スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

植村花菜@Stellar Ball

遅くなりましたが、昨日品川のStellar Ballで行われた植村花菜の「ガンバロウ ウエムラ 2007」に参加してきました。とりあえずセットリストから。

1. 紙ヒコーキ
2. 大切な人
3. トゲと花
4. ミルクティー
5. ねっ!
6. キセキ
7. やさしさに包まれたなら
8. 会いたい
9. 月のない夜
10. melody
11. 冷たい雨
12. しあわせのカギ
13. 歌いたいから歌うだけ
14. 恋の魔法
15. いつも笑っていられるように
<アンコール>
16. 光と影
17. ヘイホー~腹ぺこブギウギ~Happy Birthday~ヘイホー
18. 花

花菜っぺのライブ8月のツアー・ファイナル以来、5回目ぐらい。今回も年末年始の東阪ツアー最終日になるのかな。開演時間の18:00少し前に客電が落ち、打ち込みのSEが流れる中先ずサポート陣が入場。メンバーは花菜っぺではすっかりお馴染みのGt.狩野良昭、KOKIAのサポで何度かお目にかかっているKb.澤近泰輔、こちらもKOKIA@AXでお会いしたことのあるBs.恵美直也、松山千春などのサポートしているDr.佐藤強一、Perc.中山幸の5名。
しばらくして登場の花菜っぺはくすんだ感じのエメラルド・グリーンの長袖で膝丈のワンピース、深緑ベルベットのベルトと肩口がアクセントでしたね。足元は黒のレース模様のストッキングに濃いグレーのロングブーツ、髪は新譜『しあわせの箱を開くカギ』のジャケ写まんまのロングでした。夏よりちょっとスリムになってたかな?

いきなりTerry's Terryを担ぎMC無しで1曲目に突入。この曲好きで最初からテンション上がったけど、まだ声が出ていない感じで残念。この曲ではDr.の佐藤さん前半プラのブラシでおさえ目に、で後半からスティックで本格的に叩いていましたっけ。2曲目はコンガのイントロから入りましたが、中山さんはコーラスでも大活躍。花菜っぺの声質とも合っていて、美しいハーモニーを聴かせてくれましたよ。
3曲目で花菜っぺはギターを下ろし、ミニ・タンバリンを叩いて手拍子を要求。この曲では澤近さんのラグタイム風なエレピがハマってましたね。4曲目は愛用の小ぶりなGibsonを担ぎ、そのGibsonと中山さんの振るシェイカーのみでAメロまで歌うアレンジ。このあたりから花菜っぺも声が出てきて、狩野さんのE.Gt.の美しいバッキングも併せていい感じでしたよ。5曲目は佐藤さんがシェイカー、中山さんがタンバリン、狩野さんがウッド・ブロックと、抑えたバッキングで花菜っぺの声にフォーカスしてた感じ。

6曲目は後半のサビをアコギとBs.のバッキングのみで歌うとこがカッコ良かった。恵美さんのBs.も歌ってたね。7曲目は狩野さんがアコギにチェンジして、そのアルペジオのイントロやトレモロのソロが決まってたよ。ここで加納さんを除きサポートが一時退場。8曲目は花菜っぺもアコギを下ろし、8月の「ギターと私達」をちょこっと再現。この曲でのファルセットは美しかったなー。
9曲目はTerry's Terryでの弾き語り、10曲目は澤近さんのエレピのみとアコースティック・コーナーでした。11曲目はまた全てのメンバーが戻り、花菜っぺには珍しいマイナー調の曲を初披露。元々泣きのヴォーカルなんでマイナーも全然OKで、もう少し泣いて歌って欲しかったかな。12曲目はまた新譜からでしたが、ディープなエコーの効いたBs.が素敵だったよ。

