スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

Rie fu@Stellar Ball

大変遅くなりましたが、4/13二つ目のライブは品川のStellar Ballで行われたRie fuの「りえ風 Live 2008」でした。ちょっと自信がありませんが、セットリストから。

1. decay
2. Shine
3. ツキアカリ
4. Feel The Same
5. dreams be
6. London
7. Wait For Me
8. Until I Say
9. 雨の日が好きって思ってみたい
10. ねがいごと
11. Present
12. Home
13. 5000マイル
14. Just the Kind of Thought
15. 君が浮かぶよ
16. tobira
<アンコール>
17. Life is Like a Boat
18. あなたがここにいる理由
19. いつかこの道の先に

りえふのライブは一昨年のツアー以来で、かな~りお久しぶりな4回目。このライブはソールドアウトのようで発売日を少し過ぎてから購入したら、上手側の後から2列目というかなりビミョーな席。開演時間の18:00を10分ほど過ぎてようやくBGMが消えで客電も暗くなり、1曲目のイントロがスタート。ほぼ同時にステージ前に下がっていた淡いピンクの紗のカーテンにステージ後方からライトが照らされ、りえふのシルエットがそのカーテンに映し出されました。歌が始まってしばらくするとそのカーテンも開き、ステージの全貌が明らかに。この日のりえふの衣装はマゼンタのシフォンを重ねたミニドレスに、黒っぽいスパッツとシルバーのハイヒール。髪は栗色のロングだったっけ。このドレスは後のMCによるとネットショッピングで購入したそうですが、りえふ自身が裾上げしたとか。
サポートはRie fuではすっかりお馴染みのGt./Kb.上田禎とBs.鹿島達也、そのお二人とはepochつながりのGt.石崎光は先日SHUUBIのサポでお会いしたばかり、元ハートバザールのDr.國分建臣はお初かな。りえふのブログでも写真がアップされていたけど、上田さんはいつものスリムな三つボタンスーツ、鹿島さんは青主体チェックのネルシャツ、石崎さんはROCKな感にデコレイトされた白いワイシャツに黒のスリムなネクタイ、國分さんはボーダーのロンTとバラバラな衣装だったのも面白かったわ。上田さんはフルアコ、石崎さんはお馴染みのリッケンセミアコでのスタートでしたが、石崎さんはこの後もずっとセミアコで通してたっけ。1曲目ではりえふもアコギを担いで、前半は弾むアルペジオ、後半では激しいストロークと活躍していました。

2曲目ではりえふはアコピへ移動し、上田さんもアコギにチェンジ。上田さんお得意の腰振りダンスも出始めました。石崎さんのシンフォニックなエフェクター使ったE.Gt.もイイ味出してました。間奏でアコピソロを聴かせてくれたりえふですが、アウトロではPf.を離れステージ左右に出かけて端のお客さんにもサービス。そのままセンターのマイクで最初の短いMCもしてたね。3曲目でりえふは再びPf.へ。イントロのアコギとE.Gt.のユニゾンから東洋スケールのメロディが美しかったし、その後で深く静かに歌う鹿島さんのBs.もシビレた。一昨年のライブではリヴァーブ多目のとろけるようなスィートな声にヤラレちゃったけど、この日はストレートな声の力強さが印象的。リバプールサウンドを思わせるような石崎さんのGt.ソロもカッコ良かったな。
4曲目はCDと同じようにアコピでの弾き語りからスタート。それから上田さんのフルアコが加わり、しばらくしてバンドも参加する展開。上田さんのブルージーなバッキングと、アコピのクールなリフの対比も面白かった。5曲目はりえふはアコギに戻り、その弾き語りから。石崎さんの繊細なハイコードのアルペジオが静かに続き、バンドが入ると一気にテンポアップ。セリフを照れくさそうに語るりえふに、ちょっと萌えてしまったのはナイショです。MCをはさみ、6曲目も引き続きりえふはアコギで、上田さんはリッケン風なセミアコにスイッチ。アコギ弾き語りで始まり、マレットでのシンバルが入り、しらくしてからバンドが続くCDとはちょっと違ったアレンジ。この曲ではりえふのミスティな中低域のヴォーカルが絶品で、アウトロのハミングも艶やかだったよ。7曲目は上田さんがアコピへ移動。前半のPf.とアコギの優しい絡みから、後半はディストーション効いたサイケデリックなE.Gt.とBs.のディープなバトルへと幅広い音楽性を聴かせてくれたね。

