スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

YUI@渋谷公会堂

昨日、渋谷公会堂(C.C.Lemonホール)で行われたYUIの「2nd Tour 2007 "Spring & Jump" ~CAN'T BUY MY LOVE~」東京公演1日目に参加してきました。ちょっとアヤシイですが、セットリストから。

1. How crazy
2. Rolling star
3. CHE.R.RY
4. It's all right
5. I remember you
6. Thank you My teens
7. Umbrella
8. Winding road
9. Happy Birthday to you you
10. RUIDO
11. LIFE
12. Highway chance
13. Good-bye days
14. TOKYO
<アンコール>
15. feel my soul
16. My Generation
17. Free Bird
18. HELP
19. Why?

YUIのライブは今年元旦のCDJ以来、3回目。あの時はYUIの声が悲惨な状態だったので、カウントに入れたくない気持ちもあります。で、今回がそのリベンジとなりますね。開演時間の17:00を10分ほど過ぎて客電が落ち雑踏のSEが流れ、ステージ前に張られたスクリーンに先ずテレキャスの映像が投射されました。映像は交差点の動画に切り替わり、1曲目のイントロが流れ始めました。
歌が始まるとスクリーンは下りたままYUIに上からのスポットライトが当たり、キャンディ・レッドのテレキャスを抱えたYUIが闇の中に浮かんでいるような感じだったな。間奏からはサポート陣にもスポットが当たり、4本の光の柱が天を支えているイメージ。サポートはGt.カジチャンこと梶原健生、Dr.ムタチャンこと土屋アンナのサポでもお馴染みの牟田昌広、Bs.ボスあるいはエイチャンことチリヌルヲワカでもリーダーのイワイエイキチと豪華なお三方。

1曲目ではいきなりシンセやコーラスでバックトラックが使われていて、前2回はこんなことは無かったと記憶しているのでちょっと違和感ありましたね。2曲目は前の曲からメドレーで入り、イントロ中にスクリーンが落ちましたっけ。YUIの衣装はジーンズに白のTeeと、オリーブ色の軽めなジャケット。足元は紺色っぽいスニーカーだったかな。
ステージの上には一段高い半円形の2段ステージが設けられ、その上にクロームの1.5mほどの細い柱が林立して、ステージ後方には帆船の帆のような感じの白いスクリーンが張られていましたね。この2曲目ではボスもコーラスしてたり、間奏のGt.ソロ中にはYUIと向き合って楽しそうにBs.弾いてたりしてたよ。3曲目の前にしばらく暗転しましたが、明かりが点くとYUIがアコギにチェンジしていました。

昨日は何度かこの暗転があったけど、ちょっと流れを切りすぎてる感じがしましたね。確かに明かりが点いたままGt.を変えても間は空きますが、何が行われているかは目で分かるので暗闇で待つよりは時間は気にならないと思うんだけどな。まあ、空気読めない掛け声がかかってYUIがドギマギしないための防止策なのかも。そして3曲目はそのアコギのみで1フレーズ歌い、そこからバンドが入る展開。この曲でもバックトラックだか打ち込みでシンセが入りました。
4曲目でステージに立っている柱に仕込まれていたLEDが初めて点灯。この曲ではサビの部分にボスのコーラスが欲しい気がしたけど、CDのイメージを崩したくなかったのかな。もうちょっとバンドのグルーヴを出しても良かった気がするね。5曲目はアコギとDr.のみで始まる展開。YUIもようやく落ち着いてきた感じだったね。この後カジチャン中心にネタがあったけど、やや長すぎたかも。

6曲目はネタで疲れてしまったのかYUIにやや元気が無かった感じ。7曲目では柱のLEDが雨の雫のような効果出してて綺麗だったな。8曲目ではステージ後方のスクリーンに渋谷公園通りの映像などが映し出され、歌詞とシンクロしてましたね。YUIも元気を取り戻したようで、シビレる歌声を聴かせてくれましたね。
9曲目からYUIはサンバーストのストラトを担ぎました。この曲ではバリライトと柱のLEDがシンクロが美しかったし、大サビでBs.とシンバルのみで歌うとこはYUIの声にフォーカスできて凄く良かったわ。ただ、最後のコール&レスポンスを客席左、中央、右と分けて行ったのはちょっと流れが悪かったかも。ここでメンバー紹介とそれぞれのソロ・パートもあり、客席もかなりヒート・アップしてきました。

