちゃんの最初の衣装は深い青のアンシンメトリーなデザインの膝丈ワンピで、いつものように素足。髪は後ろでまとめてた感じ。6月よりは少しスリムだったかも。

ちなみにサポートはKb.にバンマスのDr.KyOnとVn./二胡の土屋玲子は前回と同じでしたが、他はガラッと変わってたかな。Gt.はクリケイのサポートなどでもお馴染みの石成正人とか、結構精鋭揃いだったかも。それ以外のサポはPerc.にBs.、ストリングスが土屋さん以外に2ndVn.にVl.とVc.の3名で合計8名でした。2曲目はアコピのみでAメロまで歌い、続いてバンドが入る構成。
3曲目はDr.KyOnがエレピに移り、Perc.もジャンベ中心からカホンへ変わってた感じ。4曲目では土屋さん以外の弦関係が下がり、土屋さんの二胡ソロが美しかったね。5曲目ではその土屋さんも袖に下がり、男性陣のみで演奏。アコピのみで歌い始める展開でしたが、Dr.KyOnのアコピは叙情的でしたわ。ちーちゃんのVo.も6月よりパワフルで、ハンドマイクで踊りながら全身を使って歌っているような印象でした。

6曲目は石成さんのアコギ・ソロから入るアレンジで、インプロたっぷり効かせた長めのイントロでしたよ。Dr.KyOnも最初アコピで静的な雰囲気でしたが、途中からE.Pf.に移りリリカルなバッキングを見せてくれました。使ってたE.Pf.はウーリッツアーでしょうか、トイ・ピアノのような音色で美しい響きでしたね。7曲目もそのE.Pf.のイントロから入りましたが、『コトノハ』からの選曲は嬉しかったね。6月は『コトノハ』からは全く無かったから。
8曲目はDr.KyOnがハモンドを演奏、Perc.もパンデイロ、石成さんもES系のE.Gt.に変わっていました。『春のかたみ』のC/Wですが、AORなちっくなアレンジでしたよ。9曲目は初期のシングル曲ですが、前の曲からジャンベのソロでブリッジして入り、Dr.KyOnのアコーディオンでのソロからスタート。かなりスローな展開で、ちょっと4ビートっぽい雰囲気もあり、石成さんのE.Gt.ソロもかなりJazzyだったね。

10曲目はまたアコーディオンのソロから入る構成でしたが、ライティングがしっとりとした曲に合ってましたね。ちーちゃんの左右に裸電球のようなライトが二つ灯り、他はサポート陣への暖色系のダウンスポットのみ。暖かみのある明かりがちーちゃんの唄を引き立てていましたっけ。ここでちーちゃんが袖に下がり、長いアウトロと、サポートがDr.KyOnとストリングのみに変わってのインスト曲で主役の再登場を待ちました。
再登場でのちーちゃんの衣装は白いコットンの長袖でくるぶしまでのドレス。髪もストレートのロングに変わっていました。雰囲気的に奄美のユタのようでしたよ。そして11曲目はDr.KyOnの奏でるA.Pf.の無機的なリフとエモーショナルなストリングスの非対称的な演奏でメジャー・デビュー曲を歌いましたが、ちーちゃんの声もかなりエモーショナルに出てきた感じ。いや、ここらから結構鳥肌続出でしたよ。

12曲目はVc.のソロが美しかったね、できればちーちゃんのVo.と絡んでほしかったかな。13曲目では消えていた石成さんとリズム隊が2階席のパイプ・オルガン前にいきなり登場し、3年前のツアーのようにスルドを演奏。ストリングスやアコピと上手くフィットして、ちーちゃんのVo.をサポートしていましたね。Vo.も3年前に近いパフォーマンスを聴かせてくれたかも。
14曲目はまたアコピのみでAメロ歌い、続いてストリングスが入る展開。天井に照射されたバリライトの水玉模様も綺麗でした。15曲目でようやく石成さんとリズム隊が戻り、16曲目は石成さんの12弦アコギのバッキングにシビレたね。この曲で昨日初めてバリライトが動いたかな。14曲目と同じ水色の水玉模様が1階席から2階席、3階席へとゆっくり移動して、「凛とする」の世界観を会場全体に浸透させていたようでした。

で、本編最後はアコピとストリングスのピチカートのみで歌い始め、その後バンドが参加してゆく展開。ちーちゃんの唄も徐々に熱を帯びて、最後はかなり盛り上がって終わったかな。唄が終わるとすぐにちーちゃんが退場し、サポート陣も続いて袖に下がりました。アンコールで再々登場のちーちゃんは同じ白いドレスでしたが、ここで昨日最初のMC。こういった会場でライブをすることの緊張感などを話していました。18曲目はKb.とPerc.にA.Gt.のみのサポートでしっとりと歌いましたが、Dr.KyOnのハモンドがブルージーでカッコ良かった。
19曲目はE.Bs.も参加しまた盛り上がりましたね。昨日初めてと言っていい感じで、E.Bs.が歌っていたよ。ちーちゃんもかなり熱唱していた感じ。そして、お決まりのダブル・アンコールに突入。昨日もDr.KyOnのアコピのみでしっとりと唄って締めてくれました。
会場のせいか、6月のツアーよりインティメイトな雰囲気で落ち着いてちーちゃんの唄を味わえたし、選曲も幅広かったので昔からのファンにも受け入れられたんじゃないかな。来年もこんなライブを開催して欲しいですね。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2006.12.28 | コメント(2) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

あ~るさん、ご一緒してましたか

私も元ちとせのライブは2回目なので大きなことは言えませんが、このライブは特別だったんじゃないかな?
MCもほとんど無かったし、メンバーもこれまでのツアーなどとは違っていました。このライブのためにだけ集められたメンバーで、特別な雰囲気だったかも。

2006-12-29 金 23:46:11 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

はじめて行ってきました

mikeさん、こんにちは。
はじめて、元ちとせさんのコンサートに行きました。ちょっと不思議な感じのライブで、面白かったです。個人的には、アンコールのほうがイメージどおりでよかったかな。
僕は3階席の真ん中でした。mikeさんの真上辺りにですね。先月は村治佳織さんのコンサートを1階席で見ましたが、上の階の方が全体が見渡せてよかったですね。

2006-12-29 金 12:55:11 | URL | あ~る #JyN/eAqk [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。