スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

arp / 笹川美和@duo

遅くなりましたが昨日、原宿でのフリー・ライブから徒歩で移動し、渋谷のduo MUSIC EXCHANGEで行われた「Roland Design Notes Scale.3」に参加してきました。arp笹川美和さん中心にレポさせていただきます。

arp


0. forest
1. 満月
2. あなたに逢えて・・・
3. over
4. 桜(Acoustic Version)
5. 明日はくるから

arpのステージは昨年末のワンマン以来、10回目になります。arpはトップバッターで、開演時間の17:30を10分ほど過ぎたあたりで客電が暗くなり、MCのナオト・インティライミが先ず登場。このイベントの趣旨やarpについての紹介を少し語って下がりました。会場が暗いまま先ず最近定番のSEが会場内に流れ、ハマーとお馴染みのVc.百瀬郁子さんが入場。
準備が整ったところであん朱さんがステージに登場しました。昨日の衣装は黒のロングドレスに茶系統の薄物を重ねたスタイル。この薄物はあん朱さんもしくはスタイリストさんがお手製で追加したのか、縁の部分にほつれなどがあってちょっと微笑んでしまいました。アクセはゴールドの鍵とチェーンのネックレスぐらいでしたっけ。

先ず1曲目は歌いだしがインパクトのある曲ですが、前回のワンマン同様最初から力入り過ぎていましたね。リハでどのくらいの音量で調整していたのか不明ですが、かなり割れていて聴き辛かったです。元々duoはあまりPAは好きでないハコですが、その後調整で聴きやすくなっていた事を考えるとあん朱さんのリハと本番に音量の差があった感じ。そこらも考えてリハして欲しいですね。それに力入っている割には最初の曲のせいかあまり声が出ていなかったので、選曲についても一考をお願いします。
2曲目は前回のワンマンでも感じたのですが、泣きのVo.がちょっと過剰気味だったかな。3曲目の前に珍しくハマーの長いMC。今回はRoland主催のイベントと言うことで、ハマーなりの作曲法についてちょっと語っていました。先ず指を等間隔に開き鍵盤を押さえ音を出し、それに重ねてちょっとづつ指の間隔を変えて音を重ねて行き美しいコーダを生み出して行きました。指の間隔をお客さんに見せながら押さえて行くのは本当に分かり易かったし、聴いている分には魔法としか思えませんでしたよ。

3曲目は新曲だそうですが、ちょっと激し目な打ち込みとエモーショナルな百瀬さんのVc.がフィーチャーされた曲ですごく良かった。あん朱さんのVo.も鷹揚があって、沁みましたよ。4曲目は前の曲からエレピのソロでブリッジして入り、エレピとチェロだけの伴奏で歌われました。途中アカペラの部分もありましたが、あん朱さんは低い方がピッチがやや不安定だったかな。
ラストはまた新曲ですが、ちょっとインパクトが無かったかな。最近の曲はどれもストリングスが入ることを想定してそこらを空けた打ち込みだったのに、この曲では百瀬さんのVc.が埋もれてしまってた感じでもったいなかったよ。あん朱さんのVo.もかなり平板でしたね。最後に再登場のナオトからarpのお二人へのインタビューがありましたが、興味深かったのはarpの曲作り曲先で、あん朱さんが気に入らない曲は詞を付けてもらえないとか。最近の曲がどれも今ひとつなのはそこに原因があるのかもね。難しい曲に苦労して詞を付けてこそ生まれてくる美しい歌があると思うけど。
Life Palette

