スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

2007 音楽のまとめ

いよいよ本日は2007音楽の総まとめとして、私なりのライブとCDのベスト10を選出してみます。どちらも順位ではなく開催日やリリース順に書き出しています。

2007 ライブのベスト10

  1. 2/27 Salyu@C.C.Lemon Hall
    Salyuは昨年この『TERMINAL』レコ発ツアー2回とイベント2回見ていますが、このステージがベストパフォーマンスだったかな。声自体はRIJFの方が良かった気もするけど、照明や映像も含めた総合的なステージングでこのツアーファイナルを選択しました。聞くところによると年末のCDJもかなりの出来だったようで、どんどん進化しているSalyuの今後に注目必至ですね。近づいている思われるアルバムとツアーが待ち遠しいわ。
  2. 7/28 天野月子@東京キネマ倶楽部
    つっこさんは昨年この日とその前日アマフェス2日間だけの参加でした。シングルの『Howling』以外リリースも無かったのかな、大人しい1年でした。でもこの2日間はメチャ楽しかった。スペサルはアコセットと半年ぶりのA LUNCH、第二夜はお馴染みのプレイボーイズとガチンコのステージ。以前は生Kb.入れろとか言っていたけど、2階席でつっこさんと声を合わせて歌う戸倉さんの姿を見たら、彼もステージに立っているのと同じだなと思ったよ。今月の「ひ・め・は・じ・め」もガッツリ楽しんできます。
  3. 8/25 Slow Music Slow Live '07 in 本門寺
    夏フェスはこれ以外にRIJFと全力投球に参加したけど、量的にはRIJFにかなわないものの中身の濃いフェスでした。JiLL-Decoy association、中山うり、orange pekoe、畠山美由紀という4組は、これまで合計22回もステージを見ている大好きなアーティストばかり。おまけにSembelloのゲストで土岐麻子が見られたり、トリの吉田美奈子ではとてつもないグルーヴに圧倒されました。京都のお漬物やワインなどのフードも美味しかったし、今年も出演アーティストによっちゃ参加したいですね。
  4. 9/6 UA@神奈川音楽堂
    UAは昨年『Golden Green』がリリースされたこともあって、参加回数が6回と多かったね。ワンマン3回とナルチョとのコラボや、Taiji All Starsでのゲストなどもありました。ワンマンもLIQUIDROOM、恒例の野音、そしてこのホール公演と短い間に色々なステージを体験させてもらったわ。演出はどれも似通っていたけどホールが一番フィットしていたし、演奏も響きの良いホールで落ち着いて楽しめたわ。UAのステージではこれまで2004年の『SUN』ツアーがベストな印象ですが、この日はそれに迫る勢いでしたっけ。
  5. 10/23 木村カエラ@Zepp Tokyo
    カエラは春の武道館とRIJF、そしてこれと3回見ました。フェスはもちろん武道館もお祭りみたいなもんで、ガチなステージはこれだけだった感じ。でもこの日は凄いパフォーマンスでしたね。昨年までの3年間、毎年春と秋のワンマンには欠かさず参加してきているけど、その中で文句無しNo.1の出来だったわ。何より歌が安定していて、貫禄さえ感じさせてくれました。ステージングも毎度々々凝っていて、80年代風味を効かせつつ盛り上がるよう工夫されて来ているのが好感持てます。今年も春にはニューアルバムが聴けるかな。
