スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

二階堂和美@QUATTRO

渋谷のCLUB QUATTROで行われた二階堂和美の「はじめてのワンマンツアー 年に1度のニカイド祭り」に参加してきました。不明曲があり申し訳ありませんが、セットリストから行きます。

<第一部>
1. オープニング
2. 絵空葉書
3. 時が流れても
4. あの子のあの頃
5. いくつもの花
6. レールのその向こう
7. 脈拍
8. Temperature of Windowside
9. 真夏の果実
10. 日向月
<第二部>
11. 新妻に捧げる歌
12. 散髪ブギ
13. ハミング・スイッチ
14. つるべおとし
15. (?)
16. いてもたってもいられない
17. ショッピンブル
18. 今日を問う Part2
19. Lovers Rock
<アンコール>
20. 関白宣言
<ダブルアンコール>
21. 愛の讃歌

ニカさんのライブはニカさんのライブは4月の代々木公園以来で、5回目かな。開演時間間際に入場するとニカさんが広島でやっているDJが場内に流れていましたね。ニカさん関連のアーティスト、渋谷さんの曲とかも流れていたっけ。19:10ほどにそのDJも終わり、先ずサポート陣が入場。メンバーはAcod.生駒祐子(from mama!milk)とGt.クスミヒデオ、Bs.りしゅう、Dr.だいの赤犬勢。しばらくしてニカさんも登場。最初の衣装は黒でAラインなミディ丈のワンピ。足元は確認できず、黒髪のショートを後でまとめて赤い花の髪飾りで止めてました。
1曲目は次の「絵空葉書」のメロをモチーフとしたインスト曲で、生駒さんの回す手回しオルゴールから始まりました。そこにニカさんのハミングそしてスキャットが乗り、マレットを使ったシンバルや微かなGt.とBs.が加わっていく展開。りしゅうさんのBs.はタッピングしながらヴォリュームでフェードアウトするという業を使ってたかな。最後はまたオルゴールのみで終わり、静寂の中クスミさんの静かなアルペジオソロから2曲目がスタート。Acod.も徐々に加わるイントロでしたね。ニカさんの最初から伸びのある歌声が「今日は何か違うぞ」という気配を感じさせてくれたな。ほとんど目を閉じて歌い、少し手でリズムを取る以外動かないニカさんも珍しかったかも。サポート陣もそのニカさんに注目してて、緊張感高かったな。

2曲目のアウトロ中にニカさんがアコギを担ぎ、そのアコギのイントロから3曲目へ。1コーラス目は弾き語りで間奏はアコギとハミング、そこにバスタムのみが徐々に入って行き、2コーラス目からバンドも参加して来ました。バンドが入るとニカさんの歌声もパワフルになって来るのが不思議だね。アウトロではテンポアップしたバスタムのみでしばらくスキャットし、それにニカさんのアコギとクスミさんのE.Gt.のリフが乗ると呪術的な雰囲気に。スキャットに深いリバーブもかかってシビレました。ここで最初の短い挨拶程度のMCが入ったけど、オープニングからここまでは組曲のような構成でした。
ここでニカさんはGt.を下ろし、もう一人サポートPf.渋谷毅を呼び入れました。その渋谷さんのPf.のイントロから4曲目に。1コーラス目はPf.とAcod.のみで進行、間奏からバンドが入るアレンジでしたが、全体的にはスカっぽい印象でしたね。ニカさんも楽しそうに踊りながら歌っていましたっけ。ここで渋谷さんを残し他のサポートは袖に下がり、5曲目が始まりました。1コーラス目はアコギ弾き語り、間奏から渋谷さんの東洋スケール主体のPf.も参加。最後スローになるところは3月の明日館と同じような感じだったかな。

6曲目はニカさんもアコギを置き、渋谷さんとガチで勝負。抑えたヴォーカルなんだけどビリビリ来ましたね。間奏でのPf.ソロに絡むオフマイクでのハミングでこの日最初の鳥肌確認。いつもは締めに持ってくるこの曲をここで出すって、この後の進行が読めなくなったな。で、次の7曲目が『また おとしましたよ』からですか。この曲の前にこの曲の由来、ニカさんの高校時代の淡い恋心が聴けたりしました。アコギからAcod.、その後スキャットとPf.が絡むイントロから持って行かれちゃいました。ライブでは初めて聴くと思うけど、改めて良い曲だなと感じたわ。
8曲目の前には北欧から南欧、そしてアフリカへ曲の中で旅をするというイメージを語ってました。硬質なAcod.のイントロに渋谷さんがタンゴっぽいPf.で絡むと、生駒さんがクスリと笑っていたのが印象的でしたね。歌詞は無い曲が無国籍なんですが、徐々にラテン風味が混じり、最後はマルディグラのような派手な展開に。ニカさんもフィニッシュでは指揮者のように両手で指示していたっけ。その盛り上がりのまま、9曲目のカバー曲へ。リズム隊のラテンっぽいムードが楽しかった。そして第一部の締めもスカ全開な乗りにニカさんも踊りまくる曲で明るく終わりましたよ。

