スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

EGO-WRAPPIN'@キネマ倶楽部

たいへん遅くなりましたが、12/24に鶯谷は東京キネマ倶楽部で行われた、EGO-WRAPPI'恒例の「Midnight Dejavu」のレポです。不明曲があり、おまけにかなりアヤシーですが、セットリストから。

1. ?
2. Good Rockin Daddy
3. When I Get Low, I Get High
4. ?
5. GI GO LO
6. チェルシーはうわの空
7. a love song
8. The Ruling Class
9. あしながのサルヴァドール
10. 老いぼれ犬のセレナーデ
11. MR. RICHMAN
12. かつて..。
13. 色彩のブルース
14. ECHO-FOUR-TWO
15. Carioca
16. Nervous Breakdown
17. PARANOIA
18. 雨のdubism
19. くちばしにチェリー
20. サイコアナルシス
<アンコール>
21. マスターdog
22. I'm in the mood for love
23. Black Sunday
<ダブルアンコール>
24. byrd

エゴラのステージは9月のイベント以来で、とうとう10回目です。11月のツアーもチケット持っていたんですが、仕事で参加できませんでしたっけ。キネマは今年で3回目、昨年はNHKホールの「Midnight Dejavu Special」のみ参加でしたね。会場に着いてドリンクを取りに行くとモダーン今夜の永山マキさんらしき人とすれ違い、軽くサプライズ。この日のDJは先日ビューティフルハミングバードのサポでDr.を叩いていた鈴木惣一郎さん、総一郎さんとも関係の深いハリー細野のトラックとかも流していましたよ。
開演時間の19:00を10分ほど過ぎて、DJがクラッシックのフィナーレっぽいトラックで終わり、客電が暗くなると森さんを先頭に楽器隊が先ず入場。サポートは前回に引き続いてのTp.川崎太一郎、T.Sx./S.Sx./Fl.武嶋聡、Kb.幡谷哲也、Bs.真船勝博、Dr.末房央に加え、Tb.でニカさんやBophanaのゲストで最近お目にかかることの多いSAKEROCKの浜野謙太と、一十三十一のサポートでお馴染みB.Sx./S.Sx./A.Sx.後関好宏。昨年のNHKホールには及びませんが、豪華な顔ぶれとなりました。その7名によるイントロが始まるとよっちゃんも登場。この日の衣装はカッパーゴールドの別珍風トップに、黒のショートパンツ。足元は黒のストッキングだったかな。髪は後でまとめて、ラテンダンサーが付けるような鳥の羽根が中央にピンと立った髪飾り。

1曲目は曲名が分からなかったけど、英詞でカバー曲みたいだね。端からハゲシ目の曲で攻めてきましたよ。よっちゃんもいきなりシャウトかまして、フロアを煽ってたわ。ゴセッキーのB.Sx.もビートが効いていて、踊れる曲でスタートとキネマらしい幕開けでした。2曲目はBrian Setzerで有名な曲。森さんのBoogieなGt.がカッコ良かったし、ホーン隊もコーラスしたりで、例の赤ランプも点灯し、バンドの第一段ロケットに点火したみたい。3曲目は昨年のNHKホールでも演奏していたElla Fitzgeraldのカバー。Swingyなホーンと引き続きBoogieなGt.のマッチングも面白かった。ここでよっちゃんから「ようこそキネマへ。メリークリスマス」と短い挨拶。
4曲目も曲名が不明ですが、これもカバーかな。静かなホーンのアンサンブルと森さんお得意のトレモロGt.のバッキングがカリビアンなムード出してました。よっちゃんも声に張りが出てきて、歌い上げてた感じだったな。5曲目が初のオリジナル曲でしょうか、結構引っ張りましたね。ちょっとユル目なマンボ風のアレンジになってて、ホーンにはスカの香りもあったり。よっちゃんもステージ狭しと踊ってたね。6曲目は間奏でのミュートTp.ソロからダルなGt.ソロへの流れにシビレたわ。よっちゃんは唸り気味で、最後のロングトーンでは握り拳震わせてたり、アウトロのT.Sx.ソロにスキャットで絡むとか乗って来ましたよ。