  6. 11/6 二階堂和美@CLUB QUATTRO
    ニカさんは明日館と代々木公園でのフリーライブ、このツアーで計3回の参加。明日館は渋谷毅さんとのガチンコ対決、代々木は弾き語り、ツアーはバンドと様々なスタイルでした。何はともあれ、このライブが昨年最も心に残ったライブだったのは疑いの余地が無いな。って言うより、この日の「今日を問う Part 2」は昨年聴いた200を超えるステージの中で間違いなくベストの1曲でした。ニカさんは声にフォーカスできる弾き語りが良いという人も多いけど、バンドのダイナミズムが加わるととてつもないパフォーマンスを見せてくれることがありますよ。
  7. 11/17 チャットモンチー@Zepp Tokyo
    チャトモは春と秋2回のワンマンとフェス3回の参加でした。このレコ発ツアーは直前にリリースされた『生命力』の印象があまり良くない中、不安な状態で参加したけどドッコイかなりのパフォーマンスを見せてくれ、良い意味で裏切られましたっけ。とりあえず私が見たチャトモのステージではベストだと思いましたよ。ただ、よくコメントをくださるすえぞ。さんの意見では夏の若若ツアーの方が良かったそうで、来年また若若が開催されれば是非参加したいですね。その前の武道館も楽しみだし、しばらくチャトモから目が離せないな。
  8. 12/2 Swinging Popsicle@440
    ポプシは夏と冬のワンマン、あと対バンを1回見たかな。夏はレコ発兼デビュー10周年ということで、久々のワンマンだったけどやや準備不足な面もあり、そのあたりが少しリファインされた冬の方を選びました。サポートも固定されて安定したサウンドと、シビレるミネコフのヴォーカルが堪能できたよ。来年8月にも440でワンマン2daysを開催するそうですが、440はどちらかと言うとアコースティック向きで、バンドだと音的にちょっとキビシイよね。440をミネコフが甚く気に入ってるんで、ミネコフ信者としては従わざるを得ませんがご一考願いたいわ。
  9. 12/6 ビューティフルハミングバード@古賀政男音楽博物館
    このライブは湯川潮音@草月ホールと最後まで迷ったけど、最近脂ののっているBHBを選んじゃいました。潮音ちゃんは近頃のカッチリしているバンドより、もう少しユルイ方が合っている気がするので現在レコーディング中のアルバムとそのレコ発に期待です。BHBは今年4回見てますが、見る度に好調になって来てますね。このワンマンで初めてバンド付きで見たけど、小池さんの声もパワーあって負けてませんでした。バンドもBHBの世界観に寄り添っていて、良い雰囲気でしたね。2月の生音ライブも是非参加したい。
  10. 12/7 LOVE PSYCHEDELICO@武道館
    最後はデリコです。ツアーとしては2004年9月のZepp以来の参加だったので、3年ぶりですよ。待ちに待った甲斐がありました。ブドーカンつうことで演出も派手目でしたが、何よりもKUMIと直樹自身が楽しんでいる様子が素敵だったな。正直今度のアルバムはデリコの迷いみたいなものが感じられて心配だったけど、ステージを楽しんでいるのを見て胸を撫で下ろしたよ。70年代からROCKを聴いている世代としては懐かしさを感じさせてくれ、同時に新しいチャレンジもしているデリコにこれからも期待しています。

