スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

小谷美紗子@LIQUIDROOM

昨日二発目のライブ、恵比寿のLIQUIDROOMで行われた小谷美紗子の「Trio TOUR "Out"」に参加してきました。先ずは、セットリストから。

0. fangs
1. まだ赤い
2. YOU
3. Still have us
4. Off you go
5. Who
6. オオカミ
7. 自分
8. 眠りのうた
9. ピアノソナタ『悲愴』
10. 火の川
11. Out
12. Rum & Ginger
13. 消えろ
<アンコール>
14. 東京
15. 真(君の真未来に捧げるうた)

美紗ポンのライブは5月のインストア以来で、6回目になりますね。中山うりさんのインストアが終わって軽く食事をして、LIQUIDROOMに到着したのが開場時間17:00の20分ほど前だったかな。既に開場を待つお客さんでごった返していましたよ。少しリハが伸びたようで少し遅れて開場し、入場すると運良く椅子が一つ空いていたので今回は着席で見ることを選択しました。
ちょっと柱が邪魔でBs.山口寛雄さんは見づらかったのですが、Pf.の美紗ポンとDr.玉田豊夢さんは割と見えたので良かったわ。ステージには昨年のミニサイズのグランドピアノとは異なり、フルコンサートグランドと思しきPf.が設置されてましたね。お客さんの入りも良かったようで、当初ステージ向かって右側の入口に近いエリアはクローズされていたのですがそこも開放され、フロアもパッツンパツンではないけどかなり埋まってましたっけ。

開演時間の18:00を10分ちょい過ぎたあたりで客電が暗くなり、新作『Out』から「fangs」のトラックのみが流れる中お三方が登場。美紗ポンの衣装は黒のパンツにグレーのシャツに黒のネクタイ。髪は5月のソフトドレッドからショートに変わってたみたい。SEが流れたまま玉田さんのカウントが始まり、カットオフで1曲目がスタート。『adore』のオープニングトラックから始まりましたね。このトリオのスタートともなった『adore』、その1曲目からこのライブを始めるっていうのは意図するものがあったのかな。演奏も最初から気合入ってましたよ。
2曲目は『Out』の直前にシングルでリリースした曲で、フロアを暖めるには最適な踊れる曲でした。玉田さんは強烈なアタックだけでなく細かいフェイクなども見せてくれたし、山口さんの自在に歌うBs.がシビレたわ。3~4曲目は4年前の曲ですが昨年からのライブで結構聴いている曲なので、このトリオでの演奏も馴染んでましたね。このあたりから美紗ポンも声が出てきて、パワフルなリズム隊に負けてませんでしたね。

で昨日のベストは5曲目だったかな。2本の弦を同時に弾く山口さんのBs.から玉田さんの軽いタッチなのに芯のあるタムへ続くイントロなどこれまで聴いてきた中では絶品でした。美紗ポンのPf.もアタック感あって凄くROCKしてたし、山口さんとハモったアウトロのスキャットまで完璧でしたよ。6曲目はこれまで何度か聴いてきた1コーラスBs.のみで歌うヴァージョン。アウトロのPf.ソロが良かったね。
7~8曲目は共に古い曲で初めて聴いたけど、ややこのトリオにはフィットしていなかったかな。9曲目は去年のツアーでも演奏した曲で、今年はダイジェストながら第三楽章まで通しで演奏してくれました。去年聴いた第一楽章もかなりROCKなアレンジに変わってましたし、第二楽章は最初ブラシ使ったDr.などがワルツっぽくてJazzy、第三楽章は東欧風なリズムとPf.の絡みがプログレっぽかったね。あと第三楽章での山口さんのBs.、ヴァイオリンの領域まで踏み込んだようなバッキングには絶句しましたよ。

10曲目は3人がインプロ風に絡み合う展開からステージが暗転し、ステージ上の5本のトーチに火が付く演出。美紗ポンのテンションも上がったようで、魂こもったVo.を聴かせてくれました。ここから3曲はラストスパートって感じで、最近の作品から激し目の曲を並べてたね。これまで大好きだった12曲目なんですが、新作からの2曲にはさまれちゃうとやや見劣りがしてしまったね。それだけ新作の曲がこのトリオに合っていることなんだろうな。いや、特に11曲目の山口さんの5弦Bs.は重心低くて好きだわ。
アンコールで再登場のお三方はツアーTシャツに着替えてましたね。アンコールでの2曲はまた古めの曲でしたが、本編最後の演奏を聴いた後では『adore』以降入った私にはやや気が抜けてした感じもしたな。古くからのファンの人には嬉しいんでしょうが、最後に「CATCH」とかもう一発ドカンと聴きたかったね。1時間45分のステージもちょっと短かったし、やや悔い足りない感じでした。次はRIJFでまた会えると思うけど、今度はフェスだし思いっきりROCKな曲で攻めてくださいね。
Out

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2007.07.08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。