笹川美和


1. 黒子
2. 誘い
3. 雪雲
4. 迷いなく
5. 笑い
6. 止めないで

続いて登場のササミは先月の対バン以来、8回目かな。arp同様先ずナオトの前説があって、サポート陣とほぼ同時に登場したのが18:40ぐらいだったかな。サポートはその対バンと同じGt./Flat Mandolin坪井寛とPerc.佐藤唯史のお二人。ササミの昨日の衣装はプリーツとドレープを複雑に組み合わせたような、ギリシャ風でAライン・シルエットな純白の膝丈ドレス。病的なほどの美白、そして相変わらずのナチュラル・メイクでしたね。
1曲目は佐藤さんのジャンベ主体と坪井さんのアコギでの伴奏。先日の対バン同様ササミは昨日も最初から好調でしたね。声が出辛い最初に、こういった落ち着いた曲から入るのはいいアイディアですよ。コブシも最初から結構入ってました。2曲目は昨年夏の柏でのイベント以来聴きましたが、坪井さんのFlat Mandolinとササミのエレピのイントロから引き込まれました。ササミのファルセットも美しかったし、途中から入った佐藤さんのカホンもいい味出してました。

3曲目は対バンでも聴いた新曲ですが、その時よりかなり沁みましたね。佐藤さんのカホンと時折混ぜるジャンベの低音が呪術的だったし、フラット気味なエレピのリフに乗るアコギのケルト風なメロにクラクラ来ました。これは早くCDで聴いてみたいよ。4曲目は先日もそうでしたが、アコギのソロに攻撃的に絡むササミのエレピがグルーヴを感じさせてくれました。こういった演奏面でのプラス・アルファも今後は増やして行ってくださいね。
5曲目はササミの代名詞となってしまった曲で、そろそろこれを外してもいいのでは。そしてラストはここ4回連続締めとなっている「止めないで」でした。って言うことはライブをもっと続けたいってことを、ササミは言いたいのかなと邪推してしまいます。坪井さんのチョーキング入れたアコギのソロもブルージーだったし、アウトロでのササミのスキャットもカッコ良かったよ。

arpと同じくライブ終了後はナオトさんからインタビューを受けたササミですが、普段のMCとは違ってかなり地の部分をさらけ出してしまっていました。べらんめぇな口調での受け答えにナオトもややタジタジしてたのが受けましたよ。
それはさておき、来月に迫ったニュー・アルバムのリリースが段々と楽しみになって来ました。まだレコ発ライブの情報はキャッチできていませんが、あることを願っています。できれば去年と同じくBLITZでお願いしたいですね。
まよいなく 夜明け
最後ですが3番目の出演者で、昨日のMCでもあったナオト・インティライミのステージについてもちょっとレポしておきます。先ず最初はヴォコーダーを使ってアフリカンなコーラスとリズムのご機嫌なナンバーを披露。続いてループ・シーケンサーを使ってドラム→ベース→ギター→ブラスなどをその場でラッパー風に録音して行き、最後にそれらをバックに気持ちよく歌い。最後はエレピ弾き語りで「宇宙一お前を好きな男の歌」を熱唱して締めるという主催のRolandさんに気を使いまくったステージでした。あとはダンスをちょっと見てみたかったかな。

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2007.02.11 | コメント(4) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

maikoさん、はじめまして!

わざわざお訪ねくださって、ありがとうございます。こういったインタビュー付きのライブはあまり無いので、貴重ですね。私もこれ以前は一昨年のTFMでの公開録音ぐらいしか記憶がありません。
maikoさんもチャンスがあれば、是非参加してみてください。

2007-02-12 月 22:16:42 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

コミュからきました!

詳細な内容で、目に浮かぶようです^^
ありがとうございました。共演の人との美和さんの掛け合い、見たかったです!!次は行きたいと思います。

2007-02-12 月 17:14:49 | URL | maiko #VAFDnFYc [ 編集 ]

xYUKIxさん、バンドだと楽しそうですね

予備知識無しで見たので、特に1曲目のアフリカンな曲で衝撃受けました。また全力投球などのイベントに参加した時には是非見てみたいですね。

2007-02-12 月 11:05:39 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

なんか、

色々面白い事やってたみたいですね>ナオト
後日ローランドのHPに写真入りでレポが載るようなので楽しみです!
自分はフルバンドとギターの弾き語りしか見た事がないんで、そういうイレギュラーな演奏も聴いてみたかったんですけど
(´・ω・`)
ということで、機会があればまたナオトライブ行ってみてください(・∀・)
ワンマンなら踊りまくってますから(笑

2007-02-12 月 09:59:46 | URL | xYUKIx #WO.8kER. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。