スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

天野月子@O-EAST

既に一昨日となってしまいましたが、渋谷のO-EASTで行われた天野月子の「ひ・め・は・じ・め」に参加してきました。とりあえずセットリストから。

0. A MOON CHILD IN THE SKY
1. Devil Flamingo
2. 鮫
3. Tresure
4. Love Dealer
5. 時計台の鐘
6. ライオン
7. 蝶
8. 龍
9. 翡翠
10. カメリア
11. HEVEN'S GATE
12. 人形
13. 日曜日
14. 烏
15. JOKER JOE
16. Butter Fingers
17. ウララカ
18. B.G. ~Black Guitar + Berry Garden~
19. スナイパー
20. トムパンクス
21. 花冠
22. 巨大獣
<アンコール>
23. HEVEN'S GATE
24. Howling
<ダブルアンコール>
25. Stone

つっこさんのライブは昨年7月のアマフェス以来で9回目、A LUNCHも含めると10回となります。2003年の「Tour of the DRAGON」から6年連続での参加ですよ。つっこさんが今年デビュー8周年を迎えるので、かなりの期間ご一緒出来ているのが嬉しいですね。年に1回か多くても2回づつしか参加できていませんが、今年は多くなりそうな予感。ギリで入場したので既に会場は後までパンパン、しかたなく上段の上手側に位置しました。下を見るとフロアは比較的余裕がありそうで、無理してでも下へ行くべきだったかな。
ほぼ定刻に客電が暗くなり「菩提樹」の打ち込みSEが流れると、当然手拍子がおきます。つっこさんの生アナウンスで「皆さま、明けましておめでとうございます。天野月子です」と始まり、いつものメンバー紹介などがありましたが、今回は途中で「声が小さい!」とか喝を入れる場面も有ったのがウケたわ。SEがムンチャイのオープニングに切り替わると、プレイボーイズの面々が入場。でも、Rieさんがいない!これは軽くショックでしたね。続いてつっこさんもテレキャス担いで登場しましたが、この日の衣装は黒に金のラメが入ったキャミに、ワッペンが沢山付いたジーンズ。足元は確認できませんでしたが、髪はお馴染みの黒髪ストレートロング。

1曲目はSEから引き続きアルバムの流れまんまにスタート。アッキーは最初キラキラPB使ってたね。つっこさんは1コーラス目の途中からGt.弾くのを止めてワイヤレスのマイクをスタンドから引き抜き、ステージ左右にフロアを煽りに出かけて来ましたよ。この曲でのシャラさんのGt.はいつ聴いてもシビレるディストーションだな。ヘッドバンキングしながら弾いているその姿はカッコ良いの一言。アウトロの早弾きソロも凄まじい切れ味でしたっけ。メドレーで雪崩れ込んだ2曲目でつっこさんはGt.を下ろし、本格的にハンドマイクとなりました。イントロで激しく踊ったり、モニターに足を掛けてフロアに屈み込んだりと動きも激しくなって来たよ。この曲は去年のアマフェスから打ち込みがCDとはちょっと変わってて、グルーヴィーなOrg.が加わることで一層楽しい曲となってたっけ。
ここで短いMCがあり「懐かしい曲を何曲かお贈りします」とのコメントで、3曲目はライブでは初めてかな。つっこさんも歌い慣れていないのか入りでちょっと音を外していたけど、その後は安定したヴォーカルを聴かせてくれましたよ。ただ、Rieさんが居ないのが痛かった。CDの音源から抜いたつっこさん自身のコーラスも流れてたみたいだけど、ちょっと違和感あったな。4曲目は振りを踊るためにスタンドマイクにチェンジ。AIR:MANの助けこそ無かったけど、フロアで何人か踊っていたのが心強かった。この曲からアッキーはジャズベにスイッチしてたけど、PBに比べると華奢に見えるな。あと、ミラーボールも回ってレトロなムードの曲にピッタリだったよ。

