スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

SOLT@LA CITTADELLA

昨日ですが、お馴染みのLA CITTADELLAで行われたSOLTのフリーライブ、2ndステージに参加してきました。先ずはセットリストです。

1. 春はすぐそばに
2. 切符
3. 花束
4. 声をなくして
5. 帰り道
6. ありがとう
<アンコール>
7. 新しい童話
<ダブルアンコール>
8. 君の傘

SOLTのステージは同じく2月のここでのフリーライブ以来と、久々な6回目ですか。最近定期的に行われている新宿SACT!でのワンマンにはまだ参加できてないんですよね。ほとんど平日だし、電話予約だけなので取りにくいんだよな。今回は9/7にリリースされたアコースティックミニアルバム『STRANGE LAND』の発売を記念したライブとして、新宿に次ぐ第二のホームであるCITTAで開催してくれて嬉しかったわ。
15:30の開演時間を2分ほど過ぎてSOLTの3人が噴水広場に登場。そういえばTakeoさんが加入してからは最初のライブとなりますか。Takaさんの脱退はショックだったけど、昨日のステージを見るとHiromiも明るくて安心しました。そのHiromiの衣装は黒のプリント入った白いTシャツに、七分丈のジーンズ。足元は栗色のブーツで、髪はブラウンのショート。2月よりすこしスリムになってたかな。

1曲目はアカペラに近いミニマムなアコギのみの伴奏で入り、サビあたりからジャンベとジャズベが参加する展開。Hiromiも2ndステージと言うこともあってか、最初からハスキーでシビレるVo.を聴かせてくれました。間奏やアウトロでのスキャットもいい感じでグルーヴしてましたよ。2曲目はTakeoさんがカホンに移り、サビでのOshimaさんとの二人でのコーラスも美しいハーモニーを聴かせてくれました。間奏でのGt.ソロはBluesyで、この曲のポジティヴになりたいんだけど揺れる感情を上手く表現してたな。
3曲目からは新譜から三連発。「花束」は間奏でのアコギがややラテン風でしたが、Bs.は南部っぽい感じだったかな。歌詞とかは昔のSOLTに戻ったマイナー調でしたよ。4曲目は『新芽』にも収録されていた曲ですが、間奏でのTakeoさんのエモーショナルなピアニカのソロが光ってました。5曲目はアウトロでの男性陣のコーラスをバックにしたHiromiのスキャットが伸びが素晴らしかったわ。本編ラストもHiromiのハスキーなVo.にシビレたよ。特にアウトロでのシャウトには鳥肌立ちましたね。

アンコールっていっても退場する前にHiromiから「もう一曲歌っていいですか?」と、自己申告でしたね。拍手が起きると「じゃ、ノリのいい曲で新しい童話にしましょう」と歌い始めました。Takeoさんのカホンも切れが良く、Hiromiもシャウト連発でスゲー盛り上がりました。こうなると更にHiromiの自己申告アンコールは続き、PAさんを拝み倒してまた新譜からバラードの「君の傘」でしっとりと締めてくれました。
10月にはCLUB CITTA'で対バンですがバンド形式でのライブがあるそうなので、Takeoさんがどう絡んでくるのか見てみたいですね。アコースティックも良いんですが、やっぱSOLTはバンドの方が楽しいと思うんだよな。
STRANGE LAND

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2007.09.10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。