スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

安藤裕子@Zepp Tokyo

昨日、Zepp Tokyoで行われた安藤裕子の「"再生" 2007 ..recall me..」ツアー・ファイナルに参加してきました。で、いつものセットリストから。

1. "I"novel.
2. 雨唄
3. happy go lucky
4. 絵になるお話
5. lovely second way
6. シャボン ボウル
7. 唄い前夜
8. TEXAS
9. み空
10. のうぜんかつら
11. 新曲1
12. 新曲2
13. 手を休めてガラス玉
14. SUCRE HECACHA
15. Little Babe
16. 安全地帯
17. The Still Steel Down
<アンコール>
18. yuyake
19. 海原の月

ねえやんのライブは昨年春ツアー以来1年ぶりとなってしまいしたね。昨年末のツアーもチケットは持っていたのですが、仕事で行けませんでしたっけ。昨日も休日出勤で、少し遅刻して会場に着いたときにはもう1曲目の最後の方でしたから危なかったです。先ずはファッション・チェックからですが、スモックっぽいデザインのコバルト色膝丈ワンピだったかな。髪は緩いウェーヴの真ん中分けロングで、左のサイドにだけブロンドのエクステ付けてたよ。
サポートはお馴染みKb.山本隆二、Gt.山本タカシ、Cho.新居昭乃に、昨年末のツアーから参加しているDr.沼澤尚と、このツアーから参加している元ジューシー・フルーツのBs.沖山優司というお初なリズム隊のお二人でした。沼澤さんはLeyonaのサポやTaiji All Starsで何度かお見かけしていましたが、沖山さんは生では初めてかな。ジューシー・フルーツ時代にTVでは結構見てました(LPを持っていたのはナイショですが)。

前述のように1曲目は落ち着いて聴けなかったのですが、2曲目ではねえやん最初から声も良く出ていて、アウトロでのファルセット使ったスキャットは美しかったですね。3曲目は『and do, record.』からでライブでは初めて聴いたかな?今回のツアーは最新アルバムの『shabon songs』中心に、その他は普段あまりライブでは演奏しない曲を選曲したとか。この3曲目もCDでのウィスパー気味にファルセットを多用していた時とは歌い方が変わっていて、結構ドライヴ感ありましたよ。
4曲目は沖山さんの派手なフィルがあったり、隆二さんのE.Pf.リフのバッキングがカッコ良かった。5曲目は『あなたと私にできる事』のC/Wで初めて聴いたけど、沖山さんのスラップやスペイシーなSyn.が80年代っぽかった。タカシさんのブルージーなGt.ソロではねえやんも体を揺らしたりして、リラックスしてきた感じ。6曲目はCD同様にE.Pf.のみで歌い始め、Bs.とシンバルが少しだけ参加して行く展開。ねえやんの歌はCDよりパワーあって、良かったな。

7曲目はアルバムで初めて聴いた時から思っていた、ねえやんがリスペクトしているユーミンの曲調との相似性を更に感じたね。アウトロでのGt.とE.Pf.のダブル山本の絡みもスリリングでしたっけ。8曲目はねえやんの歌声にパワーを感じたよ。特にアウトロではシャウト気味にスキャットしたり、昨年から大分ヴォーカリストとしてのスキルも上がってた感じ。9曲目は隆二さんのE.Pf.が大活躍。躍動的なリフがねえやんのVo.をドライヴしてたし、E.Pf.ソロもシビレましたわ。
10曲目は最初隆二さんのウーリッツアー風E.Pf.のみで入り途中からバンドも参加してましたが、最後までリプライズっぽい雰囲気でしたね。11曲目からアンプラグド・コーナー。隆二さんがピアニカ、タカシさんがアコギ、新居さんはシロフォンで座るねえやんの後に位置しました。1番は前3名のみの伴奏で歌い、2番から控え目にリズム隊も参加していたかな。まだプリプロ段階との話でしたが、郷愁あふれる感じの曲で早く音源で聴いてみたいですね。12曲目では全員前に出てきて、沖山さんはギロ、沼澤さんがダンボール箱をブラシで、タカシさんもドブロにチェンジしてました。ねえやんは「オチャラケな曲です」とか紹介していましたが、初期の曲っぽくて好きですよ。

