スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

RIJF その3

RIJFも最終日。RO編集長の朝礼で「日本で一番愛されているバンド」と紹介されて登場したのがチャトモでした。この「愛されている」はファンだけでなく、同じミュージシャンからと、編集長を含む業界人も含まれているニュアンスだったね。

チャットモンチー@LAKE STAGE

1. 女子たちに明日はない
2. 恋の煙
3. どなる、でんわ、どしゃぶり
4. シャングリラ
5. バスロマンス
6. 飛び魚のバタフライ
7. 世界が終わる夜に
8. ひとりだけ

チャトモのライブは4月のワンマン以来、久々でしたね。野音をパスしたの、今となってはちょっと後悔してます。SEもなくフツーに登場したお三方、えっちゃんは黄色のTeeに黒のライダー風ジャケットとジーンズ、クミコンは黒Teeに緑の袖なしパーカー、あっこは紫Teeに花柄の軽いロングスカートと三者三様な衣装。1曲目はライブでは既に聴いていたけど、まだ音源は入手していない曲でしたね。シングル曲なのでキャッチーですが、チャトモらしい捻りもある曲でスタートとなりました。後の公式ブログでえっちゃん自身が書いてましたが、えっちゃんは暑気あたりであまり記憶が無いほど調子が悪かったとか。ステージ上は50℃近かったらしいですね。それでも見ていた私にはそれを感じさせないステージだったと思います。アウトロのGt.ソロもカッコ良かったよ。
2曲目は定番曲で、フロントエリアもかなり揺れて来ました。それを見たえっちゃんも笑顔見せてましたっけ。あっこのフィルもセンス良かったし、クミコンのDr.もパワフルになって来ました。3曲目では時折目を閉じて歌うえっちゃんが印象的だったね。この歌の時は気持ちが入るみたい。最後のリフレインの部分はちょっと息が上がった感じだったけど、暑気あたりの影響だったのかも。4曲目ではそれまでのレスポからいつものテレキャスにスイッチ。クミコンのDr.がやや走りすぎてたかな。あっこがテンポ合わせ辛そうでした。5曲目は間奏でのGt.とBs.のハーモニーが面白かったね。二人で通りゃんせのようなステップを踏んでたり楽しそうだったわ。あっことクミコンはコーラスで、えっちゃんのスキャットに絡んだりと凝ってました。

6曲目はニューシングルですが、初めて聴いたかな。あっこの高速ビートとクミコンのポップなリズムが楽しかったよ。70年代っぽい雰囲気もあって、これまでのチャトモにはない感じで、また更に彼女達の音世界が広がって来たようです。そのポップな雰囲気そのままに間奏ではあっことえっちゃんが演奏しながらクルリと1回転してましたが、えっちゃんが音外してのはご愛嬌ということで。7曲目はそのC/Wですが、こちらは80年代風なバラードでしたね。えっちゃんはまたレスポに戻りました。この曲もコーラスワークとか凝ってて、間奏でのGt.ソロにあっことクミコンのコーラスが絡む展開は新鮮でした。
そしてラストは「チャットモンチーでは最もダークな曲です」とあっこが紹介してましたが、そう言われればそうかな。最近はポップな曲が多いけれど、私はチャトモ≒ダークというイメージが強かったのであまり意識はしてなかったかも。Vo.こそいつもの鬼気迫る感じは薄かったけど、相変わらず最初のGt.ソロから惹きつけられますね。あっこのフィルもかなり自在に入ってたし、何よりアウトロでの指弾きストロークが凄まじかったわ。前日見たナスノさんを彷彿とさせてくれましたよ。いや、いいエンディングでした。ステージを去る3人も満足そうな笑顔でしたね。こうやってセット見てみると、既に1stアルバム以降の曲がかなりの数占めるようになって来ました。そろそろ次のアルバムも視界に入って来るかな。期待して待ってます。

チャトモの後は絢香、途中からですがYOKING、OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND見ました。O.A.U.いいっすね。ケルトとロックの上質な融合、シビレるステージでした。その後食事してGRASS STAGEへ移動。途中からですがKEN YOKOYAMA見て、Coccoを1曲だけ聴いてLAKE STAGEへ戻りました。Coccoは1stだけ聴いていましたが、声がタイプじゃなかったのでそれ以降はご無沙汰してました。この日のCoccoは笑顔で歌ってたけど、笑顔と太陽の光が似合わない人かも。で、LAKEでフジファブリック半分ぐらい見たけど、前日のフルカワミキでもサポートしていた城戸さんのDr.が凄かったわ。スティック回しも見れたし、満足満足。

