スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

矢吹卓Trio with maiko@Grapefruit Moon

既に昨日になってしまいましたが、三茶のGrapefruit Moonで矢吹卓Trio with maikoのライブを見てきました。不明曲が多くてすみませんが、セットリストから。

1. Genesis
2. ?
3. Motion Blue (maiko)
4. ? (中島みゆき)
5. 春風 (maiko)
6. Passage of bird
7. Wave
8. ?
9. Trust (maiko)

矢吹さんには申し訳ないのですが、実は聴くのは初めてでした。当初このライブは堀越昭宏さんをリーダーとするXS: Mode Of Sunlightのゲスト・ヴォーカル、YURAIさん(from Jazztronik)を見に行ったのですがそちらのステージがキャンセルとなり、対バンの矢吹卓Trio with maikoだけを見てきた訳です。
まあ、こちらもまるっきり縁が無いわけでもなく、Bs.につっこさんで毎度お世話になっているアッキーが参加しているので見るつもりでしたよ。一応メンバーを書いておきますとPf.矢吹卓、Bs.山田章典、Dr.坂東慧(from T-Square)と、ゲストでジャズ・ヴァイオリニストのmaikoさんでした。

最初の1曲目を聴いた感じはDavid Foster系、リリカルなE.Pf.をフィーチャーしたフュージョンという感じでしたね。その印象はステージが進むにつれ変わっていくのですが、それは追々記述して行きます。1曲目と2曲目は最近できたばかりの曲とMCで言ってましたが、2曲目はまだ曲名も定まっていなかったようですね。注目のアッキーはスコアとにらめっこしながら地味目にスタート。PA無しのBs.Ampのみで音量も控えめ、エフェクターもディレイのみだったかな?
そして3曲目はゲストのmaikoさんのオリジナル曲で、ちょっと東欧風な哀愁のある曲でしたね。矢吹さんがMCで言ってましたが、Pf.のバッキングとソロで東洋スケールを使っていたのも結構フィットしていた感じです。4曲目は唯一のカバーで中嶋みゆきの曲でしたが、曲名を忘れちゃいました。昨日はメモ取らずにリラックスして見ていたんで、セットもややアヤシイと付け加えておきます。この曲では坂東さんの長いDr.ソロが良かったね。私はあまりDr.ソロが好きではないのですが、このソロは曲にも上手く組み込まれていて矢吹さんのアレンジが光ってました。

5曲目はまたmaikoさんのオリジナルでしたが、3曲目とは趣が違いロマン派的なしっかりとしたVn.からスタート。それを受け継いだ矢吹さんのPf.ですが、ワルツに乗ったクラシカルなソロがいきなりファンキーに豹変しましたね。3拍子から9拍子へのようなかなりの転調で、意表を突かれましたがカッコ良かったわ。この後お待ちかねのアッキーのソロも出て、私もテンション上がりましたよ。それまで矢吹さんのスコアにキッチリ従っていたようなアッキーのBs.がやはりソロとなると、朗々と歌い始めたのが面白かった。昨日はジャズベだけ使っていましたが、スラップは出なかったと思います。
この後、矢吹さんの長めのMCでステージ前にメンバーで食事に行った話があり、アッキーのお嬢さんも一緒に行っのですが、一人だけ青汁を注文したというエピソードに会場から大爆笑。いや、流石アッキーのお子さんですね、美味しいとこを持って行きます。そう言えば開演前に会場をうろちょろしていた4~5歳ぐらいの女の子、切れ長の目がアッキーに似ていたのでお嬢さんだったのかも。

で、6~8曲目は矢吹さんオリジナルの三部作で、続けて演奏されましたが昨日のハイライトでしたね。6曲目はミドルからアップテンポへ、そしてまたミドルへという転調が激しかったけど徐々にグルーヴが増していくプレイにシビレたわ。7曲目は出だししばらく矢吹さんの左手とアッキーのBs.がユニゾンを奏でながら、右手は自由にパッセージを奏でていたのが美しかった。アッキーのBs.も矢吹さんのスピード感あふれる左手に見事にリンクしてたかな。
8曲目は中盤でアッキーの短いソロから長いDr.ソロへ、そしてそのプリミティヴなソロにE.Pf.からBs.、最後にピチカートのVn.が順次リフで加わっていくアレンジが素晴らしかった。矢吹さん、ファンクとは何かって分かっていますね。そして9曲目、アンコールで再登場するのがちょっと恥ずかしいのでアンコール代わりにもう1曲やります、と言って三部作で盛り上がった観客をクールダウンさせるようなしっとりとした曲で締めてくれました。

いや昔、フュージョンに熱中していた頃を思い出してしまったね。80年代の行き詰まったジャズを何とか前進させようともがいてたフュージョンとは違い、クラッシックあり、民俗音楽ありと自由な感じがいいね。CDJで見たスペアザやSOIL、CUBISMOなど最近いいインストのバンドに出会うなー。

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2007.01.10 | コメント(2) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

xYUKIxさん、毎度コメントありがとう

矢吹さん、MCはちょっとキョドり気味なんですが、演奏では華がありますよね。エレピのソロも鷹揚があって、キメの部分がより美味しくなります。
あと、帰りにアッキーと出口ですれ違ったのですが、思ったより背が高くないんですね。小顔でスリムだからもっと背が高いかなと、勘違いしてましたよ。

2007-01-10 水 21:20:22 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

レポありがとうございます!

確か自分、矢吹氏の演奏をネット配信で拝見したことがありますね。
その時のメンバーがやたらとプログレな方たちばかりで、良くあの爆音の中でキーボードの音が埋もれないなぁ…と感心しながら見てた覚えがあります;
それはそうと、山田氏のお嬢さんいいとこ持っていきますね~
さすがです!(何が!?

2007-01-10 水 09:26:10 | URL | xYUKIx #WO.8kER. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。