13曲目からは通常のバンドに戻り、個人的にはこの曲が昨日ではベストだったな。ねえやんの声のアタックとバンドの一体感が絶妙にブレンドされて、自然と体が動いてました。ライティングもステージ後方の半球にバリライトで万華鏡のようなイメージが投影され、地球儀のようにも見えましたっけ。14曲目は最初ダルな感じ歌い始め、後半段々と熱が入っていく感じが良かったね。新居さんとの掛け合いも温度感を上げていました。15曲目はCDでのアコギとの入りではなく、E.Pf.のみで始まる展開に変わってたかな。ねえやんの切な気なVo.も全開でした。
16曲目からラストスパートって感じでしたが、やはり「隣人~」から「聖者の行進」じゃないとねえやんのライブ締めって感じがしないね。まあ、この2曲もそれに迫るいいコンビで、現在のねえやんの声を充分楽しめるのは好きですよ。アンコールでは先ずねえやんだけが登場しましたが、若草色のツアーTeeに着替え、髪も後でまとめていましたね。18曲目は『水色の調べ』のC/Wでこれも初めて聴きましたが、伸びやかなねえやんの歌が印象的でした。

19曲目は今秋公開の堤幸彦監督作「自虐の詩」の主題歌となったそうで、IWGP以来の思い出話などもしていましたね。曲自体は前半打ち込みのストリングスとE.Pf.のみで展開するなど、まだバンド仕様にはなっていなかったので今後のライブに期待です。アンコール含め2時間弱のステージでしたが、ねえやんの歌が安定していたのに感激しました。昨年までのように後半声が出なくなるとかなく最後までシビレる歌声を聴かせてくれたし、バンドだけ浮いちゃう感じも無かったのが嬉しかったわ。今年も年末にツアーがあれば、是非参加したいですね。
shabon songs (初回限定盤) Merry Andrew Middle Tempo Magic (CCCD)

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2007.06.10 | コメント(6) | トラックバック(1) | 音楽

コメント

junperさん、まとめてコメントありがとうございます

このセットなら新しいリズム隊でもフィットしてましたが、昨年までの曲とか考えると難しいかもしれませんね。
トピズレですが、カエラも楽しかったですね。Zeppツアーでまたご一緒したいな。

2007-06-24 日 09:34:57 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

こちらにも遅ればせながらコメントです。
happy go luckyやってくれたのは嬉しかったかな。
リズム隊、沼澤さんとの相性なら沖山さんの方がしっくりきてましたね。

2007-06-24 日 00:39:04 | URL | junper #- [ 編集 ]

みなさん、コメントありがとうございました

>>リアノンさん
生のねえやんはいつも期待を上回るパフォーマンスを見せてくれて、ドキドキ感ありますよね。今回はそれに加え安定感もあって、頼もしくかんじちゃいましたよ。

>>takanobuさん
今年も年末ツアーして欲しいですねー。今年こそは昨年末参加できなかったリベンジしたいわ。

>>すえぞ。さん
「のうぜんかつら」は個人的に許せますが、「りとるべいぶ」は私もちょっと不満でしたよ。あれはアコギでこそ映える曲でしょうね。今後もねえやんをヨロシク!

2007-06-11 月 23:21:19 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

お疲れさまでした!

またもや、3連戦になってしまって、すっかりふやふやの頭で
なんとかレポを書き上げました…今日は筋肉痛系でしたし(謎)
てことで、コメント、トラバありがとうございマシータ。
俺は、「のうぜんかつら」「Little Babe」のアレンジがちょっち
不満でしたが、ねえやんの歌声には降参でした(笑)
月(球状スクリーン)の唐突な動きがなんとかならなかったものかと…(爆)

2007-06-10 日 23:26:03 | URL | すえぞ。 #QKSAZD.k [ 編集 ]

コメントありがとうございました。ニアミスしましたね、久しぶりに(笑。これまでのライブとはセットリストが違っていたので新鮮な感じもあったライブだったと思います。年内にまたツアーがあるといいんですけどね。

2007-06-10 日 22:55:45 | URL | takanobu #- [ 編集 ]

私も昨日、ねえやんライブに参加してました。
個人的に贔屓してる歌姫なので、最高のライブでしたね♪
CDとは違うねえやんを体感できるので、超感動でした。

2007-06-10 日 16:28:13 | URL | リアノン #u13ZVev. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mikbox.blog5.fc2.com/tb.php/416-e020e86a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■安藤裕子Zepp Tokyoファイナル公演レポ

 昨日は安藤裕子さんのライブツアー 「再生」 2007 ..recall me.. のファイナル、Zepp Tokyo公演に参加してきました。 昨年12月以来のねえやんライブとなりましたが、最強アルバム 「shabon songs」 を中心とした構成で、質の高い充実したライブだったと思います。 今の..

2007.06.10 14:33 | 日本の歌姫たち

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。