スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

dorlis@duo

昨日、渋谷のduo MUSIC EXCHANGEで行われたdorlisの「LIVE TOUR 2007 ~swingin' street 3~」に参加してきました。お約束のセットリストから。

1. HAPPY RAINBOW
2. 肌のすきま
3. 赤い地球、青い月
4. ラブ◎○△▲ダービー
5. 月ドロボウ
6. 太陽のスキャット
<ドレスチェンジ>
7. マリポーサ
8. かさぶた
9. 市民プールとスケートリンク
10. ひとりごとみたいにアイシテタ
11. 季節を知らない子供たち
12. マーブルの月
13. パッションロックのあいつ
<アンコール>
14. 磁石の肌
15. メンズキラー☆シスターズ
16 .24時間世界一周

ドリチンのステージは8月のフリーライブ以来で、とうとう10回目となりますか。開演時間の18:00少し前に会場に到着すると既に椅子席は満席で、立ち見となってしまいました。paris matchの杉山洋介さんのDJも始まっていたのですが、最後の方でアン・ルイスの「恋のブギウギトレイン(英語ヴァージョン)」とparis matchの「Never Stop(Remix)」を連続でプレイしていたのに感激。「ブギウギトレイン」は吉田美奈子作詞、山下達郎作曲の名曲で学生時代それこそすり切れるほど聴いた曲だったし、その後ROCKに傾倒したアン・ルイスもかなり追いかけていたんですよ。そして「Never Stop」は6月のリリースパーティでも洋介さんがプレイしてたけど、お気に入りなんですね。この2曲に思わぬ相似点を見つけたり、楽しいDJタイムでした。
開演時間を15分ほど押してDJもフェイドアウトし客電が落ち、先ずDr.だけが入場。Dr.ソロから観客の手拍子との掛け合いもあり、雰囲気が高まって来ました。その手拍子の中、Tb.、Tp.、Sx./Fl.3名のホーン隊、続いてE.Gt.、W.Bs.、Vn.がフロアを煽りながら登場。一斉に椅子席の人たちも立ち上がり、オールスタンディングとなりました。6月とガラッとメンバーが変わっていたけど、皆さん若手でしたがプレイは熱かったな。最後に手拍子で迎えられたドリチンは『Swingin' Party 2』のジャケに登場するバラをモチーフとしたトップとジーンズ、膝上までの黒のロングブーツという衣装。髪はブラウンのボブでした。

ドリチンはドリ兵衛(YAMAHAのセミアコ)を担ぎ、1曲目に突入。思わぬ曲で幕開けとなりましたが、端からスキャットとGt.の掛け合いなどもあり、盛り上がったスタートだったね。2曲目はドラマ主題歌ともなった知名度の高い曲ですが、最近のライブどおりブラスのアンサンブルが楽しいビッグバンド風アレンジでした。アフロヘアが目立っていたオーさんの熱いGt.ソロもカッコ良かった。3曲目は『Swingin' Party』からで、ホーン隊がいるライブでは演奏される確立が結構高い曲かも。きらびやかなホーンとややハスキーなドリチンの声もフィットしてましたよ。
4曲目はスペシャルゲスト、ミズノマリ(from paris match)の登場。マリさんの衣装は先日のobiと同じこげ茶に白の花模様のワンピと黒の長袖インナーの組み合わせ。オールスタンディングとなってしまったので、足元は確認できませんでした。髪は明るいブラウンのボブで、MCでドリチンが「おかっぱシスターズで~す」とネタにしてましたっけ。二人の掛け合いによるMCも楽しそうでしたね。ドリチンはスツールに座りドリ太郎(オベイション)にスイッチ。6月と同じくCDでは野宮真貴とのデュエットだった曲をマリさんと歌ってくれました。事前にマリさんのブログで飛び入りの告知はあったのですが、またまたマリさんとの共演が見れて感激!