次点としては上にも書いた湯川潮音@草月ホールと、EGO-WRAPPIN'@東京キネマ倶楽部もしくは中納良恵@CLUB QUATTROどちらかは入れたかったよ。10って数は少ないねー。

2007 CDのベスト10

  1. 1/17 [Album] TERMINAL / Salyu
    昨年前半最もリピートした1枚です。コバタケの手になるトラックも凝っていますが、何よりSalyuの声のパワーにシビレますよ。ライブではそれに輪をかけたパフォーマンスとなるのですが、CDでは脳内補完しつつリピートしてます。ライブについては上に書いたけど、日々進化しているようなので次のアルバムではどういう姿を見せてくれるのか楽しみ。
  2. 2/28 [Album] レミングス / ジン
    出だしの語りからジンの世界に引き込まれますね。こういったコンセプチュアルなアルバムはプログレ好きとしては、嬉しくてヘラヘラしちゃいます。このレコ発ワンマンはチケット持っていたけど、仕事で行けなかったのが悔やまれます。まだフェスでしか見れていないんですよ。次のアルバムも完成間近のようなので、次のレコ発は何が何でも参加するよ。
  3. 4/18 [Album] ジルデコ / JiLL-Decoy association
    xYUKIxさんの人柱募集に引っかかり購入した1枚でしたが、大当たりでした。ライブも結局3回ほど参加させていただいたけど、どれもいいパフォーマンスでしたっけ。この後も短い間隔で『no name collection』というミニアルバムもリリースしてくれたけど、どちらもJazzyなトラックとchihiRoさんのROCKスピリットを感じさせてくれるヴォーカルが楽しめたわ。
  4. 4/21 [Mini] LONDON WORKS / 岡北有由
    このミニアルバムはCD-Rで、岡北のライブ会場でしか販売されていないので紹介するか迷ったけど、岡北がロンドンでも地道に何かを生み出していることを少しでも知って欲しいので取り上げました。バンドの方は現在迷走中みたいですが、Ayu名義でMySpaceに曲をアップしているようなので聴いてみてくださいね。
  5. 5/30 [Album] Go On / Swinging Popsicle
    このアルバムは夏ヘビロしていたね。3年ぶりのアルバムが嬉しいだけでなく、ポップさがキラキラしていて夏にピッタリだったてーのもあるかな。上のライブベスト10にも選出したけど、去年一番心に残ったアーティストがポプシだった感じ。できれば今年中にも新譜をお願いしたいけど、無理かな。
  6. 9/26 [Album] ソレイユ / 中納良恵
    ライブベスト10にエゴラ関係が入れられなかったので、ちょいと無理やり押し込んじゃいました。DVD除くと昨年唯一の音源だったのかな。よっちゃんの趣味的に考えるともっとJazz寄りで来るかなとも思ってたけど、蓋を開けるとROCKさあふれる曲もあったりで楽しかった。ソロライブもかなりシビレるステージを見せてくれたし、また近い内にソロ活動して欲しいな。
  7. 9/26 [Album] DREAM DIVER / SANTARA
    SANTARA自身はミニアルバムと位置づけているようですが、ギリギリ30分超えているのでアルバム扱いとしています。このアルバムから結構ROCKさも増して来て、以前から私が願っていた方向に進んでくれたのが嬉しかったな。ライブでは既にバンド構成の部分も増えてきていたので、当然の路線かも。次のミニアルバムも今月リリースされ、3月にはツアーも予定されているので期待しています。
  8. 10/29 [Album] 生命力 / チャットモンチー
    正直アルバムとしては未だに好きにはなれないけど、ライブを見た後ではポテンシャルは感じられるようになりました。レコーディングが昨年の前半にはほとんど終わっていたらしいので、チャトモ自体がもっと進化していて聴いた時には古く感じられたのかも。今年も前半はシングルをいくつか発表し、秋にはアルバムを出すパターンなのかな。今度はなるべく時差を感じさせないようお願いしたいですね。
  9. 11/1 [Live] Kojima Kojima Kojima / 小島麻由美
    このアルバムも限定発売で既にソールドアウトしているようなので、紹介しづらいのですが凄い1枚ですので取り上げさせていただきます。FM802のスタジオライブを収録したライブ盤ですが、サポートはコジマユのライブではお馴染みのGt.塚本さんとFl.国吉さんのお二人のみ。ですが、凄まじいグルーヴを聴かせてくれてますよ、このお三方。どうしても欲しい方はポニキャニへ再発嘆願メールをしてね。
  10. 11/28 [Album] BIRDSONG EP / bird
    最後はお正月中最もリピートしていた1枚。初回盤はボートラが2曲入っているので、何とか30分超えていますが、通常版はミニアルバムになるでしょうね。「BATUCADA」をカバーするってんで、もっとラテンなアルバムになるかと思っていたら、ユアソンがプロデュースした「CLUB TROPICANA」以外は「ROXANNE」とか「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」とか意外な曲が多くてメチャ楽しいアルバムになってます。今年はどんな活動してくれるのかな。

以上、三日間に渡ってまとめを綴ってきましたが、今年もマイペースで音楽の紹介をして行くつもりです。よろしくお付き合いください。

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2008.01.04 | コメント(6) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

junperさん、お忙しい中コメントありがとうございます

私も最近は仕事が忙しく、昨年ほどのペースではライブに参加出来ていませんね。3月までは低空飛行が続きそう。
カエラはNHKホールのみ申し込みましたが、ご一緒できるといいな。Salyuや安藤裕子も動きが出てきたようで、行きたいライブが目白押しです。まあ、お互いできる範囲で頑張っていきましょう。

