スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

SANTARA@CLUB Que

昨日ですが、下北のCLUB Queで行われたSANTARAの「CLUB TOUR 2007 "NEVER ENOUGH"」に参加してきました。いつものセットリストから。

1. Row the Blues
2. バニラ
3. 独白
4. 好き
5. ブラックワゴン
6. 裏庭
7. 夢の中まで
8. しゃぼんのブルース
9. くしゃみ
10. うそつきレノン
11. 100miles~虹を追いかけて
12. Wait, Catch & Run
13. 思い過ごしの効能
14. 街が死んだら
15. My name is Boogie
<アンコール>
16. 東京は夜の七時
17. UPSIDE-DOWN
18. Joy & Pain

SANTARAのライブは昨年7月のツアー以来、7回目かな。ちょっと間が空いてしまいましたよ。最近は「東京密会マニア」とかいう小さなハコでのライブも定期的に行っているそうですが、そちらはまだ参加できていませんね。開演時間の19:00から10分ほど遅れて客電が落ち、南部風なピアノをフィーチャーしたBluesのSEが流れ、先ずDr./Perc.でお馴染み朝倉真司さんと初参加のBs.御供信弘さんのサポートの2名が入場。
続いてSANTARAのお二人が登場しましたが、昨日のキョウコさんの衣装は黒に目玉が幾つかプリントされたTシャツに黒の超ミニスカ、黒のスパッツと黒皮のハイヒールと黒ずくめ。1曲目だけオリーブ色のジャージー風なトップも羽織ってましたが、直ぐに脱いでしまいましたっけ。髪はショートに変わっていましたが、メイクは相変わらずナチュラルでマスカラと薄いラメのシャドウ程度。ネイルは真紅でした。

1曲目は朝倉さんがDr.に位置し、砂田氏はテレキャス担いでノリの良い曲から。でもキョウコさんはちょっと声が不安定だったかな、Harpは最初から良かったよ。御供さんのBs.はMustangのBassでしたが、初めて見たかも。やや薄い音ですが他には無い軽めな音で、結構好きかも。2曲目は朝倉さんがカホンへ移動、砂田氏もヤイリのA.Gt.にチェンジし、定番のメジャー・デビュー曲でご挨拶って感じ。
3曲目はこれまでのライブよりややスローなアレンジだったかな。御供さんもフィル多めでノって来たね。4曲目は砂田氏に加え朝倉さんもコーラスに参加。キョウコさんもアウトロでハミングするなど本調子になって来ました。5曲目に砂田氏はまたテレキャスに戻り、キョウコさんが砂田氏からヤイリを受け取って担ぎました。以前のライブでもキョウコさん1曲だけGt.弾いたことがあったけど、昨日は本格的でしたよ。真紅のネイルでアコギ弾くのはセクシーだわ。間奏で御供さんのBs.が結構歌ってて、砂田氏のE.Gt.と絡むとこもシビレました。

6曲目は砂田氏がいつものGibson J-45に変わりましたが、内蔵のピックアップとサウンドホールにアタッチしたものを併用していましたね(以前からそうだったかな?)。朝倉さんもガタム主体のしっとりとしたサポートで、砂田氏とキョウコさんのVo.とA.Gt.双方のハーモニーが美しかった。7曲目は砂田氏がまたE.Gt.へ、朝倉さんもDr.に戻っての新曲でしたが、結構メロディアスな感じだったかな。
8曲目からはサポートの二人が下がって、キョウコさんもアコギを下ろし、砂田氏も座ってドブロを抱えました。キョウコさんも慣れた構成に戻ったせいか、フェイクたっぷり入れたりしてましたよ。9曲目は砂田氏がまたGibsonを担ぎ、これまた新曲でキョウコさんの紹介によると女が男を落とすための曲だとか。軽快なメロディと韻を踏んだ詞が面白かったね。

10曲目はインプロっぽいGibsonのイントロからスタートし、キョウコさんの歌い方も語るような感じで入りました。途中からテンポ・アップして、キョウコさんも髪をかきむしるような感じで踊っていたっけ。11曲目からはまたサポートのリズム隊が登場。この曲は6月にタイアップ付きでシングル・カットされるそうで、その後にアルバムが出るのかな。「100miles & 200miles & 300miles~」と続くサビもノリが良いし、これをきっかけにブレイクして欲しいわ。
続いてもノリの良い12曲目で「Wait, Catch & Run」の部分をCall & Responseしましたが、これはやや滑ったかも。前の曲の「100miles & 200miles~」の方が合うんじゃないかな。で、本編ラスト3曲はほぼノンストップで、キョウコさんも踊りまくり、砂田氏も腰振りまくりのアゲアゲ展開。特に14曲目が昨日のベストだった感じ。リズム隊とのマッチングも良く、SANTARAならではのグルーブも出てたしね。

アンコールでは先ずSANTARA二人のみで登場し、キョウコさんと砂田氏のアコギ2本でピチカート5のカバーをおされに演奏。「密会マニア」では邦楽のカバーもけっこうやるとか言ってましたね。あと、間奏でキョウコさんがHarpを演奏しようとした時にアコギのストラップが外れ、危うく落下するところを何とかキャッチし、抱えたままHarpを演奏するという業も見せてくれました。
17曲目はまたサポートが参加し、これまたノリの良い新曲を披露してくれました。砂田氏のE.Gt.ソロもゆるいロケンローでいい感じ。オーラスはまた二人になり、砂田氏のGibsonのみでしっとりと締めてくれました。大サビ前のミニマムなバッキング、ほとんどアカペラでのキョウコさんの歌は沁みましたよ。2時間弱のステージでしたが、すげー楽しかった。新しいレーベルもPalmbeachに決まったそうだし、Rie fuやBahashishiと共に今後も応援していきますよ。
WAIT,CATCH&RUN


<追記>
Bs.の御供さんの名前が間違えていたので修正しました。大変失礼しました。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2007.03.10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。