5曲目は曲前に「パヤ・パー、パヤ・パッパー」の練習をしましたが、ドリチンのスパルタ教師キャラが楽し過ぎ。本番後に「センセー、感動した」という締めにも会場から爆笑がおきてました。7曲目ではリリパでも登場した日比谷花壇の渡邉さんの生フラワーアレンジメントが再現。Gt.やマイクスタンドのコサージュも渡邉さんの手作りだったそうで、ドリチンも感謝してましたね。この曲が終わるとドリチンは一旦袖に下がり、インスト曲が演奏されました。ミュートTp.がフィーチャーされた曲で、Vn.からTb.とFl.、Bs.そしてDr.とメンバーが消えて行き、しばらくTp.とGt.のデュオとなり、最後はTp.だけが演奏するという演出が凝ってました。
そのTp.と入れ替わりにドリチンが一人で再登場。衣装は昨年Le FRONTで見た『市民プールとスケートリンク』のジャケを思わせる別珍風なロングドレス。スツールに座りのデコレイトがされたGut Gt.で、「マリポーサ」(スペイン語で蝶)のスペイン語ヴァージョンを弾き語り。この曲でスペインでもCDがリリースされるとか。軽くゴルペ入れたり、スパニッシュなGt.も決まってました。ここでGt.のみがステージに戻り、ドリチンもドリ太郎に持ち替えてGt.2本のみで8曲目。ドリ太郎でベースラインを弾いてましたがその4ビートがクールだったし、ドリチンのヴォーカルもこの日一番の出来だったと思います。

9曲目はGt.がまた下がり、Vn.のニューマンさん(日本人ですが)のみが入場。1コーラス目をドリ太郎とVn.のみで切々と歌い、その間に静々とステージに現れたホーン隊以外のメンバーが間奏から参加し、最後ドラマチックに盛り上げる展開にシビレました。10曲目はドリチンもまたドリ兵衛を担ぎ、ブラシで叩かれるDr.と重心の低いW.Bs.の4ビートが心地よかったね。間奏でのVn.とGt.の絡み、アウトロではその二人にドリチンもスキャットで応じるという展開もスリリングだったわ。11曲目はVn.が下がり、ホーン隊が再登場。スカなリズムとホーンのマリッジがサイコー。ダブ入ったDr.も効いてたよ。
12曲目はVn.が戻り、ホーン隊はお休み。お休みって言っても手拍子で参加してましたけどね。曲の途中でホーン以外のメンバー紹介と各ソロもあって盛り上がりましたよ。13曲目では代わってホーンが大活躍。間奏でのT.Sx.ソロ、アウトロでの3人のソロでは皆さんブロウしまくってたな。そのアウトロの最中にドリチンはドリ兵衛を下ろし、ステージ左右でお辞儀をしてステージを去りました。インプロ前回なアウトロも大騒ぎで終わり、大歓声の中、サポート陣もステージを降りて本編はちょっとあっけなく終わってしまったね。

アンコールの拍手がしばらく続いていると、遠くからスルドの音がしてきました。最初はBGMかなとも思っていたんですが、2年前のワンマンと同じサプライズだったんですね。サンバホイッスルを吹くドリチンを先頭に打楽器とブラスを演奏しながら全員が会場内を練り歩き、ドリチンは所々でプレゼントを投げてました。このブログでもお馴染みのエスパーさんがそれを受け取ったのですが、中身は渡邉さんの作ったコサージュだったようです。ドリチン含めメンバー全員ツアーTシャツに着替えていましたね。
サンバのリズムそのままにアンコール1曲目に雪崩れ込みました。ここではお約束の会場一体となったワイパーアクションも出て、更にヒートアップ。15曲目はやはり大西ユカリ姉さんがいないとやや薄味になってしまったね。まあ、ソロヴァージョンも慣れて来ましたけど、ドリチンにももう少し唸って欲しいかな。で、オーラスはこの曲しかない「24時間世界一周」。ドリチンも汗まみれ、少し息が上がったみたいで、何度か歌詞が飛んだのはしょうがないですね。いや、2時間弱のステージ、ご苦労さまでした。この後、ダブルアンコールもあったのですが、曲の用意が無かったみたいで、マリさんや渡邉さん含め全員が登場してのカーテンコールでステージを終わりました。6月のリリパの拡張版みたいな演出だったけど、演奏はツアーファイナルということもあって一体感ありました。来年も是非ツアーしてくださいね。
Swingin’Street3

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2007.10.21 | コメント(0) | トラックバック(1) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mikbox.blog5.fc2.com/tb.php/477-0584d328
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【レポ】dorlis TOUR 2007

ツアーファイナルなので、ネタバレで行きます。 (後半のセットリストは自信ないけど) 会場入りすると、DJブースにはすでにParisMachの杉山洋介さんが音を提供してくれていた。 俺は、ヱビスビールを呑みながら音に身を委ねた。 会場のドリンクには、dorlisスペシャルドリ

2007.10.21 14:55 | ウゴウゴエーガ!&ケイケイライブ!

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。