7曲目はエゴラ初期の名曲。出だしはホーンの足並みがちょっと乱れてたけど、徐々に心地よいスカのリフになって安心。「Good, good feeling」をフロアと短くCall & Responseすると、よっちゃんも満足気にニッコリ笑ってました。この日全体的に打てば響くようなフロアの反応の良さに、よっちゃんは喜んでましたっけ。間奏でのA.Sx.ソロとアウトロのホーンとスキャットのハーモニーも美しかった。8曲目は武嶋さんがFl.へ、ゴセッキーもS.Sx.にチェンジ。ホーンが無い部分ではハマケンはシェイカー、武嶋さんがカウベル、川崎君とゴセッキーは手拍子で盛り上げ、間奏ではよっちゃんの「Show time!」の掛け声で短いDr.ソロあったり、曲の後半では新たに歌詞が加わっている部分もありましたね。ここで森さん中心にいつものユルいMCも。
9曲目はこれまでのライブではダルな歌い方していた印象がありましたが、この日はCDに近いカッチリしたヴォーカルだったかな。間奏前のロングトーンからミュートTp.ソロへのつなぎは鳥肌モノの流れでした。ここでホーン隊が袖に下がり、10曲目はW.Bs.ソロから入る『Night Food』に近いアレンジ。Org.のバッキングが加わっていたのは、エマーソンの残した財産かも。アウトロでの遠吠えは満月の成せる業だったかな、Gt.ソロとの遠吠えの絡みはスリリングの一言。11曲目で武嶋さんのみがステージに戻り、懐かしい曲をやってくれたね。引き続きOrg.でのバッキングありましたが、レスリースピーカーをフルに加速させてグルーヴィーでした。間奏でのT.Sx.ソロも結構ブロウしてたわ。

12曲目は真船さんがE.Bs.に、武嶋さんがS.Sx.にスイッチ。よっちゃんは一時期のようにかなり崩し気味に歌ってたたね。間奏でのGt.ソロがこれまでになくSwingyだったり、大サビの英詞が一部日本語に変わっていたりと変化もあったっけ。13曲目はエゴラの名曲の一つ、イントロのT.Sx.ソロから大歓声。よっちゃんは細かいフェイク満載ではありましたが、あまり崩さずに歌ってくれたのが嬉しかった。彼女の声にもいよいよ艶が乗ってきて、シビレまくりましたわ。アウトロ中によっちゃんがステージを降り、代わってホーン3名がカムバック。14曲目はちょっと曲名に自信無いけど、NHKホールでもやってくれた曲みたい。森さんお得意のトレモロGt.とスカなホーンのハーモニーがフィットした、楽しいインスト曲だったね。
再登場のよっちゃんはこげ茶にカフェオレ色のドットが散ったミニドレス。襟と袖のフリルが可愛らしかったし、左肩にはカフェオレ色のショールも付いてました。髪飾りは黒のベレーに代わってましたが、そのベレーの横にも長い鳥の羽根がアクセントであったっけ。リスタートの15曲目は昔の定番カバー曲で来ました。私はこの曲聴くの、一昨年のキネマ以来かな。その時とちょっとアレンジも変わって、ラテン風味抑え目でビッグバンドっぽいムード。ハマケンのTb.ソロもJazzyでした。ここでハマケンとゴセッキーがまた下がり、16曲目から怒涛のアゲアゲ編成。ここで2本のホーンを失うのはちょっと惜しい気もしたけど、リハ時間も限られているしシャーナイすね。この曲では恵比寿以降固定されているバンドでこそのスピード感もあふれてたし、よっちゃんもフェイクをあえて捨てパワーで押してた感じが良かった。

17曲目ではよっちゃんが赤ランプを振り回し、フロアを煽る煽る。それに応えてお客さんも跳ねまくってましたっけ。間奏でよっちゃんが「今年の事は全部忘れてしまえ!」と叫んでいたけど、このライブのように素晴らしい思い出は絶対忘れらない、と返しておきますか。またハマケンとゴセッキーも戻り、18曲目は昨年のNHKホールで初披露された曲へ。思えばその時もゴセッキーは参加していたので、エゴラは初では無かったな。ルンバのリズムと煌くラテンなブラスによっちゃんも腰を振って踊っていたのが印象的だったよ。早くこの曲が入ったアルバムが聴きたいね。
19曲目ではまた赤ランプを振り回し、気合を入れ直すよっちゃん。間奏でのB.Sx.ソロは流石ゴセッキー、重心低くてカッコ良かったよ。で、本編最後はサイコです。またTb.とB.Sx.が下がりましたが、レギュラー陣だけでも強烈な破壊力。間奏ではダイブこそ無かったものの、ステージ右手の柵によっちゃんが上りフロアと一体となって盛り上がってました。ちょうどあの辺りは3年前、キネマ初参加した時に私がいた位置で、あの時よっちゃんの足を支えていたことを思い出しました。今はもう怖くて最前には行けないかも。

