スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

GO!GO!7188@AX

昨日SHIBUYA-AXで行われたGO!GO!7188の「すごろくツアー」に参加してきました。かなりアヤシーですが、セットリストから行きます。

1. ロックスター
2. 脳内トラベラー
3. アイムラッキーガール
4. スカ
5. 真夏のダンスホール
6. 3人のブギーマン
7. 大人のくすり
8. サンダーガール
9. 眠りの浅瀬
10. チェーン
11. 青い夜
12. 世界の車窓から
13. あぁ青春
14. C7
15. あしのけ
16. マンホール
17. 文具
18. ジェットにんぢん
19. 小さな爪跡
20. えそらごと
<アンコール>
21. 片想いファイター
22. 浮舟
<ダブルアンコール>
23. こいのうた


GO!GO!のライブは昨年9月の新エレキ以来で、8回目だと思います。ステージには白いスクリーンがかかっていて、昨年のみちずれでのテーマ色を使ったステージとは違った雰囲気。開演時間の19:00を5分ほど過ぎていきなり客電が消えると、間髪入れず歓声が巻き起こりましたよ。スクリーンにバリライトで幾何学模様が映し出され、Bs.のイントロが始まるとアッコに後からライトが当りその姿がスクリーンに映し出されました。その後歌に入るとユウ、続いてターキーと次々に映し出され行く演出に観客も端からテンション上がりますね。ユウも最初っからコブシ回して、アッコのコーラスもいい感じで絡んでたわ。2コーラス目の途中からスクリーンが落ち、お三方のお姿が見られました。
ユウは黒に青い海(?)のプリント入ったTeeにタイトなジーンズ、髪は明るめブラウンのロング。ユウ、去年より少し太ったかな。アッコは同じく黒に白でピースマークのプリントTシャツとジーンズ、髪はユウより落ち着いた感じのカラーでショート。2曲目はメドレーで突入しましたが、ユウのスカ全開なリフでフロアは一斉に縦ノリへ。ステージ上に設置されていた高輝度LEDも明滅し始めて、上がる展開となって行きましたよ。アッコの攻撃的なフィルも楽しかったし、彼女のシャウト気味のコーラスも決まってたね。転調後にはユウのヴォーカルに深いリバーヴがかかったり、アウトロでは「ノーナイ、ノーナイ」をフロアと大合唱で締めと来ました。

続いて3曲目もターキーの4つ打ちバスドラが始まるとアッコの音頭で「ヘイ、ヘイ」を合唱。ターキーのダブルスティックによるスネアが気持ち良過ぎ。AXの高い天井に綺麗に木霊してたね。間奏でユウが初めて中央のお立ち台に上がり和風なメロのGt.ソロから、ピックを6弦に擦り付けていく余韻が長くてカッコ良過ぎ。4曲目で初めて『569』以外からの選曲でしたが、この曲もGO!GO!のアンセムになりつつありますね。「ロック」や、めったに演奏されない「バラード」など単純なタイトルの曲がどれもいい曲、ってのが不思議。この曲のアウトロ中にアッコからこのツアーでのお約束である、エンジョイとバンザイの造語「エンザイ」のレクチャー。顔文字で書くとこんな感じ?/(^_^)\「エン」→\(^o^)/「ザイ!」
ここでアッコから短目な初めてのMCがあり、5曲目になだれ込みました。レトロなコーラスワークも楽しくて、私もここら辺りから本格的に踊り始めたね。間奏でのバスドラとシンバルのみでのコーラスからGt.ソロへ続く流れは気持ち良かったし、アウトロでのユウのファルセットでのスキャットは鳥肌モノ。Dr.ソロでブリッジして、アルバムと同じ流れで6曲目へ。間奏でのブギー入ったGt.ソロはユウとしては珍しかったかも。その間奏中アッコは左手のお立ち台に上り、そのソロにディープなビートで絡んでましたっけ。

7曲目はファズ効いたBs.ソロから入るいつものイントロで大歓声。何時聴いてもこの曲は楽しい!アッコのBs.ラインの弾けっぷりにヤラレちゃいます。間奏で中央のお立ち台でソロ弾くユウの後、リズム隊が向き合って生み出すグルーヴがまたスゴかった。2コーラス目入りのGt.レスで歌う部分は、Gt.のハウリングもあってライブならではの醍醐味だったよ。7曲目はアッコの「サンダーガール!」のコールから。ユウのフェイク多目のヴォーカルがノリ良かったし、3人のソロ回す展開も決まってたね。ただ最後の転調でアッコがモタったのが惜しかった。
9曲目はアルバムの中ではちょっと地味な感じでしたが、ライブだとターキーのDr.が凄かったな。入りのBs.とシンバルのみで歌う部分とか、マーチ風なスネアとか細かいとこもキッチリ決まってたよ。間奏でのヨナ抜きGt.ソロでミスってたのはご愛嬌でしたが、アッコのコーラスも和風で染みる曲だなと再認識したわ。10曲目はステージ後の暗幕が開き、白い壁にバリライトでサイケな映像が投影されました。GO!GO!のと言うよりはユウソロの世界に近いダークな曲だけど、アッコがボトルネック使ったりイントロもCDより長めで転調の多いプログレちっくな展開にシビレたよ。アッコのファルセットでのコーラスや、ディストーション効かせたGt.ソロも曲に合ってたな。

