スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

MIPO☆MACKY / 山田晋吾とマキノリョータ@千石空房

既に一昨日になってしまいましたがこのブログでもお馴染みのつっつさんのお誘いで、文京区は千石のArtist Space千石空房で行われたイベントに参加してきました。共に初のライブ、そして音源も持っていなかったのですが、My Spaceで試聴してライブに臨みましたよ。

MIPO☆MACKY

MIPO☆MACKYはコンサーティナ/Acrd.の遠松美歩さんとGt.マッキーさんお二人によるユニットで、山マキさんと同じく美大出身のコンビですね。美歩さんはモノタイプを中心に銅版画を、マッキーさんは日本画を専門としているとか。Stonesを始め美大出身のミュージシャンは多いな。ユーミンも日本画専攻だったし、最近話題のOGRE YOU ASSHOLEも中部地方の美大で結成されたんだっけ。会場の千石空房さんは築80年の長屋で駄菓子屋兼アートスペースとして営業しているお店で、ライブは土間(現在は板張り)で行い、お客さんは畳の日本間で聴くと言うスタイルでした。
開演の20分ほど前に会場に着くとマッキーさんと晋吾さんお二人のアコギによるジャムが始まっていました。マッキーさんがGut Gt.で、晋吾さんがA.Gt.弾いてたけど、晋吾さん左利きだったんですね。でも、弦は右利き用に張ってあって、よくあれで弾けますな。コード押さえる指も普通とは反対だし、ストロークも下から上がほとんどでした。最初は静かなB.G.M.風だった演奏ですが、徐々に熱を帯びてきて最後の方はディープなインタープレイの応酬になってたかな。いや、この前菜だけでもかなりお腹一杯になりました。

ステージが始まると美歩さんはコンサーティナからスタート。コンサーティナは初めて聴いたと思うけど、八角形の小型のボタン式アコーディオンで、タンゴで使われるバンドネオンのようでした。なつかしい響きで、会場の長屋にフィットしてたかも。途中で普通のアコーディオンも弾かれていましたが、ケルトだけでなくミュゼットやボッサなどの私の守備範囲内の曲を多く演奏してくれました。途中マッキーさんのソロコーナーでは「カレーのブルーズ」とかフォーキーな曲も交え、最後は山マキさんとの「ワルツ1」をセッション。
最初のマッキーさんと晋吾さんのジャムでシビレたけど、美歩さんのコンサーティナとマキノさんのVn.が加わるとクラクラ来るような高揚感ありましたね。普段はウィンナーワルツか、Jazzのワルツぐらいしか縁がないけど、民族舞踊での伴奏に近いリアルに踊るための音楽って感じ。聴いているだけで心臓がバクバクしてきたわ。

山田晋吾とマキノリョータ

山マキさんは既に大分プロフィールを書いてしまったけど、Vn./Vo.マキノリョータさんと、Gt./ブズーキの山田晋吾さんのユニット。この日、ブズーキは登場しませんでしたが、低域8本のみ張った12弦Gt.を代わりに弾いてたようです。ライブ後の打ち上げでもマッキーさんと晋吾さんのアコギ共演があったのですが、そこでのお話からするとアコギも8本のみの12弦Gt.共に変調チューニングされているようで、ブズーキの調弦に近いのかななんて想像しています。
PAはあったのですが、私は比較的前の方にいたのでSP(往年の名機NS-1000M!)は完全に後でほとんど生音を聴いていた感じ。Vn.の生音は倍音がキレイでしたね。マキノさんの弾き方はユルイ感じで、フィドルやロマっぽかったかな。12弦Gt.の高域4本削ったのもVn.の領域と重ならない配慮があってのことかも。1stアルバムに収められている「カラス」の面白いエピソードなど訥々としたMCをはさみながら、最後はMy Spaceでも聴いていた「パンの歌」と「デカダンス」で締め。

ライブも楽しかったのですが、一番盛り上がったのが「パンの歌」の後で行われた晋吾さんの断髭式。今週から食品会社で働くことになったらしいのですが、髭が禁止でこのライブで髭を剃ってしまおうというイベント。ライブの参加者ほとんどが晋吾さんの髭に鋏を入れ、最後は晋吾さん持参の剃刀でキレイにして「デカダンス」に雪崩れ込みましたっけ。いや、「デカダンス」は生だと凄い酩酊感ありますね。東欧的でもあり、どこか和風な雰囲気もあり、山マキならではの名曲ですよ。
ライブ後はそのまま会場での打ち上げにも参加させていただきました。マキノさんと「パンの歌」について話していてルネッサンス期の古楽に話が及んだり、前述したマッキーさんと晋吾さんのアコギ共演もたっぷり聴けました。実は共演と言うよりは晋吾さんからマッキーへの変調チューニングに関するレクチャーのようでしたが、話がディープ過ぎてほとんど理解できなかった。でも、晋吾さんの演奏は凄かったね。開放でベースラインだけ弾いてたかと思うと、鋭い指捌きでリフを刻んだり見ているだけでも鳥肌モノ。音は更に上でトカゲ肌(?)クラスでしたね。いや、良いものを聴かせて頂きました。また機会があれば参加させていただきます。

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2007.10.16 | コメント(3) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

普段はアイリッシュブズーキを使っているのですが
そのブズーキが壊れたとのことであのチューニングにされたそうですよ

2007-10-17 水 18:05:33 | URL | つっつ #HHwP0Xsw [ 編集 ]

つっつさん、お誘いいただき

ありがとうございました。とても楽しい時間となりましたよ。山マキさんだけでなく、MIPO☆MACKYさんの演奏も沁みましたね。またこのようなイベントがありましたらよろしくお願いします。

>>ブズーキの調弦に近いのかななんて想像
>そうみたいです。前日のヴィオロンで~
やはりそうでしたか、ベースラインからリフへ自然に移行するとこなどブズーキっぽい感じでしたから。

2007-10-17 水 00:04:28 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

お疲れさまでした☆

mikeさん、先日は千石空房にお越し下さってありがとうございます!

こんなにビッシリレポ書いてくださって、二組とも喜びますよ☆
mikeさんのレポ読んでいると勉強になります

>ブズーキの調弦に近いのかななんて想像
そうみたいです。前日のヴィオロンで話されていました

生「デカダンス」聴いてもらえて嬉しいです!

ギターの詳しいことはよくわからないのですが
アイリッシュライブの方でシンゴさんのギターに反応して
マイミクになってもらってよかったです!
これがきっかけで山マキさんに出会ったのです!

また機会があれば声掛けさせてもらいますね!(^o^)

2007-10-16 火 22:54:07 | URL | つっつ #HHwP0Xsw [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。