スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

dorlis@LA CITTADELLA

昨日ですが、お馴染みのLA CITTADELLAで行われたdorlisのフリーライブ2ndステージに参加してきました。いつものセットリストから行きます。

1. 24時間世界一周
2. 肌のすきま
3. マーブルの月
4. 市民プール
5. メンズキラー☆シスターズ
6. 磁石の肌

元々このイベントは先月予定されていたのですが、台風の接近で中止となり今回リベンジとして開催されたようです。で、ドリチンのライブは6月のレコ発パーティー以来で、9回目かな。今回は珍しく開始予定時間の17:00を20分近く遅れてサポート陣が入場。メンバーはいつものBs.芹沢薫樹、Gt.後藤郁夫、Vn.西田けんたろう、Dr.諸藤一平の他、ホーン隊が3名でした。最近恒例のdorlisコールで登場したドリチンの衣装は、レコ発パーティーでもチラッと見せてくれた「swingin' street 3」ジャケの紅白の浴衣でした。襷と下駄の鼻緒も赤で、帯は若草色、半衿に色とりどり鳥の羽根を付けてたのが今風でしたね。髪はロングヘアをまとめ、右側に垂らしてましたっけ。
先ず1曲目はドリチンの代表曲からで、昨日はドリチンもYAMAHAのセミアコでスタートでした。間奏でのVn.ソロからT.Sx.ソロの流れなど、手馴れた感じで盛り上げていきましたね。観客も後藤さんに煽られる前から手拍子するなど最初からヒートしてました。2曲目はドリチンのウイスパー気味のVo.に絡む後藤さんのバッキング、いつものようにクールでしたね。まだ暑い屋外でも背筋がヒヤッとする感じだったわ。でもアウトロではドリチン、後藤さん、西田さんと3人で踊るとか楽しそうでしたよ。

3曲目は珍しくGut Gt.での弾き語り。パーカッシブなストロークとかラテンな雰囲気満点でした。アウトロでのスキャットもカッコ良かったよ。4曲目も引き続き弾き語りメインで始まり、S.Sx.のバッキングが入り、最後にバンドが参加する展開。本来は「市民プールとスケートリンク」という曲ですが、夏バージョンと言うことで後半のスケートリンクの詞は歌われませんでした。最初に聴いた時はまだこのバージョンだった記憶があります。間奏でのS.Sx.ソロも片思いの切なさを思わせて沁みましたよ。
5曲目でようやく最新アルバムから来ましたね。大西ユカリ姉さんとのデュエット曲を一人で歌ってくれました。芹沢さんのうねるW.Bs.のイントロから雰囲気たっぷりで、間奏でもW.Bs.ソロやTp.がブロウするソロもシビレましたわ。大サビでは西田さんのVn.をバックに凄味のある歌声を聴かせてくれたドリチン、カッコ良かったなー。で、ラストは定番の「磁石の肌」。ラテンなホーンとアフロなDr.のみのイントロから盛り上がります。ドリチンのサンバホィッスルを合図にバンドも参加し、そりゃあもう大盛り上がり。ダブ入ったTp.のソロもラテン風味たっぷりでした。35分と短いながらもいつもに増して熱いステージだったかな。秋のツアーが更に楽しみになったね。
Swingin’Street3

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2007.08.16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。