スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

Bahashishi / 笹川美和@duo

既に日付は変わって昨日になってしまいましたが、渋谷のduo MUSIC EXCHANGEで行われたKDDI主催の「duo Night vol.2」に参加して来ました。Bahashishi笹川美和のみですが、レポしますね。

仕事を定時に切り上げ会場に着くとOpening ActのDewのステージが丁度終わるとこでしたね。開演18:30って、ちょっと早過ぎ。Dewもちょっと見てみたかった。次の出演者は柳田久美子で、サポートのE.Gt.は先日ポプシの対バンで見たヒックスヴィルの小暮晋也さん。先日同様、シビレるスライド・ギターを聞かせてくれました。惜しむらくは今年最初のライブということで、柳田さんは全体的に調子良くなさそうだったね。
続いては以前から聴いてみたかったindigo blueでしたが、期待以上のステージでしたよ。ネオ・アメリカーナな感じかと思いきや、結構ディープ・サウス風でブルージー。SANTARAとデリコの良い点を足して1.5で割った感じかな。近々3rdアルバムがリリースされるそうなので、そこから攻めてみますか。

さて、いよいよBahashishiの登場となりました。彼女等のステージは昨年のツアー・ファイナル以来、2回目となります。

1. Drawing
2. 渇望
3. 逸楽の夢
4. クローバー
5. 月の呼吸
6. Line

セッティングからメンバーが居残り、客電がやや暗くなりインストがいきなりスタート。その中、ユラリさんがタンバリンを叩きながら登場しましたが、彼女の衣装はその時と同じ白と銀のトップに白いレースのスカートのセット。髪はやや長くなっていて、足元は白のストッキングに銀のパンプスだったかな。
ツアーの時と同じくユラリさんのマイクスタンドはオーガニックなデコレーションがされていましたが、明日香さんのKb.にはインコの剥製はいなかったですね。1曲目はツアー・ファイナルではタイトルまんまにライブ・ペインティングが行われましたが、今回は普通に演奏。途中4ビートに転調したりと、明日香さんがコーラス含めE.Pf.で大活躍でした。

2曲目は1曲目のアウトロからストリングス音源のシンセでブリッジして始まり、浩一さんのGt.ソロからスキャットで入りました。昨日はユラリさんも最初から凄く声が出ていて、間奏でも飛び出したスキャットにシビレました。3曲目はツアーの時とはアレンジが違い、CDに近い雰囲気だったね。明日香さんのnode使ったエレピのリフがラテンっぽくてカッコ良かったよ。
4曲目はツアーの時も演奏した新曲で、nodeのオルガンは一緒でしたが新たに男声をサンプリングしたようなシンセも加わっていたかな。5曲目は私の一番好きな曲で、これを演奏してくれたのは嬉しかった。ツアーの時と同様にストリングスのピチカートまでシンセで再現する明日香さんのこだわりに頭が下がります。

そしてラストはツアーと同じく定番の「Line」で締めましたが、その前のMC中も明日香さんがエレピでバッキングしていたのに愛を感じました。1コーラス目はA.Gt.とE.Pf.のみで歌う展開はCDと同じでしたが、CDよりはA.Gt.の登場が少なくて時折インプロ気味にインサートされる感じが良かったわ。
約40分のステージでしたが、ツアーの時よりも成長している感じあったね。今後もライブに参加していきますので、期待していますよ。
心の世界

そしてトリはササミの登場。ササミのステージは昨年7月のイベント以来、7回目でしょうか。

1. 髪
2. ならば
3. 迷いなく
4. 雪雲
5. 笑
6. 止めないで

21:00あたりで客電が徐々に暗くなり、先ずはサポートのGt.坪井寛とPerc.佐藤唯史が入場。SEも止み静まり返った中、ササミが静々と登場しました。昨日のササミの衣装はノースリーブでミディ丈の黒のワンピ。しかし、ササミは黒のワンピが好きですね。7回見た内、ワンマン除く4回ほとんど黒のワンピだったかな。
髪は公式HPトップ・ページの写真と同じぐらいの長さでしたが、軽くカラーリングされていた感じ。でも、その写真よりは少しふっくらとしていたのは、ここだけの内緒にしておきますか。あと、肌の白さは際立っていたけど、黒いワンピのせいだけでは無いと思うね。

静寂が支配する中ササミのエレピが響き渡り、1曲目がスタート。1コーラス目はエレピ、アコギ、カホンと順次加わる展開でしたが、2番はBメロまでエレピのみで歌いそこからアコギとPerc.が一緒に参加する形でした。ササミのVo.もいきなり全開でかなりコブシ回ってたね。
2曲目の前に挨拶程度の短いMCありましたが、今年はササミも年女だそうで猪突猛進で頑張りますとの事。で、久々に歌いますと言って歌いだしたのが、2曲目でした。確か去年のツアーではメドレーの中で少し歌われたことがありましたが、私もフルで聴くのは初めてかも。佐藤さんが叩いていた響胴のない太鼓がボランのようだったし、アコギの緩やかなストロークもハープみたいで結構アイリッシュな雰囲気だったかな。

3~4曲目は3月にリリースするニュー・アルバムからの新曲と紹介されましたが、4曲目は昨年シングル・カットされていましたっけ。3曲目はイントロからアコギがポルトガル風、間奏のGt.ソロではササミもエレピでセッションっぽくかなり絡んでたのがこれまでにはあまり見かけなかった光景でしたよ。
4曲目のアコギは一転してアラブ風で、佐藤さんがカホンだけでなくフット・ペダルでタンバリンを叩くという技も見せてくれました。ラスト2曲は定番曲の連発で締めてくれましたが、歌い方がそれぞれ進歩していたかな。「笑」はためを多くしてやや重めに、「止めないで」はスキャットでファルセットをあまり使わずに中低域中心に歌っていた感じで、共に私としては大歓迎の変化でした。

35分程と短いステージでしたが、ニュー・アルバムそしてその後に行われるであろうツアーに期待を抱かせてくれるものでしたね。今からワクワクして待ってます。入場時には8曲入りのCDも配ってたけど、さすがエイベは豪儀ですな。
夜明け
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2007.01.24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。