アンコールでよっちゃんは赤いミニドレスに同じく赤のストッキング、黒いリボンのチョーカーと髪は後でまとめただけで登場。21曲目は最初森さんのGt.のみで歌ってた感じだけど、ヴォーカルに深いリバーブがかかっていて、森さんのディストーション効いたGt.とのデュオにうっとりとしてしまったわ。後半アキラッチが徐々に鈴の音を響かせてクリスマスムードを高め、アウトロでのよっちゃんからの「メリークリスマス」の一言はこれまでもらった中でも心に残るプレゼントとなりました。22曲目は一転、キネマ名物の二段ステージから現れたホーン隊のみでの演奏。よっちゃんもイントロに引き寄せられるように階段を上り、歌い始めましたっけ。間奏でのTb.ソロではハマケンがよっちゃんの目の前で挑発すように腰を振りながら吹いていたのが、彼らしかったよ。
23曲目も懐かし目なカバー曲で、私は昨年の6月以降聴いていなかったっけ。4管によるスカ全開のリフに思わず体が揺れました。ホーン隊も手隙の時には踊ったりしてて、演奏している方も気持ち良さ気だったな。Tp.ソロの合間にはジングルベルをはさんだりと、遊び心も見せてくれたし。24曲目はメンバーがステージを降りる前から手拍子が始まり、森さんから「そない言わんでも、もう一曲やるわ」とのお言葉。よっちゃんがアコピに移り、「ホワイトクリスマスを」との一言からスタート。「byrd」は何度かライブで聴いていますが、この日はこれまでの情感あふれる歌い方とは違い、やや突き放したようなヴォーカルでしたね。よっちゃんの「byrd」に対する思いに変化があったのかな。私はこのクールな感じも好きですけどね。

オーラスでは一昨年に続いて雪が舞う特効もあり、よっちゃんからのもう一つのプレゼントが心に沁みましたよ。昨年のNHKホールが10周年のあだ花にならないで欲しい、という私の杞憂は無駄でしたね。あの時のエンターテイメントを極めたステージがしっかりとエゴラ二人の血と成り、肉と成っている事を実感しました。特にブラスの使い方は上手くなった感じ。また一つのステップを上がり、次のアルバムとツアーではどんな姿を見せてくれるのか、まだまだエゴラから目が離せないな。

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2007.12.29 | コメント(4) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

すえぞ。さん、レポ読みましたよ

23日も楽しかったようですね。すえぞ。さんのような激戦区を渡り歩いてる猛者にとっちゃ、エゴラの最前は軽いもんでしょ。今年はツアー有りそうだし、複数公演参加できたら1回は前に行ってみるかな。

2008-01-06 日 23:51:05 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

のすたるじあ~!

てことで、やっと書きました(爆)曲数は一緒のようですねぇ。BYRDは悔しいですが、Mother Ship聞けたので良しとしませう(笑)
俺はよっちゃんまで2mくらいの至近まで行けましたが、ハイタッチ叶わず。カエラ嬢やPOLYの最前を体験してると、エゴなら余裕でしたねぇ(爆)CDJじゃ、ビークルのフロントエリアに入るって暴挙もしましたし!←

2008-01-06 日 19:54:48 | URL | すえぞ。 #QKSAZD.k [ 編集 ]

あ~るさん、お久しぶりっす

エゴラは後で聴いていてもシビレますが、前で踊り狂うと一層楽しいですよね。記事にもチラっと書きましたが、私も2004年のキネマでは最前で柵に上がったよっちゃんの足に触れました。しっとりしたよっちゃんの肌が今も忘れられません。
今年もまたどこかのライブ会場でご一緒するかもしれませんが、よろしくお願いします。

2008-01-03 木 09:05:08 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

行ってきました

僕は23日に行ってきました。
雪の演出はイブ(24日)だけだったようで、ちょっと羨ましいです。今年は年甲斐にもなく最前列近くではしゃいじゃいました。ちょっとだけ、よっちゃんにタッチできたので満足です。
では、今年もよろしくお願いします。(^.^)

2008-01-03 木 01:10:04 | URL | あ~る #JyN/eAqk [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。