スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

EGO-WRAPPIN'@The Garden Hall

昨日ですが、恵比寿のThe Garden Hallで行われた「ハダギネ 2007」というイベントに参加してきました。エゴラ中心で申し訳ありませんがレポしますね。

スカンク兄弟

開場が少し遅れ、1時間ほどのDJタイムが終わると最初のライブステージが始まりました。スカンク兄弟はまるっきり初めて聴いたバンドでしたが、clammbonの原田郁子が参加していましたね。調べてみると今年のFuji Rockにもスカンク兄弟with原田郁子で出ていたり、スカンク兄弟のレコ発にも帯同していたとか。郁子さんは出ずっぱりで全曲でエレピを弾いて、コーラスもしていたっけ。リード歌っている曲もいくつかあったかな。おまけに細野晴臣トリビュートに高野寛さんとコラボで提供した「終りの季節」をフルで歌ってくれたりもしました。いや、clammbonのステージで見る郁子さんとは違って、MCのギャグに笑い転げたりとか楽しそうでしたね。

cutman-booche

二つ目のライブは大阪から参加の3ピースバンド。このバンドも音源含め初めて聴きました。夏頃にflex lifeとの対バンがありスルーしてしまったけど、このステージを見ていたら参加していたかも。結構シビレるブルーズを聴かせてくれましたね。里枝ンヌのブルーズフィーリングに近いものを持ってますよ。それより何より根性ありますわ。かなりアウェーな雰囲気でしたが、とにかくフロアを少しでも揺らして帰ろうという気概が見えたのが嬉しかった。最後にはそれが観客にも伝わったようで、大きな歓声を背中にステージを去っていったのがカッコ良かったな。

SPECIAL OTHERS

スペアザのステージを見るのはRIJF以来で、3回目ですね。その時とほぼ同じような選曲でしたが、曲数は少し増えてたかな。今回も気持ち良く踊らさせていただきましたよ。で、踊りながら『スペアザは何故に楽しいのか』を考えていたんですけど、以下の3点ではないかと自分なりに落ち着きました。
1. ルーツなリズム
2. 心地よいリフ
3. 歪んだエレピ
リズム隊は単純だけど源流のアフリカから、ややラテンの洗練も汲んだカリブあたりのリズムをキッチリ演奏し、和風含め色々な要素が混じったひたすら心地よいリフを高揚感高めつつ繰り返しているのが肝かな。サウンドではフルアコGt.が素直なのに対し、エレピをかなり歪ませているのが普通とは逆で面白い。今後もチャンスがあれば見たいバンドですね。

EGO-WRAPPIN'

1. ?
2. カサヴェテス
3. Nervous Breakdown
4. ?
5. Sundance
6. A LOVE SONG
7. PARANOIA
8. サイコアナルシス
9. Mother Ship

エゴラのステージは昨年末のNHKホール以来、9回目かな。各ステージの前に凝ったジングルビデオがプロジェクターで映写されたのですが、エゴラではその後にラウドなROCKのSEが流れました。その中、森さんを先頭に楽器隊が先ず入場。サポートはTp.川崎太一郎、Sx.武嶋聡、Kb.幡谷哲也、Bs.真船勝博、Dr.末房央の5名だったみたい。川崎さんを除き昔のメンバーに戻っていてちょっと驚きましたね。しばらくしてよっちゃんも登場。昨日の衣装は白いコットンのシャツみたいなデザインのワンピだったかな。髪は黒のボブにシルバーのメッシュ。
先ず1曲目は英語の曲でもしかしたら新曲かもしれないけど、多分カバーかな。結構激しい曲で最初からよっちゃんはフロアを煽ってましたね。いきなりシャウトもかましてたし、武嶋さんもかなりブロウしてたよ。2曲目は最近の定番曲で来ました。例の赤ランプも点灯し、よっちゃん自身にもスイッチが入りましたよ。ランプを首から掛けて歌う姿は鬼気迫るものありました。3曲目で定番中の定番曲と飛ばして来ましたわ。アレンジはちょっと変わってややスローなテンポで、以前のようにかなり崩して歌っていたかな。間奏のSx.ソロによっちゃんもスキャットで絡むとかノってきました。

