スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

土屋アンナ@AX

昨日ですが、SHIBUYA-AXで行われた土屋アンナの「LIVE 2007 SUMMER」に参加してきました。不明曲があり、おまけにかなりアヤシイですが、セットリストから。

1. scream
2. Taste My Skin
3. Lovin' you
4. ?
5. Somebody Help Me
6. ?
7. BUBBLE TRIP
8. sweet sweet song
9. LUCY
10. True Colors
11. Interlude
12. Change your life
13. knock down
14. Take me out
15. Ah Ah
16. ZERO
17. SLAP THAT NAUGHTY BODY
<アンコール>
18. 黒い涙
<ダブルアンコール>
19. rose
20. ANARCHY IN THE UK

アンさんのライブは昨年末のSTUDIO COAST以来の3回目、お久しぶりでした。開演時間の18:30にGt.の峰さんと思われる外国人風イントネーションのハイテンションな諸注意のアナウンスに場内爆笑。それから10分ほど回って客電が落ち、プロジェクターでステージ前のスクリーンに昨年より派手になった薔薇と髑髏、お馴染みの「SING OR DIE」のロゴが映し出されたっけ。続いて白黒のアンさんのヴィデオが流れたけど、これはEDWINのCMでしたね。そういえば昨日は入場時にタオルマフラーを全員に配ってたけど、EDWINさんありがとうございました。
ヴィデオが終わりしばらくSEが流れて、スクリーンにアンさんのシルエットが映し出され、いよいよライブのスタート。曲が始まると同時にスクリーンが落ちて、アンさんのお姿が見えました。最初の衣装はタイトな黒いレースの膝丈ワンピで、足元は同じく黒のサンダルだったかな。髪はプラチナブロンドで、アクセはシルバーのネックレスやブレス少しと控え目。レースのワンピは白い肌が透けて、超セクシーでしたよ。サポートは不動のアンさんバンド、Bs.JU-KEN、Dr.牟田昌広、Gt.峰正典と遠藤一馬。ステージ後方のマニュピレータ席にNECO-PUNCHさんも初めて顔を見せてくれてたね。

1曲目から峰さんがステージ前に出てフロア煽ったり、JU-KENと絡んだりと端から乗ってました。JU-KENは最初ドレッドヘアにサングラスで決めてたけど、踊り過ぎで3曲目ぐらいにサングラスはどっかに吹っ飛んでましたっけ。2曲目は大好きな曲で私もテンション上がってきました。遠藤さんのGt.ソロも美しかったよ。3曲目はイントロのダークなストリングス打ち込みが流れる中、アンさんから「盛り上がっていくぞ!」との短いMC。観客も間髪入れず「オウ!」と応えてました。4曲目は多分新曲かな。この曲では乱舞する緑色のバリライトがレーザーみたいでカッコ良かったし、アウトロでの峰さんのGt.ソロはディストーションが効いてハードだったね。
前の曲からシンセでブリッジして5曲目に突入。イントロでの「Somebody help me」とボソッと歌うのは、切なげでぐっと来るなー。サビでシャウトしまくるとことの対比がドラマチックになるんだよね。打ち込みのパイプオルガンも下っ腹にビリビリ来ましたよ。ここで初めての長いMC。フロアに水を4本ほど投げ入れるサービスもあって、更に観客もヒートアップして来ました。6曲目は曲名が分かんなかったけど、アナログシンセ風な打ち込みとか、JU-KENがクルクル回りながら遠藤さんと絡んだりと面白かったよ。