が、10曲目の入りでYUIがトチり、やり直し。短い10曲目からメドレーで11曲目に雪崩れ込んだけど、昨日のベストはこの11曲目だったかな。昨年から演奏し慣れているのか、とても一体感があったよ。ボスのフィルも多彩だったし、YUIも最後シャウトするなど弾けてたね。12曲目ではステージ下手と上手に設置されてたお立ち台にYUIが上がって歌うとそれぞれ左右のお客さんから大きな歓声が上がったけど、そこまでするならワイヤレスのシールド使った方が良くね?
本編ラストはサポートが下がり、アコギ弾き語りで。残響の美しい渋公にYUIのハスキーな声が響き渡ってました。丁寧なお辞儀をしてYUIが一旦下がりましたが、アンコールの拍手に押し出されるように飛び跳ねるカジチャンを先頭に全員が再登場。YUIとボスが白、カジチャンとムタチャンが黒のツアーTに皆さん衣装替えしてましたっけ。

アンコール1曲目でまたストリングスの打ち込みが入ったけど、マジこれは要らなかった。何か冷めちゃったよ。16曲目はお客さんからの催促で、YUIのストラトのみで1コーラスだけ歌いました。17曲目は昨日初めてボスとカジチャン二人によるコーラスが入って、カッコ良かったわ。18曲目ではボスとカジチャンがステージ前まで出てきたし、YUIもテレキャスを激しくかき鳴らしてたね。
オーラスではYUIはまたアコギを担ぎ、大サビではアコギのみで歌ってくれたっけ。終わってみれば2時間弱のステージだったけど、ボリューム的な不足は感じなかったかな。それより初めてのホール・ツアーってことで、演出の戸惑いみたいなものを感じたかな。もっとバンドに振るなら打ち込みやバックトラックは無くして欲しいし、CDに近づけたいならCD制作時からアレンジを工夫してサポートにKb.を入れた方がいいと思うな。RIJFのチケットが取れたら何はさて置き、YUIのステージは必ず見ると思うのでそれまでには解決しておいてください。

<追記>
サポートGt.の梶原さんだったことが判明、訂正しました。大変申し訳ありませんでした。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2007.05.01 | コメント(5) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

!!!さん、情報ありがとうございました

早速記事を訂正いたしました。渋公では2階席のかなり後の方だったので見にくくて、メンバー紹介の時は声が聞き取りづらかったんで間違ってしまいました。
梶原さんは昨年夏のイベントで奥田美和子のサポートしてましたね。更に間違っていたら、また突っ込んでください。

2007-05-09 水 23:29:51 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

YUIギターアッキンじゃないよ~。

2007-05-09 水 12:23:45 | URL | !!! #- [ 編集 ]

いえいえ、mikeさんのコメントは、更にいいパフォーマンスを期待しての率直な感想だと思ってますよ(笑。もっともっとたくさんライブをやってもらって、楽しみを増やしてもらいたいですね。

2007-05-03 木 04:57:53 | URL | takanobu #- [ 編集 ]

takanobuさん、YUIはまだ二十歳ですからね

これからも試行錯誤しながら、少しづつ着実に前進して行ってくれますよね。私もちょっと先を急ぎすぎたコメントをしてしまったな、と反省をしています。
最近は後で恥ずかしい思いをしないよう、ちょっと時間を置いてレポを書いているつもりでしたが、YUIへの気持ちが入り過ぎて過剰な意見だったかもしれません。更に猛省します。

2007-05-02 水 22:37:36 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

ライブハウスからホールへ。ハコが変わると音の使い方とか演出方法も変わってきますからね。まだいろいろと試してる状況なんでしょう。新しいアルバムの曲もたくさん聴けましたし、私もボリューム的な不足は感じなかったです!

2007-05-02 水 18:55:29 | URL | takanobu #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。