5曲目はつっこさんのイノセントなヴォーカルが可愛らしかった。これもつっこさんの一面で、濃い曲続いてたし一服の清涼剤だったかも。間奏ではBs.がリードでGt.がバッキング、アウトロでは逆にGt.が美しく歌っててBs.がネットリと絡んでましたな。6曲目はイントロからアッキーのBs.が大活躍。Gt.はサビまでミニマムに参加する程度だったね。サビではヴォーカルに深いエコーがかかって、会場に綺麗に響き渡ってましたよ。ここで長目のMCがあったけど、ひとり酔った女性がつっこさんに絡んできたのが雰囲気壊してたのが残念。この後もMCの度に絡まれてつっこさんも打つ手無しだったね。
ここでは新曲のために新調したつっこさんのデコGt.の紹介もあったのだけど、参考にしたのがアッキーのプレベだそうで、ステージ上で2台並べられた姿を見るとゴツイ兄とファンキーな妹といった感じ。さて7曲目からは和風な曲を並べてきました。先ずは私的につっこさんといえばこの曲、という一押しの「蝶」。ただこの日はいつも炸裂している情念がちと抑え目だったような。声はすごく出ていたんだけど、そこだけが惜しかった。続く「龍」はイントロのメロディアスなBs.と、シャラさんがピックを弦に擦り付けたりするパッーカッシブなGt.のバッキングがスゴかった。つっこさんもテクニックを捨てて、ガチで歌い上げる力強いヴォーカルが染みたわ。

「翡翠」は打ち込みPf.メインのスリムタイプバージョンに近い感じ。1コーラス目はJJのマレットでのシンバルが少し入る程度で、つっこさんと戸倉さんのデュオで進行。2コーラス目からバンドが入り、シャラさんのエモーショナルなGt.ソロがつっこさんのヴォーカルを煽ってたかも。10曲目は打ち込みのリズムとBs.メインのCDまんまのアレンジ。でも間奏は派手な指弾きBs.ソロは超絶モノ。つっこさんの切なさ全開なヴォーカルは反則だわ。相当気持ちも入ってた感じで、つっこさんの指先がブルブル震えていたのがこっちにも伝染してしまったよ。
ここで短いMC、「マッタリモードは終わりだよっ!後半行くよ!!」とのお達し。先ほど紹介されたFlying Vを担ぎ、新曲を披露してくれました。アッキーもPBに戻り、兄妹揃い踏みとなりました。1コーラス目はブギーなGt.と打ち込みのシンバルのみで進み、サビからバンドが本格的に参加。JJのDr.は結構パンクしてたのが、CDと違ってたかな。12曲目はこの所お馴染みなオルゴールの打ち込みが入るアレンジ。オルゴールのとこだけブルーのライトが当ったミラーボールが回って、ムードありましたわ。シャウトでの「ママー!」ロングトーンに被さるシャラさんの泣きのGt.は毎度絶妙なタイミングだよ。

13曲目はつっこさんもGt.を下ろしてハンドマイクとなり、気合入ってます。JJのパンキッシュなDr.とアッキーの超高速指弾きBs.も走って、つっこさんのヴォーカルを加速させてたわ。打ち込みのストリングもハイスピードで前日のGO!GO!での「あしのけ」をシンフォニックパンクと言ったけど、つっこさんは昔からそれをやってたってことを再認識させられたよ。14曲目は去年のキネマで惚れ直した「烏」。文句無しに楽しいR&R!間奏のGt.ソロで前に出てきたシャラさんの後で、アッキーとつっこさんが向き合って踊りまくってたのが象徴的だったな。
15曲目もギンギンなR&Rで攻めて来ました。つっこさんの噛み付くようなヴォーカルは何度聴いても上がるね。コーラスをフロアに要求してましたが、そのせいか歌詞がちょっと飛んでしまったのはご愛嬌ってことで。珍しくシャラさんがコーラスもしてたけど、やっぱRieさんの不在は重いって。更にR&Rは続き、16曲目へ。間奏ではシャラさんがモニターに足を掛けて、ブギーなGt.ソロでフロアを煽ります。フロアの反応に満足したのか、ニッコリ笑って定位置に戻りましたね。次の間奏ではアッキーが負けじとタッピング織り交ぜながらのBs.ソロもスゲー盛り上がりました。

