スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

土屋アンナ@AX

12/15になりますが、SHIBUYA-AXで行われた土屋アンナの「My Sacred Place」に参加してきました。不明曲があって申し訳ありませんが、セットリストから。

1. scream
2. knock down
3. NO WAY
4. Lovin' you
5. BUBBLE TRIP
6. ecstasy
7. ?
8. クリスマスソングメドレー(聖しこの夜~Joy to the World~?)
9. 新曲
10. 新曲
11. cocoon
12. cockroach
13. Without You
14. zero
15. SLAP THAT NAUGHTY BODY
16. FROZEN ROSE
<アンコール>
17. Smells Like Teen Spirit
18. Anarchy in the UK
<ダブルアンコール>
19. rose
20. 黒い涙

アンさんのライブは9月のワンマン以来、4回目でしょうか。開演時間の18:00を5分ほど過ぎて先ず今回のスポンサーでもあるHerbal Essencesのアンさん出演CFが、ステージ前に張られたスクリーンに投影されてスタート。でも、実際ステージが始まったのはそれから20分以上経ってから、18:30ぐらいだったかな。そのスクリーンに髑髏と薔薇のCG、続いてステージ上の様子がシルエットで映し出されたのですが、1曲目のダークなイントロに合わせた赤い照明の中、金網の中で怪しげにうごめく影にゾクゾクしました。
幕が落ちるとステージ前面に組まれた足場に張られた金網の中ではダンサー4人が黒装束で踊ってましたね。アンさん含め、バンドの面々はダンサーの後で演奏。間奏辺りからアンさんがその前に出てきましたが、彼女の衣装は黒のタンクトップに黒のゆったり目なパンツ。足元は同じく黒のロングブーツで、髪はブロンドをモヒカン風に中央を結い上げてた感じ。サポートはお馴染みDr.の牟田昌広とGt.で峰正典と遠藤一馬でしたが、Bs.のJU-KENはお休みで道太郎(from THE TURTLES)がピンチヒッター。

ダンサーごと足場がステージ脇に引っ込み、アンさんから「Hello! Are you ready?」と一言あり、2曲目に突入。間奏では峰さんのGt.が最初から走ってて、テンション高かったね。この後、挨拶程度の短いMCをはさみ3曲目へ。イントロの一馬と道太郎さんのハーモニーが美しかったし、アンさんのヴォーカルもシャウト全開となって乗って来ました。4曲目ではステージ後方の黒幕が上がり、白い壁にCGも投影されてたっけ。アンさんは1コーラス目歌いながら袖に下がり、間奏中に生着替え(着替え中は見えませんが)。
間奏後ステージに戻るとギンガムチェックのキャミに、黒に銀が少し透けて見えるフリルのミニスカ。足元は黒の網タイツっぽいストッキングに、ロングブーツは最初と同じだったかな。手には鞭を持ってて、同じく鞭を持った2名の女性ダンサーと共に、怪しい振りで踊ってましたよ。5曲目はイントロで道太郎さんと向かい合って踊ったり、ステージ上手のお立ち台に登ったりとアンさんも弾けて来ました。6曲目は曲名が自信ないけど、ここらはちょっと記憶が曖昧。7曲目とごっちゃになってるかも。その7曲目の途中からアンさんはワイヤレスマイクを持ったまま袖に下がり、着替えを生中継。「帽子は似合わねーだろ」とか言いながらも、ジップアップのカウチンと白いニットキャップ、ボトムは以前のままで照れながらアンさんが再々登場。

その間にステージはアコセットにスイッチしていて、峰さんと一馬がアコギに変わって、フロント3名はスツールに腰掛けて準備万端。「聖しこの夜」含め、後の2曲も英語でクリソンメドレーをシビレるハスキーヴォイスで聞かせてくれたよ。歌っている途中で気になっていたニットキャップを脱ぎ捨てたのがアンさんらしかったわ。9曲目は新曲だそうで、1コーラス目の途中で歌詞を忘れて曲を止め、スタッフにスコアを持って来させる事態。その間、この曲から出てきた4人のダンサーは手持ち無沙汰で可哀そうだったね。ようやくスコアが届き、歌詞を確認して最初からやり直し。打ち込みのストリングスも効いたワルツな雰囲気の曲で、音源が楽しみ。ダンサーが両手に持った卵型のライトと、天上から降りてきた球体のライトがシンクロして動いていて、ビジュアルも楽しめたよ。
9曲目のアウトロでまたステージを後にしたアンさんですが、黒のシフォン主体のジャケットをまとって直ぐに戻ってきました。10曲目も新曲みたいで、マイナー基調のロックバラードで、アンさんにピッタリな名曲の予感。道太郎さんのBs.も歌って盛り上げた後半はカッコ良過ぎ。11曲目は来年1月リリース予定のニューシングル。ちょっとエレクトロニカも入って、私のストライクゾーンど真ん中っぽいですね。12曲目はこれまた新曲で、この曲の最初の方で鎖や金網が天井から降りてきて、オルタナチックな曲に合ってましたっけ。10曲目以降姿を消していたダンサー4人も戻り、逆立ちしたまま体を回転させるのを4人でシンクロするとか、凄いパフォーマンスを見せてくれたよ。

13曲目からはラストスパート体制で、アンさんもジャケット脱ぐわ、牟田ちゃんのDr.も爆発するわで大騒ぎ。大サビでのアンさんのロングトーンもシャウト全開で、鳥肌モノだよ。14曲目では一馬のGt.がディストーションたっぷりで空間を埋めつくす感じなのに対し、峰さんは切れ味鋭くその空間を切り裂く感じ。この対比はtoddleのアイコンとチャコちゃんをちょっと思い出しちゃったね。15曲目はステージに立つ10本ほどのトーチに火も灯り、フロアも最高潮。道太郎さん含めたフロント3名のコーラスも効いて、分厚いサウンドになってたよ。実はこの曲の前で「ラスト!」と叫んでいたアンさん、曲が終わると一人で袖に下がりましたが、慌てて戻ってきて「まだ一曲あったねorz」とショゲていたのが可愛かった。
そっからの立ち直りが早いのもアンさんならでは。本編最後をハスキーなシャウト満載で華麗に締めくくってくれたのは流石です。サポと一緒に手を振りながらご機嫌そうにステージを後にしました。アンコールで再登場時も、「ちーす、アンさんでーす」と軽く挨拶。NIRVANAとPistolsのカバー連発でメチャ盛り上がりましたよ。18曲目ではまた4人のダンサー皆さんが「Sing or Die」Tシャツを着ていたり、曲の最初でメタルテープが発射される特殊効果もありましたっけ。ダブルアンコールはオリジナル曲で攻めて着ました。19曲目は一馬のコーラスも効いてて、ドライヴ感がたまりませんな。アンさんのヴォーカルも天井知らずで、この日では一番のパフォーマンスだったかも。

オーラスは反則ギリギリ、アンさんの切な気な泣きのヴォーカルからシャウトへとドラマチックに盛り上げる名曲で締め。ミラーボールも回り、峰さんのGt.ソロも切なかったわ。そして、アウトロでのスキャットは鬼気迫る迫力。いや、感動のフィナーレでした。2時間弱といつもながら尺は短いのですが、アンさんのステージは毎度お腹一杯だな。だもんで、次も参加しようと心に決めています。
BUBBLE TRIP/ sweet sweet song

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2007.12.19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。