スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

沈黙 / ロバート・B・パーカー

久々のブック・レビューです。またもやスペンサー・シリーズとなってしまいました。
この2ヶ月間本を読んでいなかった訳ではないのですが、読み進めるのが遅くて(あまり面白くないから?)読了にまで至っていませんでした。まあ、そちらも読み終わったらレビューするかもしれませんけど。

で、「沈黙」ですがいまいちな印象でした。ストーリーとしてはホークの知人の大学教授に関する調査と、スーザンの友人のストーカー調査というふたつの流れがあり、ちょっと散漫な感じになってしまったように受け取りました。
大学を舞台にするのはスペンサー初登場の「ゴッドウルフの行方」以来でしょうか。もともと作者のパーカーが本職の教授であったし、ボストンという都市はボストン・カレッジやM.I.T.など有名大学がある土地柄なので必然的ではあります。
そして、ストーキングについては最近日本でもメディアで取り上げられる話題ですが、彼の地では大きな社会問題となっています。このシリーズでも何度か俎上に載っていますね。

このふたつのストーリーが絡まずに進んで行き、どちらも唐突な幕切れで終わるのは、ちょっと不満でした。絡まないなら別で書けばいいよう気がしたし、特に教授の調査についてはあっけないオチで終了したのは「ハァ?」って感じ。もうちょっとアクション、もしくは裏社会での展開などを期待していました。

でも、スーザンの怒りの鉄拳が登場したり、いつものしゃれた会話は楽しめましたので良しとしましょう。早く次作が文庫化されないかな。

沈黙 / ロバート・B・パーカー
沈黙 突然の災禍

スポンサーサイト

2005.08.06 | コメント(0) | トラックバック(0) |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。