20分ほどの休憩をはさみ、第二部がスタート。渋谷さんを除くサポートが登場後、Acod.のイントロに誘われるように現れたニカさんはジョーゼットを重ねた真紅の膝丈ワンピで再登場。11曲目は江利チエミのカバーですが、サポートの演奏は現代的で昭和歌謡って感じには聴こえなかったね。ニカさんもいつも以上に自在な感じありました。12曲目はデビュー作『にかたま』からで、笠置シズ子をリスペクトする彼女の一面がうかがえるテンション高い歌だったな。
13曲目は新譜のタイトルナンバーで、Acod.とスキャットが絡むイントロからCDとはケタ違いの展開。ややテンポも速く、疾走するGt.のリフにBs.も高速ピッキングでバッキングしたりと凄い演奏。14曲目の前に再び渋谷さんが登場。CDでは渋谷さんと外山明さんの一発録りでしたが、作曲者の生Pf.でこの曲が聴けるなんて幸せですね。松田聖子世代のニカさんは作詞者の松本隆に憧れを抱いていたそうで、ホントに楽しそうに、そして気持ちを込めてこの歌を歌ってた感じです。いや、それがこちらにも沁みて来ましたよ。

15曲目は曲名が分からなかったけど、カバーかな。ミニマムなアコギのイントロからほぼアカペラな感じで歌い始めました。途中からPf.のリリカルなバッキングが加わったり、間奏でのAcod.ソロとそれに絡むクスミさんのGt.もカッコ良かった。で、16曲目からニカさん流ですが怒涛のアゲアゲ展開。気合入った口Tp.のイントロからニカさん爆発。それに絡む渋谷さんのラグタイム入ったPf.も凄かった。間奏でのクスミさんのGt.ソロはブルージーだったし、ニカさんも唸りまくり。
そこから異様なテンションの17曲目へメドレー。ルーツさ全開なリズム隊と、西アフリカ風なリフを刻むE.Gt.、ラジオ体操風なダンスを踊りながら歌うニカさん。いや、筆舌に尽くし難いとはこのこと。読んでいる方には申し訳ありませんが、ボキャブラリの貧弱な私にはこの程度の説明しか出来ません。最後はブレイクを入れ、テンポアップしていくところはニカさんのライブでは珍しくフロアもかなり揺れてました。

そして、この日のベストは18曲目でしょう。イントロは渋谷さんも口を空けて見入ってたほどのJazzyな口Tp.で、低音と高音が両方出ていてホーミーみたいだったな。惜しかったのはそこからバンドが参加するタイミングがちょっと合わずやり直したこと。2回目にはそのホーミーらしさは無かったよ。でもやり直しからのバンドとニカさんの一体感は凄かったね。元々どこまでが歌でどこからが楽器という境がニカさんの場合は希薄だけど、この日のこの曲ではその境が全く感じられなかった。前半では緊張感あった赤犬勢も本来の姿に戻って、ニカさん共々爆発してたよ。
本編ラストの19曲目もかなりいい演奏だったけど、素晴らし過ぎた曲の後ではやや気が抜けた感じもしてしまいました。間奏で生声のスキャットも聴けたのは嬉しかったね。アンコールではニカさん、緑色に花柄の散ったリゾートっぽいバックレスワンピで再々登場。ゲストのYOUR SONG IS GOODを紹介。Gt.が一人足りない平日編成ですが、とリーダーが謝っていましたっけ。原曲は大嫌いなのですが、ユアソンの演奏はエライ乗れて楽しかったよ。あのアウトロのTb.ソロが今でも頭の中でループしてます。

ダブルアンコールではニカさん一人が登場。本来は新譜にも収められている「卒業」を歌うはずが楽譜を忘れてしまったため、急遽お得意「愛の賛歌」に切り替えたとか。出だしのみフランス語、後は訳詞バージョンで歌ういつものスタイル。最後までニカさんの七色の声は衰えず、シビレるエンディングとなりました。終わってみれば22:00寸前。休憩時間を差っ引いてもあのテンションで2時間半近く歌っていたことになるかな。いや、お疲れさまでした。来年には待ちに待ったカバー集のニカセトラもリリースされそうだし、またライブして欲しいですね。
ハミング・スイッチ

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2007.11.08 | コメント(2) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

ひろしさん、ニカさんは予備知識なしでも

ライブはメチャ楽しいので、是非生で聴いて見てください。どの曲もCD以上のパフォーマンスを体験できること、請け合いです。
あと、ニカセトラというのはカバー盤で、以前CD-Rで手売りされいて私も数曲彼女のホームページからダウンロードして聴いていただけです。「赤いスイートピー」とかもカバーしていたっけ。そのレコ発には是非ひろしさんも参加を検討してみては。

2007-11-10 土 00:39:38 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

二階堂和美という名前を知ったのは昨年辺りからで、楽曲を聴いたのはハミングスイッチからです。つるべおとしもiTunessでダウンロード購入しただけですw

2007-11-09 金 00:16:58 | URL | ひろし #mQop/nM. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。