17曲もアゲアゲR&Rで突っ走ります。つっこさんもシャウト連発でかなりハスキーになって来ましたっけ。アウトロではアッキーのライトハンドも少し見れたし、満足満足。ここで短いMCが有りましたが、つっこさんも相当息が上がってヘロヘロに。で、つっこさんに「合唱の時間です」と言われるまでもなく、少しでも休んでもらうために当然歌いましたよ。最初は不満げな表情で煽ってたつっこさんですが、最後には満足げな笑顔も見せてくれ声を張り上げて歌った甲斐がありました。19曲目でつっこさんはそれまでのテレキャスからエレアコにチェンジ。2コーラス目は最初Bs.とDr.のみで歌う展開でしたが、途中アッキーとJJがアイコンタクトで派手なフィルを交換してつっこさんをビックリさせてたっけ。それに刺激されたのかシャラさんもチョーキングてんこ盛りのGt.ソロを聴かせてくれたし、もう楽し過ぎ。
20曲目はアッキーのスラップ入れたイントロがこれまで聴いていたより、派手だったかな。まあフロアはそんな事カンケー無く大騒ぎでしたね。何は無くとも大合唱です。つっこさんも飛び跳ねながらステージ左右に大忙し。また短いMCが入り、「ラス前はどの曲にしようか悩んだけど、この曲を推す人が多かったんだよね」と歌い始めたのが「花冠」でした。前回のアマフェスでは「トムパン」の後の「Howling」~「巨大獣」の流れに心震えたけど、今回の「花冠」~「巨大獣」も負けてなかった。ただ、何度も繰り返してすみませんが、Rieさんがいれば去年を上回っていたのは確実だと思うんですよ。

アウトロ中に「ありがとうございました」の一言を残し、つっこさんはステージ左右、そして中央で一礼を繰り返し走ってステージを去りました。アウトロが終わり、また「菩提樹」のSEが流れる中プレイボーイズの面々も皆さん笑顔で、手を振りながら袖に消えましたっけ。SEに合わせての手拍子に応え、先ずはつっこさんのみが再登場。サプライズで4/25の赤坂BLITZ「ひめのぼり」を発表してくれたね。更に嬉しいサプライズは2階席に遊びに来ていたRieさんを戸倉社長が拉致したみたいで、1曲だけですが登場してくれました。いや、これには泣けましたよ。
Rieさんはいつもステージではセクシーな衣装で楽しませてくれますが、この日は飛び入りってことでジーンズにカモフラのジャージっぽいトップとラフなかっこ。まあそれでもステージに上がってくれたことで大満足ですよ。アンコール1曲目は鉄板メンバーで、新譜をリピートしてくれました。Rieさんのクネクネダンス見ているだけで、嬉しくてヘラヘラ笑っちゃいますね。彼女のコーラスも加わり、新曲も一層染みましたわ。

続いてはその前のシングル曲へ。つっこさんはデコGt.を下ろしハンドマイクです。打ち込みのPf.とハイハットのみでのイントロから入り、Aメロの途中からBs.とGt.が参加して行きましたっけ。つっこさんのヴォーカルも終盤ですが声も万全、最後まで染みる歌声で酔わせてくれたな。今回はダブルアンコールも来ましたね。エレアコ弾き語りでの「Stone」とは最後まで楽しませてくれます。声はもう使い切った感じでファルセットは苦しそうでしたが、またそれもある意味切なさあふれて、いい感じでステージを締めてくれたわ。
終わってみれば21:00ちょっと前で、2時間半を超えるステージだったかな。今年はこれまで以上に攻めて来るつっこさんになりそうで、こちらも心して迎え撃ちたいですね。とりあえず4月の赤坂を楽しみにしています。
HEAVEN’S GATE / 天野月子
HEAVEN’S GATE

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2008.01.22 | コメント(2) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

xYUKIxさん、是非お会いしたいですね

今回は博多から遠征していた玲王さんと会場で会えたので、次回は青森からのxYUKIxさんと会えたなら北から南までつっこさん仲間の輪が広がりますよ。
近々15時間もかけ高速バス乗り継いで名古屋まで遠征するそうですが、4月も無理をなさらず体に気を付けてくださいね。

2008-01-27 日 01:22:21 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

4月こ~そ~は~!!!

何が何でも行きます!!!と言いたい所なんですが、去年の10月頃から行くって決めてたヤツの1週間後なんですよね…
ん~、頑張ればなんとかなる、かな…?

もし行けたらmikeさんとも是非お逢いしたいです(´∀`)

2008-01-26 土 17:12:02 | URL | xYUKIx #WO.8kER. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。