11曲目はGO!GO!にしてはオーセンティックなROCKナンバーだけど、これを堂々と歌えるユウのヴォーカルに感心。リズム隊のケルト入った土台がパワフルさもあったし、アウトロでのコブシ入ったユウのスキャットにアッコとターキーが二人でコーラスしたエンディングもいい締めでした。12曲目はアッコのメロディアスなBs.がバッキングするイントロが素敵。アッコは間奏でもオクターブ上げるフィルもあったね。サビでのユウのヴォーカルにはリバーヴ多目に効いてて、倍音が美しかったなあ。ここで3人入り乱れての長いMCがありました。
13曲目は懐かしい曲で来ましたね。ユウは昔ほど和風なヴォーカルでなく、あっさり目。コーラスも単純で、最近の凝ったコーラスワークの曲聴いているとやや物足りなさを感じてしまうな。いや、進歩って恐ろしいものです。14曲目もGO!GO!には無くてはならない定番曲。いつもの大合唱に参加させていただきました。それを聴いてか、アッコとターキーが顔を見合わせて笑っていたのが印象的。15曲目は新譜のオープニングトラックで、この曲のみ天井のLEDディスプレイが降りてきて『569』のロゴが映し出されました。GO!GO!お得意のパンクな曲ですが、凝ったサウンドの連続で「シンフォニックパンク」と呼びたいほど。この曲もエライ踊れますわ。

16曲目はユウのリバーヴ効いた声がマンホールから響いてくるようなムード。言葉の詰め込み方もちょっと昔を思い出させてくれたり、スキャットでのアッコとのハーモニーも美しかった。17曲目は久々にターキーの叫びから入って、懐かしかった。ライブではCDよりもテンポが速いけど、今ではCDを聴くと違和感があるほど。昨日はリズム隊の破壊力もスゴかったし、フロント二人がアウトロで跳ねながら演奏しているのが楽しそうでしたな。更に定番曲は続き、18曲目はイントロからユウが中央のお立ち台に上り煽ります。その後間奏ではユウが下手まで出張すると、フロアも沸きます。この頃には私も汗だくとなって来て、メモも滲んでますね。
19曲目はCDとはちょっと異なり4つ打ちのバスドラから始まったかな。この曲はCDで聴いた時からライブ映えする曲だと見当つけてましたが、大正解。前の定番曲たちにも引けを取らず、フロアは揺れてましたね。フィニッシュはアッコとユウが左右のお立ち台からジャンプして締めるとこもカッコ良かった。最後のお別れMCがアッコからあり、本編の締めへ。新譜の最後の曲でフィニッシュでしたね。言葉の選び方とかにはアッコらしいとこもある曲ですが、この曲も常識的なROCKチューンかも。それでもユウのヴォーカルの存在感で押し切ってしまう感じ。このバンドがもう一段ステップを上がったことを実感したエンディングだったわ。

お三方がステージから姿を消す間際からブッサイクコールが始まりましたが、この日はM-ONでの生中継もあり、CMが終わる頃を見計らって3人そろって再登場。皆さんグッズのTeeに着替えてたかな。アッコはフロアでも着ている人の多かった茶色の真夏のTee、ユウは白のすごろくTシャツだったみたい。ターキーは本編最後の曲で張り切りすぎたのか鼻血を出してしまったそうで、ティッシュを鼻に詰めてたっけ。アンコール1曲目はこのツアー中に出来た新曲だそうで、前半は最近お得意のスカなリズムが特徴で、後半はユウのヴォーカルを生かすようなメロディアスな構成。凝ったリズムも最近のGO!GO!らしかった。アウトロのユウのカッティングは切れ味良かったね。
22曲目はこれもアンセムの一つで攻めてきました。アレンジが少し変わっていたようで、イントロのGt.ソロにバスタムが絡むとこはオドロオドロしさがあって楽しかった。ただ、ユウのヴォーカルにいつもの鬼気迫るような情念が感じられなかったのが残念。ユウは今ハッピーなのかも。アンコールで3人がハケてもブッサイクコールは続きます。客電も点きBGMが流れますが、そんなのカンケーネー。お客さんも終電が気になる少しの人が去った以外は皆さん粘ります。根負けしたのかお三方が再々登場し、初期の名曲で楽しい2時間のステージをしっとりと締めてくれました。6月には野音2daysもあるそうなので、楽しみにしています。
569(初回生産限定盤)

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2008.01.19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。