Salyu@LAKE STAGE

1. トビラ
2. 彗星
3. 故に
4. 夜の海 遠い出会いに
5. 風に乗る船
6. Tower

Salyuのステージは4月の渡和久さんとのジョイント以来ですね。サポートはツアー時のGt.名越由紀夫、Kb.SUNNY、Bs.キタダマキのいつものメンバーに加え、Dr.はあらきさんでなくGreat3の白根賢一だったかな。サポート陣の入場後しばらくして登場したSalyuの衣装はブルーグレイのジョーゼットがひらひらした膝丈ワンピに、コバルトブルーの鳥の羽根を並べたネイティブアメリカンのボンネットのような髪飾り。この髪飾りは中国南部の少数民族風でもありましたね。イアリングもコバルト色でそろえてましたっけ。インプロ風なイントロにSalyuのスキャットも加わって行く展開。最初やや声が出ていなかったのが残念だったけど、徐々に天井知らずのパフォーマンスを見せてくれました。SUNNYさんのOrg.もいいグルーヴでしたね。
2曲目のエレピのイントロもフリーハンド気味で入ったけど、シンセやコーラスは打ち込み使ってたかな。LAKE STAGEに吹く風も日中とは違い涼しさを感じたけど、その風にドレスのヒラヒラや髪飾りを揺らせながら歌うSalyuはサイレンのようでしたね。ただギリシャ神話と違うのは人々を惑わすのではなく、その声で聴くものを癒していたこと。いや、RIJF最終日終わり近くという肉体的に厳しい状況を少しの間忘れさせてくれましたよ。3曲目はツアーと同じくバンジョーは打ち込みでしたね。でもそれに絡む名越さんのGt.ソロのイントロはシビレたわ。キタダさんのフィルも次第に派手になって来たり、Salyuの歌声もツアーの時より自由さを感じました。この日のSalyuの歌ではこの曲がベストパフォーマンスだったと思います。

4曲目から名越さんはサンバーストのJazzMasterからナチュラルに白ピックガードのテレキャスにスイッチ。シンセは打ち込み立ったかな、SUNNYさんはエレピ引いてた感じです。Salyuの歌声もパワフルでソウルフルだったけど、やや荒さが目立ってしまったかな。5曲目はエレピとアコギによるイントロから入り、Bメロあたりまではエレピだけで歌ってたかな。その後マレットで叩くシンバルとアコギが加わり、サビからBs.とフルDr.が参加してましたね。テンポも原曲よりややスローで、Salyuの歌も優しい感じでしたよ。前の曲がパワーに偏ってしまったので、いい感じに戻って安心しました。ラスト1曲のコールがあって、ツアーでも印象に残っている「Tower」に突入。あの時と同じようにSalyuも名残を惜しむようにステージ左右に挨拶してましたね。バンドの演奏としてはこの曲がこの日は一番良かったな、白根さんのDr.もフィットしてました。最後はお約束のジャンプで締めて、Salyuは満面の笑みでステージを後にしました。
混雑を避けるため、私はここで帰路につきました。茨城の親戚の家に宿泊しながら通いましたが、楽しい3日間でしたね。初の野外フェスってことで日焼けなどに苦しみましたが、それもいい思い出となりました。とりあえず総括として、ベストステージは最後のSalyuでしょ。もうリリイ時代のことは意識の隅に追いやって、現状のヴォーカルスタイルに全面降伏しますよ。次点はカエラかな。ROCKさが増してシビレるステージで、ツアーがすごく楽しみになりました。メインターゲット以外ではスペアザが楽しかったよ。次はO.A.U.ですね。また来年も参加したいな。
<追記>
これで記事の加筆訂正は完了、長いことかかって申し訳ありませんでした。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2007.08.05 | コメント(2) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

takanobuさん、続けてコメントありがとうございます

チャットはえっちゃんが暑気あたりでやや元気がありませんでしたが、リズム隊は元気ありましたよ。えっちゃんの分も充分カバーしてましたね。
Salyuは冬のツアーから引き続いて絶好調!この3日間で最も印象に残ったステージだったな。このところ動きが伝わってこなかったので、ちょっと心配してましたが大丈夫ですね。

2007-08-10 金 22:46:14 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

チャットモンチー&Salyu!!!
どっちも見たかったです。
今年も他の仕事の関係でRIJFには行けませんでした…

2007-08-09 木 03:45:49 | URL | takanobu #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。