スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

KOKIA@苗場プリンス

本日、苗場プリンスのシャトレーヌで行われたKOKIAの「Live in 苗場プリンスホテル white notes」2日目に参加してきました。いつものセットリストから行きます。

1. The Power of Smile
2. あひるの心
3. 白い雪
4. そら
5. 僕の気持ち
6. 初めて聞いた歌は子守唄
7. 弱虫ライオン ~Be My Friend~
8. Snow White(仮題)
9. 二人の娘
10. ぬくもり
11. 天使
12. ありがとう
13. いつか誰かを愛したとき

KOKIAライブ昨年7月のQueen's Square以来、ワンマンとなると昨年2月のduoから1年以上空いてしまいましたね。昨年秋のSTBシリーズはあまり好きなハコでないと言うこともあって流してしまいましたが、スキーもできるというボーナスもあり思い切って参加してみました。スキーのレポはまた後日しますが、皆さんお待ちかねのライブ・レポを最優先でお届けします。
会場のシャトレーヌは広さ的には昨年のduoと同じぐらいかな、ゲレンデに向かって開けた大きな窓から午後の日差しが眩しかったよ。整理番号は中程でしたが、2列目のKOKIAがピアノに座っても斜め前から見れるいいポジションを押さえられました。この日のスペシャル・カクテル「time to say goodbye」を注文しましたが、花の香りで甘めな感じだったかな。

開演時間の15:00少し前にサポートのお馴染み松尾さんが登場し、チューニングを開始。ほぼ定刻にKOKIAもステージに現れました。今日のKOKIAの衣装はクリーム色のサテンっぽい膝丈のワンピースで、胸元のギャザーとフレアーしたレースのような七分袖がクラシカルな感じ。髪は明るめの栗色で軽くカールかかったロング。足元はラインストーンが散りばめられたパンプスでしたが、いつものようにそれは直ぐに脱いでしまいました。
1曲目は松尾さんのGutGt.のみによるボッサ・ヴァージョン。最初の曲のためかKOKIAは時折声が裏返るなど、調子が出てませんでしたね。2曲目はQueen's Squareで初めて聞いた曲でしたが、今回はその時よりも自由に歌っている感じで、アヒルの声でスキャットするなど楽しそうでしたよ。落ち着いてきたのか、KOKIAの声もかなり本調子になって来ました。3曲目はスキー場でのライブと言うことで選曲したそうですが、ライブではduoのメドレー除くと初めて聞いたかも。KOKIAもスツールに座り目を閉じて、かなり気持ち入って歌っていた印象でした。

4曲目は一昨年の鎌倉プリンス以来ライブで聴けましたが、今回は松尾さんのアコギのみの伴奏でかなりスローなアレンジでした。でもこのアレンジの方がKOKIAの声がストレートに来るかな、ファルセットが引き立っていましたっけ。久しぶりに歌うからか、KOKIA楽譜をチラ見してましたよ。5曲目からKOKIAはピアノに移動し、松尾さんもまたGutGt.に戻りました。この曲はほとんどKOKIAの弾き語りと言ってもよく、松尾さんは2番から登場し時折インプロ気味にバッキングする程度だったかも。
6曲目からは松尾さんは袖に下がり、KOKIAの弾き語りタイム。6曲目は多分初めて聴いた曲ですが、途中で「象さん」や「どんぐりころころ」(Pf.のみ)、「仰げば尊し」などのフレーズも出てくるKOKIA自身の音楽史を辿るような曲でした。7曲目はやはり一昨年のBlue Jay Wayのアンコールで絵本付きで紹介された曲でしたが、あの時よりKOKIAもリラックスした感じで歌えていたかも。

8曲目は苗場でライブをやるならと思い立って作った曲だそうで、まだ所々スキャットで埋めてる未完成な曲でしたが「Remember the kiss」のようなドラマティックな曲調で完成するのが楽しみ。9曲目から松尾さんが戻り、KOKIAもピアノを離れハンド・マイクに。松尾さんのGutGt.による間奏もけっこう隙間があって、KOKIAがオフマイクで歌っているスキャットの生声が聴こえて来たのが嬉しかったね。
10曲目は大のKOKIAファンなつっつさんにお借りして聴いた『aigakikoeru』にも収録されていましたが、あのアレンジとほぼ同じでKOKIAも座って目を閉じ胸に手を当てて優しく語るように歌っていました。私は11曲目を今日のベストに決めましたが、フェイク入れまくりのKOKIAのヴォーカルに私はシビレまくりました。松尾さんもゴルペ入れたり、エモーショナルなストロークが曲を盛り上げていました。KOKIAはスタンド・マイクを使っていたのですが、右足をマイク・スタンドに絡めていたのがセクシーでしたよ。

