スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

昨日になりますが、新宿のFACEで行われたミュージカルヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の公演2日目に参加してきました。ミュージカルを見るのは初めてで、拙いレビューで失礼します。「ヘドウィグ~」はJ.C.ミッチェル主演の映画を見て好きになり、WOWOWで放送されたものはHDDレコーダーにまだ保存していて、おそらく最もリピート回数が多いタイトルでしょう。
ストーリーとかは各所で紹介されていますので簡単に紹介しますが、昔一緒に活動していたロック・スター、トミー・ノーシスの全米公演を追いかけ、会場の近くの酒場でステージを行うヘドウィグの歌とモノローグでつづる一幕もののミュージカルです。出演はヘドウィグの山本耕史とその夫イツァーク役の中村中の二人とGt.2名、Kb.Dr.Bs.の5名のバンドのみ。

会場は新宿のコマ劇場のそば、普段は格闘技専門で公演しているそうですが、恵比寿に移る前のLIQUIDROOMだった場所かな?会場に入ってCLUB風なフロアと周りの一段上がったスペースで気がつきました。新宿歌舞伎町にふさわしい怪しい舞台ができて嬉しい、とカーテンコールで山本さんが言っていましたね。
ステージにはパンキッシュな落書きがされた壁とその上にLEDで文字や絵が浮かぶ透けるディスプレイが設置され、開演前から映画でも印象的だった性同一性障害を象徴するイラストなどが映し出されていましたっけ。ほぼ定刻に客電が暗くなり、先ずバンド、続いて中ちゃんが入場。中ちゃんの衣装は白のシャツ以外は黒のスリムなパンツ、黒いエナメルのハーフコート、ロングでカーリーな黒髪に黒のバンダナ、黒いサングラスと黒ずくめ。山本さんの衣装については見てのお楽しみと言うことで、ナイショ!

1曲目「Tear Me Down」のイントロが流れる中、中ちゃんの紹介でスポットライトが当たったのが私も先程入ってきた会場の入口。映画のオープニングもこんな感じでしたが、ちょっとビックリしましたよ。その後も山本さんや中ちゃんが何度か客席の中を行ったり来たりしてたっけ。後半はかなり音圧が上がっていましたが前半はちょっとバンドの音が低くて、大好きな「Tear Me Down」をもっと大音量で聴きたかった。最初からガツンと行って欲しかったよ。
そしてモノローグが始まり、故郷の東ベルリンでのエピソードから2曲目の「Origin of Love」へ雪崩れ込む展開。できればスタンディングで踊りながら聴きたかったな。山本さんの歌も結構ROCKしてましたが、腰振りはJ.C.には敵わなかったかな。この辺りのエピソード、映画では母親や最初の恋人である米兵などは実際の役者が演じていましたが、ステージでは中ちゃんが二役・三役とこなしてました。中ちゃんせりふはまだまだ硬い感じですが、歌は絶品。特に3曲目の「Angry Inch」のコーラスにはシビレました。

そして中盤ではお待ちかねの「Wig in a Box」、ここで映画のようにコーラス・タイムがあるかなと思いましたが、残念なことにありませんでしたね。でも私はひとりで「Put some make up!~」の部分は大声で歌っちゃいましたよ。いくつかの曲ではディスプレイに歌詞が流れていたので、ここでCall & Responseして欲しかったなー。
まだ公演2日目なためか、山本さんはせりふを噛む場面が多かったけど、アドリブでそれを逆手にとってネタにしてしまうのは舞台慣れしているからでしょうね。口に含んだビールを観客に吹きかけるバリエーション、パンク風はオリジナルからあるのかな?あれは大受けでしたよ。

あと、もうひとつ残念だったのは山本さんのガタイが良すぎること、特に後半で上半身裸になった時はきつかった。もろ逆三角形で、立派過ぎ。映画でのJ.C.のスリムで中性的なイメージと大違い。トミーになりきって歌った場面ではぴったりだったけどね。
そして締めはもちろん名曲「Midnight Radio」です。山本さんの声はややキレイすぎかもしれませんが、公演が進むに連れJ.C.並みにハスキーになるかも。この曲の後半でステージから消えていた中ちゃんが客席後方から再登場。白いドレスで栗色のフェミニンなカール、白い花の髪飾り。いや、美しかった。ちょっと涙が滲んでしまったよ。二人でのデュエットも美しかったし、素晴らしいエンディングでしたね。

初めてのミュージカルでしたが、楽しかった。映画とは違うところが多かったけど、生のステージではこういうシンプルな構成がぴったりですね。2時間一気に見せてもらいました。全国回るツアーもあるし、ソールド・アウトだったFACEでの追加席も発売されたそうです。またもう一度ぐらい見に行きたいな。
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ (DVD) Hedwig & the Angry Inch (Soundtrack)

スポンサーサイト

2007.02.17 | コメント(2) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

麗さん、コメントだけでもサンクスです

あと2回、何とか楽しめることを願っています。
私は事前に映画をDVDで1回見て、サントラをDAPでリピートしまくって会場に赴きましたよ。Set you free!

2007-02-20 火 23:59:33 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

ご無沙汰です♪

mikeさん

拙blogの怒りのレポにコメントありがとうございました。(笑)
mikeさんの感想、楽しく拝見しましたよ。
うんうん。楽しまれたようで良かったです♪
私も、ただのHEDWIGのライブって思えば、楽しめたほうなんですよ。
生バンドで大好きな楽曲を間近で聴けたんで♪
でも芝居(ミュージカル)として観てしまうと、不満が残るのです。(笑)

一応あと2回分のチケットを持ってるので、(多分)観に行きますが、
更に良くなっていることを期待しています。

私のほうからのTBは・・・遠慮しておきますね。
あまりにもひどい怒りのレポなもんで。(笑)

2007-02-20 火 22:18:14 | URL | 麗 #qhVXTLRM [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。