スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

扇愛奈 / 中ノ森BAND@赤レンガ倉庫

昨日二つ目のライブは横浜の赤レンガ倉庫前特設ステージで行われた「横浜学生の祭典」というイベントでのフリー・ライブでした。扇愛奈と中ノ森BANDのみですが、レポします。

扇愛奈

1. レベルアップ
2. スタンプラリー
3. 輪廻
4. ジュラシックパーク
5. ココロジュース
6. お風呂

扇のライブは昨年9月のLA CITTADELLA以来、4回目ですね。ほぼ定刻の16:40にMCの紹介でステージがスタート。定番の「太陽の彼方に」のSEに乗って先ずサポート陣が入場。面子はGt.杉本恭一(from LA-PPISCH)、Bs.内田雄一郎(from 筋肉少女帯)のお馴染みお二人と、最近ひぐちさんに替わって出番の多いDr.矢野一成(ex.THE MOONBEAM)というお三方。
しばらくして扇も登場しましたが、昨日の衣装はジーンズ素材のミニスカに黒のタイツ、黒地に細かい髑髏がプリントされたタンクトップにアーミー・ジャケットの袖をカット・オフしたようなオリーブ色のロング・ベストをオン。足元は昨年と同じく髑髏柄のバッシュで、髪はオレンジ系っぽいカラーリングのロングで、右側だけ頭の上でまとめてた感じ。昨年までのボーイッシュな雰囲気よりは、大分女っぷりも上がってたかな。

1曲目は昨年9月リリースのシングルでしたが、前回聴いた時にはDr.のみサポートのインストアVer.だったので大分印象が違いましたね。内田さんの高速ピッキングが大迫力。矢野さんのDr.もひぐちさんよりはパワフルでした。そこからメドレーで定番の2曲目に突入。杉本さんのバッキングがカッコ良かったね。Dr.と掛け合いするようなリフにシビレました。矢野さんは杉本さんソロのバックバンドでも叩いているので、気心知れている感じだったわ。この曲あたりは一時的に風が強くなり、シンバルが倒れそうになったりとローディーさんも大忙しでした。
3曲目では内田さんが大活躍。インプロ風なイントロからうねるBs.が強烈だったし、コーラスもオドロオドロしさを醸し出してましたね。いや、内田さんはいいキャラしてますよ。4曲目は6/20にリリースされるミニ・アルバム『海鳴りライダー』からの新曲で、疾走感のあるR&Rだったっけ。間奏での扇のGt.ソロから杉本さんがユニゾンで続くあたりは、バンドとしての一体感もありデビュー以降もう直ぐ3年の歴史も感じました。

5曲目もその新譜収録の新曲で、扇お得意のアナクロちっくなROCKチューン。「しぼってよ、しぼってよ、しぼってよ」という出だしのリフレインがキャッチーというか、一癖有って耳に残りますね。デビュー当時の「スタンプラリー」に匹敵する、おバカソングに成り得る可能性大っす!
そして最後は最近定番らしい1stミニ・アルバムのエンディング・ナンバーで締め。この曲でも内田さんが帽子と眼鏡を飛ばすほどの激しいヘッドバンキングで楽しませてくれました。私もこの右から左への変則ヘドバンをマスターしなくっちゃ。ジャスト30分のステージでしたが、扇の美味しいとこがギュッと凝縮された感じでしたね。新譜、そしてその後に来るだろうレコ発に期待してます。

中ノ森BAND

1. Oh My Darlin'
2. ポラリスピケトラ
3. Hey You!!
4. Cannonball
5. ラズベリーパイ
6. キスしてほしい(トゥー・トゥー・トゥー)
7. Fly High

中ノ森BANDのライブは2月のツアー以来で、こちらも4回目かな。こちらは開演予定時間の19:20から少し遅れて激し目ROCKなSEをバックにバラバラと入場。サポートのJUNさんは白の長Teeにカーキ色のジーンズをサスペンダー吊りで、いつものソフトドレッド。SHINAMONはスリムなジーンズに白に黒のフォト・プリントはいったTeeで、明るめブラウンの柔らかいカールのミディアム・レングス。
CHEETAはややゆるめなジーンズに昨年のイベントでも着ていたと思われる黒に白い水玉入ったトップで、お馴染みドコモダケ・ヘア。YUCCOはクリーム色に緑の南欧風なプリント入ったワンピにジーンズを重ね着。明るいブラウンのストレート・ロングで右のサイドに一房金髪のエクステあったかな。AYAKOはスリムなダメージ・ジーンズに黒のタータン柄ミニスカを重ね着。トップは白地に黒の細かいプリントが入ったTeeで、髪はやや落ち着いたブラウンをラフにまとめてた感じかな。忘れているメンバー居ないよね。

1曲目はAYAKOはアコギを担ぎ、昨年の鬼嫁日記の主題歌からスタート。昨日もYUCCOの正面で見ていたけど、ロングヘアのYUCCOかわい過ぎ。うつむき加減にBs.引く姿は可憐だわ。反対サイドのSHINAMONのKb.も昨日は良く聴こえて、1曲目ではエレピのバッキングが良かったね。AYAKOは最初から良く声も出ていたよ。2曲目からはAYAKOは白いストラトにスイッチ。Gt.ソロでJUNさんとユニゾンしたりとノって来ました。
3曲目ではYUCCOのフィルが美しかったな。AYAKOのVo.も次第にハスキーさが増して来て、ROCKして来ました。4曲目ではJUNさん、SHINAMON、CHEETAのコーラスが分厚くて、SHINAMONのOrg.と合わさり重厚なサウンドになってたわ。YUCCOも長い髪を振り乱してBs.かき鳴らしたり、アウトロでAYAKOもシャウトするなど、昨日ではこの曲がベスト・パフォーマンスでしたね。

5曲目ではまたAYAKOはアコギに戻り、デビュー曲を演奏。この曲では毎度打ち込みのシンセを使っているけど、今の中ノ森BANDのイメージとは乖離して来ているので新たなアレンジを考えた方が良いんじゃないかな。5曲目はAYAKOによる曲紹介の間からCHEETAの4つ打ちバスドラがなり始めたり、AYAKOもハンド・マイクでステージ左右へ動いて観客を煽ってましたね。
そしてラストはまたAYAKOはストラトを担ぎ、最新シングルで締めてくれました。YUCCOのリズミカルに走るBs.で踊れたし、最後はお決まりのジャンプでフィニッシュ出来たし楽しいエンディングとなりました。30分を越えるステージだったけど、やっぱ森BANはもう少し尺が長い方が楽しめるね。また夏にはイベントの出演もありそうだし、今後もフォローして行きますんでヨロシク。

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2007.05.13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。