2008-02-10 日 00:15:38 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

やっと初コメント・・・

mikeさん、前の記事に恐縮ですがコメントさせて頂きます。
今年はミュージックライフ。の更新状況からも察せられるように、少し音楽生活からは離れ気味ですが、いくつかのライブではまた重なることもあろうかと思います。今年もよろしくです。
木村カエラのZeppはチケット取れなくて、行けなかったライブですね。これは残念だったなぁ。今先行中のホールツアーはまた雰囲気が違うとは思いますけど、取れるといいなと思ってます。
Salyuは今年もまた見たいです。
僕の中でのライブベストは、スガシカオの武道館、そして事変かなぁ。どちらもサポートメンバーのテクニックがすごくてアンサンブルが素晴らしいなと思いました。あとカエラ武道館の80年代的ライティングも印象的でした。
CDはガールズ系ならズータンズ、全体としてはくるりのワルツを踊れがよかったです。サンタラは遅まきながら、ニューアルバムと一緒に買いました。Go onとTERMINALは自分もよくリピートしました。

2008-02-09 土 12:34:11 | URL | junper #- [ 編集 ]

TOPSさん、私もSalyuに期待してます

これまでのSalyuのステージではそこに居なくてもコバタケの影が感じられたのですが、次のアルバムそしてそのレコ発ではその呪縛から解き放たれそうな予感がします。
潮音ちゃんはこれまでの惣一郎さんや権藤さんが見事なバンマスぶりでステージをまとめていましたが、最初に見た吉野さんとのふたりだけのステージが素晴らしくてあの自由さが欲しいかも。今度のレコ発は是非イギリスレコーディングのメンバーでやってもらいたい。
ジルデコもいいですよね。chihiRoさんが確変すればよっちゃんを超える気もします。towadaさんの手綱しだいでしょうか。

2008-01-09 水 00:37:39 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

Salyuは生歌が素晴らしいですよね。先月もイベントで見ました
がますます充実しているように思いました。8月の池上本門寺の
イベントは僕もとても楽しめました。湯川潮音の草月ホールは、
平日18時とあまりに開始時刻が早く、あっさり終わった感、
ワンマンではその前のリキッドルームのほうが良かったです。
それより、エンケンやハンバートハンバートの出たクアトロが
印象に残っています。

2007年に観たライブは277本、約1000ステージ、6000曲ほど。
この中からベストを選ぶのは難しいけど、次の5本でしょうか。

1位 3.14「自由学園明日舘」二階堂和美
2位 5.26「クラブクアトロ」吾妻光良&The Swing Bappers
3位 6.24「クラブクアトロ」湯川潮音/ハンバートハンバートほか
4位 10.12「440」安宅浩司/おおはた雄一/ううじん
5位 9.30「7th floor」air plants

さて今年、僕が最も期待しているのはSalyuです。あとは
JiLL-Decoy associationにFonogenicoといったところ。熊木杏里は
安藤裕子以上にブレイクしそうな気がしています。個人的には
エゴラッピン以上に好きなジムノペディの活動再開にも期待しています。
ではまた

2008-01-08 火 10:30:34 | URL | TOPS #Lin/t3a. [ 編集 ]

つっつさん、記事の最初にも書きましたが

リリースや開催日順に書き出したので、順位ではないんですよ。分かりづらくて申し訳ありません。
やはりベスト10と言うと順位で並べるのが普通なんでしょうね。私は10個選ぶだけでも大変なので、その先順位を付ける根性が湧きませんでした。
ライブのベスト1は記事にも書いたけど、ニカさんで決定。CDのベスト1はSalyuかコジマユどちらかですね。

2008-01-06 日 00:40:42 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

すごい!
どちらもSalyuが一位に輝きましたねーv-425

2008-01-05 土 20:42:58 | URL | つっつ #HHwP0Xsw [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。