13曲目は花菜っぺもハンドマイクになり、澤近さんのラグタイムっぽいエレピは絶妙な音作りで凝ってましたね。この曲ではそれまでの中山さんに加え澤近さんもコーラスで参加。中盤の手拍子とオルガンだけで歌う部分は正にゴスペルしてました。後半はお決まりの合唱大会でしたが、ちょっと長すぎ。でも花菜っぺは観客のコーラスをバックにフェイク入れまくりで、気持ち良さそうに歌ってましたっけ。本編最後は1stアルバムのエンディング・ナンバーをしっとりと歌って締めてくれました。
アンコールで再登場の花菜っぺはジーンズに黒のツアーTシャツに変わり、ブーツはそのままでしたね。サポート陣も同じ黒のTeeでそろえてました。16曲目は昨年末リリースのシングルでしたが、疾走感のあるROCKチューンで好きですね。アンコール2曲目は「ヘイホー」から「腹ぺこブギウギ」へと続くシークレット・トラック連発のメドレー。そこから昨日誕生日だった花菜っぺへのサプライズなバースデー・セレモニーとなりました。ケーキは登場するは、メンバーからのプレゼント攻撃はあるわで、花菜っぺもかなり感激していましたよ。

オーラスはまたTerry's Terryを担ぎ、狩野さんのアコギ2台でのアルペジオから。新譜ではそのギターの持ち主である坂崎さんとのアコギ・デュオでしたが、昨日はBメロからバンドありでのアレンジでしたね。花菜っぺの優しい歌声が沁みる、いい曲だわ。また最後の「ラララ」の部分を観客と大合唱し、花菜っぺもオフマイクで歌ってて生声が聞こえましたよ。
もうこうなると観客はほとんどスタンディング・オベイションとなりますね。花菜っぺはかなりウルウル来ていて、ウォーター・プルーフのマスカラもヤバイ状態に(AXのMCネタですが)。最後は生声で観客に感謝の言葉を残してステージを去りました。終わってみれば2時間15分ほどのステージでしたが、終始ほんわかした感じで長さを感じませんでしたね。いや、いいステージでしたよ。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2007.01.05 | コメント(3) | トラックバック(1) | 音楽

コメント

junperさん、コメント連発ありがとうございました

ステラボールは引っ込んでいると言うより低音の抜けが良過ぎる感じですね。後半はかなり音量上げていましたが、ちょっとヴォーカルが割れてたかな。
花菜っぺのバンドは昨年春以来2回目、昨年秋の狩野さん+Perc.含めると3回目ですが、今回がベストでしたね。

2007-01-07 日 23:01:53 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

新年一発目(二発目?)のかぶりですね。
植村花菜、初参戦でしたが、バンドの出来映えが素晴らしいなと思いました。
ちなみに最初の数曲はPA自体で全体的に音が引っ込んでいたように思いました。ステラボール、音悪いなぁと思ってたら、途中からはそんなこともなくなりましたね。
ギター、何を使っているのか知りたかったんです。参考になりました。ありがとうございます。
佐藤強一さんのドラムは久しぶりでした。シングライクトーキングのライブの時以来かな?

2007-01-07 日 19:35:55 | URL | junper #- [ 編集 ]

TB&コメントありがとうございました。
植村花菜のライブは昨年の7/31横浜BAYSIS以来2度目ですが、今回のライブはバンドメンバーとのセッションや掛け合いもあり、非常にいい雰囲気でしたね。
最後は、ちょっともらい泣きしそうになりました。
それでは、またどこかのライブ会場で!v-290

2007-01-06 土 15:52:15 | URL | ライファート(エスパー) #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mikbox.blog5.fc2.com/tb.php/330-0c035901
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

植村花菜 ガンバロウエムラ2007@品川プリンス ステラボール

植村花菜。 本日24歳の誕生日を迎えたシンガーソングライターである。 俺は、植村の少し土の匂いのするストレートな感情表現が気に入っている。 彼女の節回しは独特で、俺の心に直接語りかける。 初めて「キセキ」と言う曲を聴いた時、俺の中で時が止まった。聴覚以外のすべ

2007.01.06 15:56 | ウゴウゴエーガ!&ケイケイライブ!

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。