いつものようにユル目な短いMCが入り、4曲目は新曲です。ホーン隊のアンサンブルのイントロから入ったけど、結構ROCKな曲でしたね。森さんの切れまくるカッティングと幡谷さんのチェレスタ風なシンセがバッキングしているのが面白かった。ドラマチックな展開の長編で、早く音源で聴いてみたいな。ここでホーン隊は一旦袖に下がり、『ON THE ROCKS!』からのアッパーチューン。よっちゃんはタンバリンを叩き、手拍子を要求。フロアも即座に応えてましたね。昨年多用していたエフェクター効かせたマイクも出て、声をサンプリングしてループさせたりとパワーアップしてましたよ。ただ、この曲の幡谷さんのシンセはエマーソンほどノリが良くなかったかも。
またホーン二人が戻り、そのハーモニーで6曲目のイントロが流れると大歓声。ここでの幡谷さんのエレピのリフは森さんのカッティングにフィットしていて流石。よっちゃんもフェイク多目だけど、あまり崩さずに歌ってくれて嬉しかったし、間奏での川崎さんのディレイの効いたTp.ソロもシビレたよ。アウトロでのホーン隊のスカ全開な絡みも楽し過ぎ。ここで今後のライブ予定などの告知MCがあり、怒涛のアゲアゲ展開へ突入。7曲目ではNHKホールで復活した「転がるピアノが聴きたいかっ!」コールも飛び出し、間奏での幡谷さんのPf.ソロから武嶋さんのS.Sx.ソロへ続く展開は何度聴いても上がりますわ。

8曲目は川崎さんのTp.ソロから森さんのGt.が絡むイントロから、フロアは大騒ぎ。やや後方で見ていたのですが、フロアがうねるうねる。よっちゃんもそれを見てニヤリと笑ってたみたい。そうなるとシャウトも天井知らずとなりますね。いや、凄いの一言です。メドレーで雪崩れ込んだラストもフロアの勢いはそのまま。私も森さんのカッティングに身を委ねて、ちょっと跳ねてしまいました。間奏での幡谷さんのPf.ソロはエマーソンよりキレがあって良かったね。終わってみればあっと言う間の1時間だったね。このバンドでの一体感もあったし、11月のワンマンも楽しみ。

SOIL & "PIMP" SESSIONS

SOILのライブは昨年のCDJ以来で、こちらも3回目かな。久々に見るSOILはかなり進化していましたね。社長がミニKb.弾いたりとかもあったけど、一番良くなったのはホーン2本のアンサンブル。昨年はブロウしている時はスゲーと思ったけど、それ以外はやや退屈に感じることもあったんだよね。でも、昨日はほとんどそんなことは無かったな。静かなパートでのホーンと丈青さんの絡みとかも楽しかった。フロアはエゴラの時よりやや大人しかったけど、社長の煽りが入ると即座に盛り上がっているのが素直で、見ていて微笑ましかったよ。時間が大分遅くなっていたので人数が少なくなってしまったのが残念だったかも。長丁場なイベントでしたが、最後まで堪能させていただきました。7時間半ほとんど立ちっ放し、って言うか踊りっぱだったので夜中に2度も足がつったのは歳のせいでは無いですよね。

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2007.10.01 | コメント(2) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

すえぞ。さん、キネマもあるかも

昨年もNHKホールの後に強行日程でもキネマ倶楽部でのライブをやってくれたので、チャンスはありそう。
私は昨年NHKホールで満足してしまい、キネマをスルーしてしまったけど、今年は参戦したいな。

2007-10-02 火 20:51:16 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

うひゃー

11月にワンマンですかぁ…11日スペシャ列伝、12日民生vs.カエラvs.B-DASHと、3連戦になってしまうので断念いたします…12日は行けるかどうか怪しいですが(笑)今年はEGOは見れないですね。来年あたりアルバム出しそうなので、来年こそは!!

あー、足がつったのはやはり…(笑)いや、俺も人のこと言えない年齢ですね( ̄- ̄;でも、7月に7時間耐久ろけんろ~祭りに耐え抜いたので、まだまだっ!?…本気で体が動かなくなって、トリのバースデイで泣く泣くサイドに逃げたのはナイショです(爆)

2007-10-02 火 01:49:10 | URL | すえぞ。 #QKSAZD.k [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。