スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

Port of Notes@表参道ヒルズ

遅くなりましたが、1/14に表参道ヒルズのスペースオーで行われたPort of Notesのフリーライブに参加してきました。ちょっとアヤシイですがセットリストから。

1. (You are) more than paradise
2. ほんの少し
3. 僕の見た昨日
4. Sailing To Your Love
5. あなたについて

PoNのライブは一昨年の品川教会でのゲスト以来で、3回目。その前、最初となると『Evening Glow』のレコ発で、4年前となってしまいますか。一年毎に参加ってのも、マイペースなこのコンビらしいペースかも。このライブはJ-Waveの公開放送で、フロアには椅子も置かれていてゆったりとしたライブとなりました。MCの方の紹介でメンバーが登場。面子はPoNのお二人と、Bophanaのと言うよりは最近では美由紀姐さんのサポートでもお馴染みとなった、Hands of Creationの小池龍平君のお三方。
美由紀姐さんの衣装は黒に近いブルーブラックのシルクと思われるAラインな膝丈ワンピで、凝った織りが入っていたかな。足元は未確認ですが、髪は毛先にちょっとウェーヴかかったショート。昨年の暮れにBophanaのゲストで見た時より、ややスリムだった印象。登場後ライブ前の放送ではCMが流れている最中、姐さんは客席に知合いの顔を見つけて手を振ったりと、リラックスした感じで本番が開始となりました。

先ず1曲目は必殺の曲をぶつけて来ましたね。2本のアコギがゆるいボッサのリフを刻むと、姐さんもいきなりスキャットで絡んで来る気合の入れよう。小池君の美しいコーラスも加わり、聴いている方も端からゾクゾクして来ましたよ。最初の間奏ではスキャットがメイン、次の間奏ではDSKのアコギソロがフィーチャーされ贅沢なスタート。大サビでは姐さんのフェイク満載のヴォーカルもシビレましたっけ。
軽い挨拶の後、『more than paradise』の曲順に従ったかのように2曲目が静かに始まりました。アコギのイントロにオフマイクのスキャットが重なり、そのスキャットが次第にオンになって行く展開。CDよりはややスローなテンポでやや濃い目に歌っていましたが、ギリギリ一杯でストライクゾーン。小池君のコーラスとのハーモニーも美しかったので、良しとしましょうか。

3曲目はDSKのアルペジオのみから始まり、途中から小池君がバッキングするイントロから。この曲では小池君ではなく、DSKがコーラスで参加していたっけ。姐さんも最初は感情を押さえ気味に入っていたけど、後半になるに連れ徐々にエモーショナルになって行ってしまいましたね。間奏でのDSKのアコギソロもダイナミックなストロークで、煽っていた感じなのでしょうがないかな。
MCの方とのやり取りなどをはさみ、4曲目へ。イントロから小池君のBlues Harpが入って、CDとはちょっと違った雰囲気。DSKも弦にゴルペ入れてリズムを取ったりしてたけど、ガタムのような音色となってて面白かったよ。DSKのダルなコーラスも曲調に合ってたし、アウトロでのオフマイク気味なスキャットとDSKのGt.ソロとの絡みはスリリングでした。

そして最後は3月リリース予定のベスト盤にも収録されている新曲で締め。ゆったりとしたアルペジオのイントロから語るような姐さんのヴォーカルで始まり、結構和風なメロディが印象的な曲でした。DSK節としか表現できない彼特有のリフも全開で、これぞPoNといった曲かな。間奏での小池君のBlues Harpソロもカッコ良かった。30分ほどの短いステージでしたが、ワンアンドオンリーな世界を堪能出来ました。3月のレコ発ライブも是非参加させていただきたい。
Blue Arpeggio ~Own Best Selection~
Blue Arpeggio ~Own Best Selection~

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2008.01.16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。