スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

Dois Mapas@Akagi Cafe

一昨日、神楽坂のAkagi Cafeで行われたDois Mapasのライブに参加してきました。今回もメモは取らなかったので、セットリストは割愛させていただきます。純粋にステージを楽しんでしまったので、半端なレポで申し訳ありません。Doisのライブは9月のPraca Onze以来で、10回目となります。開演時間の19:30を10分ほど過ぎてお二人がステージに登場、9月と同じくサポート無しお二人のみのステージでした。
ときわさんの衣装は紫色ロールネックのタイトなニットに、ベージュの膝丈スカート。足元は黒のストッキングにグレーのロングブーツ。ゆるいウェーヴの髪を天辺でまとめてたけど、おでこ全開なときわさんを見たのは初めてかな。後のMCで言っていたけど、背の高いときわさんが髪を結い上げると鴨居とかにぶつかってしまうとか。第一部はカンツォーネの「ケサラ」からスタート。何度か聴いている曲ですが、緊張していてのか出だしでときわさんが少し音を外していたのが珍しかった。まあその後はいつものシビレるヴォーカルを聴かせてくれたので、ハプニングだったみたい。

Akagi Cafeに昨年参加した時はJBLのオーディオ用スピーカーをPAに使っていたけど、一昨日は小ぶりながらもYAMAHAのPA用スピーカーを使っていて音は良くなっていた感じ。このCafe自体があまり広くないので、PAも不要な気がするね。そう言えば、先日のlateでの生音ライブも聴いてみたかったなぁ。新美さんのGt.もピックアップが内蔵されたものではなくマイクで音を拾っていたけど、彼のブログで紹介されていたマヌエル・ベラスケスでしょうか。その記事にも書かれていましたが、見事な鳴りでしたよ。抱えて弾くと胴鳴りは抑えられがちになるのですが、この日終始座りで弾いていた割には良い響きを聴かせてくれましたっけ。弦もこれまでより細めのゲージを使っていた感じで、以前のライブで特徴的だった硬質なGt.の音が幾分柔らかくなってたわ。
2曲目からはブラジルの歌、「塩の歌」や「ブラジルの雨」を続けて演奏。ここでは前回と同じく新美さんがパンデイロ叩いてましたね。叩き方も大分慣れてきたかな。5曲目以降は記憶が曖昧ですが前回に続いての「朝日のあたる家」のカバーとか、お馴染みの「海へ来なさい」など日本語の曲を中心に演奏してくれましたっけ。8曲ほど約45分の第一部でした。

30分ほどの休憩をはさみ、第二ステージは曲名が思い出せないけど確かブラジルの曲で始まったっけ。ときわさんがヘボロを手で叩いていたのはこの辺りだったような。この後は「団塊少女」や「百年先のみなさん」などのオリジナル曲をメインに歌ってました。特に良かったのが「秋一景」(もしかしたら第一部だったかも)。この曲ではときわさんの細かいフェイクが情緒あって、歌詞にもリンクして雰囲気を盛り上げてました。この日は全体的にフェイク多目だった気もしますが、要所要所で使われていて効果的だったね。
第二部のラストは前回も歌っていた「ふなまち唄」で、ここでもときわさんが最初からヘボロ、ラストでは新美さんもパンデイロを叩いてました。最後はお客さんの手拍子と「ラッセラー」の掛け声も加わり、一体感ある楽しいエンディングでしたね。アンコールは「ブラジルの水彩画」でまた軽く盛り上がって締め、ときわさんも狭いステージを左右にステップ踏んで楽しそうに歌ってたのが印象的でした。アンコールも含めると第二部は1時間近かったかも。お二人のパフォーマンスも良かったし、現在レコーディング中のアルバムも楽しみになって来ましたよ。

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2007.12.02 | コメント(2) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

TOPSさん、はじめまして

わざわざ訪ねてくださり、ありがとうございます。8月以降10回も重なってましたか、かなり守備範囲がダブっていますねー。
エゴラは先月のツアーのチケット持っていたけど仕事で参加できませんでした。でも24日キネマに参戦予定なので、またご一緒できるかもしれませんね。

2007-12-04 火 22:26:13 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

mikeさんどうも。ナルセさんのブログから来ました。TOPSです。
ここを拝見しますと、かなりライブが被っていますね。この日のADois Mapasには行きませんでしたが、夏にAkagi Cafeで行われたときには行きました。ちなみに8月末の池上本門寺以来、被っているライブはUA、中山うり、湯川潮音、山田タマル&SHUUBI、ジルデコ、湯川潮音、芙咲由美恵、朝日美穂、畠山美由紀、ハンバートハンバートの10回ありました。その他、一十三十一、松崎ナオ、東京事変、二階堂和美、中納良枝、Fonigenicoなど僕の行きたかったライブに行かれていてレポートが参考になりました。エゴラッピンのヨッチャンは、勤め先の総務課長の従兄妹ということで、インディーズ時代から知っていました。ではまた

2007-12-04 火 17:43:35 | URL | TOPS #Lin/t3a. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。