7曲目はニューシングルで、この曲が始まるとステージ左右と2階席からもシャボン玉が吹き出て、ファンシーな雰囲気に。アンさんも手拍子を要求して、それまでのヘヴィな雰囲気を変えようとしてたかな。8曲目はそのC/Wでこちらもややポップな曲でしたね。この曲あたりからアンさんの声もハスキーさを増してきて、かなりイイ感じになってたよ。ここでアンさんは一旦袖に下がり、峰さんから遠藤さんへと続く長いGt.ソロの連発。再登場のアンさんは白にたくさんの唇のプリントが入ったタンクトップと、ダメージジーンズにドレスチェンジ。9曲目はまたハードな曲になり、ステージ後方のスクリーンにリアルタイムの映像も大きく映し出されました。
ここでまた長目のMCが入り、フロアからの「水くれ!」のリクエストに。またアンさんが7~8本のペットボトルをプレゼントしてたっけ。10曲目はアンさんが必死で練習してきたというアコギに挑戦。最初のイントロのアルペジオでミスってやり直してたけど、アウトロのアルペジオはしっかり決めてくるのが度胸のいいアンさんならではですね。遠藤さんもアコギ、JU-KENもセミアコタイプのBs.を弾いてました。峰さんのコーラスもアンさんと絡んで美しかったし、間奏でのE.Gt.ソロはブルージーでした。

ここでまたアンさんは袖に下がり、「Interlude」を長めに演奏。JU-KENが前に出てきてハンドマイクでCall & responseの練習もありました。再々登場のアンさんは赤いギンガムチェックの超ミニワンピに、白いペチコートと黒のシフォンのミニスカートを重ね着。黒のベルトに付けられた銀の手錠がROCKしてたわ。そのまま12曲目に雪崩れ込み、曲の途中でステージ左右からメタルテープが飛び出す特効もあり、かなり盛り上がりましたよ。13曲目の前にはアンさんから「TOKYO!!」との煽りも入り、曲でもハスキーなシャウト全開でした。前に出てきたJU-KENにもたれかかりながら歌うとか、しぐさもカッコ良いの一言。14曲目の間奏で遠藤さんのGt.ソロに、さりげなく「Com'n」と入れた合いの手もセンス良過ぎだよ。
15曲目はちょっと曲名に自信が無い。かなり踊ってたんで、間違ってたらすみません。この曲が始まるところでステージの上から柱に鎖が絡まった大道具も降りてきました。16曲目はイントロが終わり、歌が始まるとこでその柱から花火も飛び出す効果があり、ちょっとビックリ。間奏では峰さん、JU-KEN、遠藤さんがそろって前に出てきて、アンさんはドラム台に登ってフロアを煽りまくり。「ラスト!」と一声入って、17曲目はCall & responseの嵐で激しく締めてくれました。

昨日一番の曲はアンコール一発目の「黒い涙」かな。アンさんのハスキーな声で切々と歌われるROCK A BALLADは反則だよね。曲の途中からミラーボールに真紅のバリライトが当たり、雰囲気も最高でした。最初のアンコールでは赤のミニワンピのままでしたが、ダブルアンコールではサポート陣含めグッヅのTeeで登場。アンさんやJU-KENはDOCOMOから提供のドコモダケストラップをフロアに撒いてたよ。そこでフロアから「アナコンダ!」の声が飛ぶと、「アンナだよ」と不機嫌そうに返して笑いを誘ってましたっけ。19曲目はアンさんかなりフェイクも入れて、絶好調。20曲目は牟田さんを除く3名のコーラスも効いてたし、アンさんもステージを走り回ってまだまだ元気ありました。
全員がステージを後にするとまた峰さんの巻き舌ナレーションをバックにメンバー紹介のスライドが映し出されたけど、タバコを2本鼻に突っ込んだアンさんの写真にまたフロアは大爆笑。ステージは2時間弱だったけど、踊りっぱ最後はかなり跳ねたので疲れました。いや、楽しいライブでしたね。既に年末のライブもAXで決まっているようなので、是非それも参加したいな。
黒い涙(DVD付)

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2007.09.02 | コメント(2) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

xYUKIxさん、ドレッドって言っても

長めなレゲエ風でなく、ツンツン立った感じの太っいドレッドでしたよ。あのJU-KEN名物の顎鬚が頭全体に生えた感じ(笑
アンさんのライブも楽しいっすよ、タイミングがあえば是非参加してみてください。

2007-09-04 火 00:07:00 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

ドレッド!?

ブログやめてから活動状況&風貌が全くわからなかったんでビックリしました(笑>¥19
アンナちゃんのライブも見に行きたいなと思ってるんですけど、中々タイミングがあわなくて…
年末こそは!!!

2007-09-03 月 09:25:53 | URL | xYUKIx #WO.8kER. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。