スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

LOVES.@UNIT

日付は変わって昨日になりますが、代官山のUNITで行われたLOVES.主催の「POP UP loves.」というイベントに参加してきました。不明曲があり申し訳ありませんが、セットリストから。

1. sky
2. I want you
3. Lucky me
4. トキメキflying
5. ?
6. accidentally
7. tonight
8. Hide and Seek
9. Kill! Kill! Kill!
10. Speed Champs-Elysees
11. What you gonna do babe?
12. feather
13. Naked Me
14. 風穴
<アンコール>
15. the end of shite
16. Jessy

LOVES.のライブは6月のワンマン以来で、4回目になるかな。今回はkiiiiiiiとの対バンでしたが、仕事で遅れて到着したのが最後の「Wishing The Penguin Star」が始まるとこでしたね。せっかく『AL & BUM』も買って予習していたのに、惜しいことをしました。で、セットチェンジがあり、20:10あたりに客電が落ちてエレクトロニカでポップなSEが流れ、メンバーのDr.秋山隆彦を先頭にGt.岩谷啓士郎、サポートの元ナンバガBs.中尾憲太郎と先日KARENでお目にかかったばかりなSx.中村浩が入場。
そして最後に愛葉も登場しました。昨日の登場時の衣装は、真紅のハーフコートに白のタイツ。シルバーのブーツで、アシメトリーなカットの黒髪。メイクはピンクのシャドーでパンキッシュに決めてたね。1曲目は前回と同じく「sky」から。愛葉がミニKb.で弾くソロのイントロでスタート。強烈だけどクールなリズム隊とKCのリフに乗る愛葉のヴォーカルだけがエモーショナルで面白かった。第一声はやや裏返ってしまったけど、徐々に愛葉も声が出てきて最初からシビレたわ。

2曲目は変則的な転調を繰り返す曲で、見事な一体感ありました。転調を重ねるたびにノリが良くなって来るってのがスゴかったね。特に中尾さんのBs.は重心低くて良かったし、中村さんのピロピロしたウィンドシンセも面白かった。3曲目の前にバンドがインプロで演奏しているのをバックに愛葉から短い挨拶があり、そのまま3曲目のイントロに雪崩れ込んだ展開。この曲では愛葉もGt.を下ろし、コートを脱いで銀のスパンコールで覆われたトップと白のホットパンツ姿に。愛葉のテンションもかなり上がって、アウトロでシャウトしまくり、曲の後のMCでは完全に息が上がってたのが笑えたよ。
4曲目では愛葉もまたGt.を担ぎ、KCの操る打ち込みが浮遊感あって楽しかった。前回同様、愛葉のGt.ソロがヨレてたのはご愛嬌ってことで。5曲目は曲名が分からなかったけど、新曲かな。愛葉のGt.のみから入り、間奏での中村さんのS.Sx.もクール。最後は徐々に音数が減り、愛葉のGt.のみで終わるという展開だったかな。6曲目は新曲で、打ち込みのシンセと愛葉のミニKb.のイントロから。愛葉は曲に入る前にタバコに火をつけ、くわえタバコで演奏してました。かなりオルタナちっくな曲で、強烈なリズムが踊れたわ。間奏ではKCと愛葉のGt.バトルなどもあり盛り上がりましたよ。

7曲目も新曲みたいですね。またGt.を下ろした愛葉はハンドマイクとなり、KCのGt.とDr.のみで歌い始め、間奏からBs.とS.Sx.が入ってきました。8曲目もDr.ソロから入りDr.と2本のGt.のみで1コーラス歌い、間奏からBs.が入る展開。しかし秋山さんのDr.はアタックが強くてカッコ良いわ。アタックだけで言えば小谷美紗子のサポの玉田さんが上回るかもしれませんが、アタックとノリの良さの総合では秋山さんに軍配が上がりそう。9曲目は前回と同じく愛葉が首から下げたテレコのSEからスタート。爆発するリズム隊と愛葉の悲鳴に近いシャウトにシビレたよ。
で、昨日のハイライトは10曲目だったね。リミッターが外れてしまったかのようなリズム隊のノリと、空間を切り裂くようなT.Sx.のブロウ。ハンドマイクで床を転がりながら踊り、シャウトする愛葉。特に中尾さんの高速ピッキングと秋山さんの変拍子バリバリ入れたDr.は踊るのも忘れ、ただただ見入ってしまったな。11曲目も乗れる曲だったけど、前の曲が凄過ぎたのでややマッタリとしてしまいました。KCのコーラスも効いて楽しい曲でしたっけ。

12曲目は先ごろ92歳で他界した愛葉の祖母に捧げますとのMC。ブラシ使ったDr.と優しい歌声のスキャットから。リリカルなS.Sx.のバッキングも美しかったね。13曲目は映画「クワイエットルームにようこそ」の主題歌で、前回よりバンドがフィットしていて良かったな。KCのブルージーなGt.も決まってたよ。本編の締めとなった14曲目も凄く良かった。打ち込みも使われていたけど、ディストーション効いた2本のGt.がシンフォニックな感じだったわ。リズム隊も底をしっかり支えてたし、後半から参加したS.Sx.がオーケストラで言えばVn.的な役割も果たしていて見事なアレンジでした。
アンコールでは中村さん以外のメンバーが再登場。17曲目は前回も演奏されたYUKIに提供したセルフカバー。途中愛葉がGt.をミスり、バンドを止めてやり直していたのが会場の笑いを誘っていました。バンド自体は6月よりもフィットしていて良かった。1コーラス目はKCのGt.のみで歌い、サビからバンドが参加。愛葉のGt.ソロがあり、2コーラス目は最初Gt.とDr.のみで歌っていたかな。大サビでクレッシェンドして行く部分では愛葉も感極まったようで、声を詰まらせてたよ。対バンでしたが、曲数的には前回のワンマンとほぼ同じ。時間も1時間半近かったかな。また定期的に面白いゲストを招いて、このようなイベントを開催して欲しいね。
LUCKY ME

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2007.11.02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。