12曲目は最近TVでも取り上げられ、またシングル・カットされるそうですが、「この曲にまた助けられた」とKOKIAが言っていましたね。前回はサミー・チェンがカバーしてくれて香港などでヒットしたことを振り返ってました。KOKIAも歌いながら客席の下手から上手にゆっくりと視線を送り、観客の一人一人に「ありがとう」と声をかけるように歌っていたのが印象的だったな。そしてラストはKOKIAが展開している47 storiesのテーマ曲と位置づけているそうで、今後も各地ではこの曲が聴けるんじゃないかな。
1時間45分ほどのステージでアンコールも無かったけど、久々にじっくりKOKIAの歌を堪能できました。今年は5月にアルバムとDVD、その後もプロモなどで忙しくなりそうと言っていました。昨年はあまり動きが無くてKOKIAのライブもご無沙汰しましたが、今年はたくさんライブ行きたいね。
Remember me

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2007.03.04 | コメント(6) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

ライファートさん、お久しぶりです

最近dorlisもKOKIAも動きが無かったけど、共に5月あたりから活発になりそうな雰囲気で楽しみですね。
植村花菜ちゃん含めまたニアミスしそうなので、今後もよろしくお願いします。

2007-03-11 日 10:07:47 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

羨ましい(笑)

こんばんは。
mixiの足あとからきてしまいました。

苗場、いらっしゃったんですね。
セットリストを拝見するに、俺の知らない曲も多くて羨ましい限りです。

自分は、『aigakikoeru』を通販で購入して、KOKIAの世界に浸っています。
『天使』は、DUOの時の照明の演出が素晴らしかったのを思い出しますね。
う~ん、でも苗場は遠すぎる・・・

2007-03-11 日 01:12:44 | URL | ライファート(エスパー) #- [ 編集 ]

つっつさん、最優先ありがとうございます

ツアー楽しみですねー。松尾さんとのアコ構成もKOKIAの声に集中できていいのですが、やはり壮大なバッキングが欲しい曲もたくさんあるのでバンドで見たいですよね。
お借りした『aigakikoeru』は予習に大変役に立ちました、日本版を楽しみに待っています。またそちらにお邪魔します。

2007-03-05 月 20:09:07 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

レオさま、いつもコメントありがとうございます

私は今回「いつか誰かを愛したとき」の時に拍手するのを忘れて聴き入ってしまいました。レポには書き忘れたのですが、最後ロングトーンで声を伸ばしながらクルっと一回転した時、フワっと広がるスカートと髪に見とれてたのもありますが(^_^;)

2007-03-05 月 20:04:00 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

「僕の気持ち」や「初めて聞いた歌は子守唄」を歌ったんですね

「弱虫ライオン」はBlue Jay Wayのとき
新幹線の終電がギリギリで落ち着いて聴けなかった記憶が^^;

「いつか誰かを愛したとき」は47 storiesでは歌われると思いますよ。
私も一年ほど(去年の7月以来)KOKIAさんのライブに行っていないので、
6月のツアーが楽しみです^^

こちらではまずはセットリストをアップしましたので
最優先で^^;

2007-03-05 月 00:04:35 | URL | つっつ #- [ 編集 ]

良い感じですねぇ~

落ち着いた感じの曲ばかりで
良いですねぇ~!
知らない曲もあります~。

「ありがとう」は未だに生で聴いた事がないので
一度は聴いてみたいですわ~。。。
最近盛り上がってるみたいなんで
沢山の人に聴いてもらいたい歌です!

「天使」は生で聴くと引き込まれすぎて
曲が終わった時拍手忘れるんですよねぇ~!!
また聴きたいなぁ~!!
早く九州にも来てくれると良いんですけどねぇ~^^

2007-03-04 日 23:52:49 | URL | レオ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。