8曲目はりえふが上田さんと入れ替わりアコピへ。CDではオーボエとストリングスが印象的な曲でしたが、オーボエ代わりに石崎さんのE.Gt.が歌い、ストリングスではなく鹿島さんのBs.がシンフォニックにバッキング。このお二人の職人技には頭が下がりますよ。ここでサポート陣が袖に下がり、アコピ弾き語りコーナーとなりました。9曲目は雨だれを思わせるリズミカルなPf.のリフが美しかったし、ブルーのバリライトが会場を満たしてムード満点。10曲目はピアノのリフに少しケルトっぽい香りを感じたね。ただピアノのアレンジがバンドヴァージョンのままで、弾き語りだともう少し左手を使った方が良かったかも。ファルセットでのスキャットはめちゃシビレたので、Pf.だけが惜しかった。
11曲目は出来たての新曲だそうで、この「Present」には「贈り物」だけでなく、「現在」という意味も込めているとか。それを聞くと「いつかでなく今を、何処かでなくここに居て、誰かでなくあなた」という歌詞も染みましたね。アコピだけの伴奏だったけど何処からともなくオルガンの響きが聴こえて来るような、ちょっとゴスペルちっくなりえふの歌も素敵でした。そしてバンドも戻り、メンバー紹介からMC。このStellar Ballは以前スケートリンクで、りえふの両親の思い出の地だったとか。ママがパパの出ていたアイスホッケーの試合を見に来たのが出会いらしいです。その両親の元で素直に育ったことを感じさせてくれる12曲目も心に響きました。最近のりえふらしいポジティヴで、力強い歌声がダイナミックなアレンジのバックにフィットしてたわ。最後のロングトーンもドラマティックなエンディングとなりました。

13曲目は左端の上田さんと右端の石崎さんが遠距離ながら、アイコンタクトでリフを交換するバッキングが楽しすぎ。石崎さんお得意のマージービートっぽいリズムも出てましたね。間奏でのPf.ソロに鹿島さんが美しいフィルで絡むとこもグッと来ましたよ。14曲目でこの日初めてりえふが楽器を離れ、イントロではタンバリン叩きながら観客に立つように促します。途中からはタンバリンも置き、ハンドマイクとなって跳ねながら歌うりえふが可愛らしかった。二人のギタリストを差し置き、シビレるBs.ソロを聴かせてくれた鹿島さんにも脱帽。15曲目は落ち着いた感じのCDとは違って、上田さんのフルアコソロのイントロからかなりROCKなアレンジ。りえふのアコギも力強いストロークで、フロアを煽ってた感じ。石崎さんのアウトロGt.ソロもファンキーでした。
で、本編ラストは上田さんがアコギに代わり、りえふもショートスケールのレスポールを担ぎました。曲がスタートする前にコール&レスポンスの練習を行い、上田さんのOKも出て曲がスタート。レスポでの弾き語りから始まりましたが、Bメロ辺りから入った石崎さんのバッキングが凄かった。リアルタイムでサンプリングしたGt.をループさせ、更に音を重ねてゆくに連れグルーヴが増して行きます。バンドが入ってからもスローながら、メンバーそれぞれの技が光るバッキングに右往左往する始末でした。アンコールでは先ずりえふ一人がドレスの上から黒のツアーTeeを重ね着して再登場し、アコピ弾き語りでデビュー曲を。デビュー時点から完成していた感じのりえふの歌声ですが、この日は一皮むけたような進化を感じたな。以前よりパワフルなファルセットとか「もっと歌を届けたい」、と言うような思いが感じられたんですよね。

18曲目も弾き語りで始まりましたが途中からサポート陣も入場し、Bメロあたりから演奏に参加。上田さんは大きなシルクハットをかぶって、アコギを弾く姿も決ってました。石崎さんのGt.ソロもブルージーで染みましたよ。そして、りえふからレーベル移籍のMCなどがありましたが、ジンのブログで知ったけどパームビーチは解散とか。ロンドン留学も寛容に許してくれたパームビーチに感謝の言葉を述べ、ちょっとウルウル来てました。オーラスはりえふがセンターに戻りアコギへ、代わって上田さんがアコピに移動。これも新曲で、ロンドンで最後に行ったライブで初披露した思い出の曲だとか。歌い出しから彼女の美しいハイトーン満載の素敵な曲です。アウトロではGt.を弾きながらステージ左右に挨拶をし、ドラマティックなエンディングもあってジンと来るフィニッシュでしたよ。
2時間ちょっと切るステージでしたが、一昨年とは方向性はちょっと違ったけど最新型のりえふもイイ感じです。前回はスィートなヴォイスにメロメロになりましたが、今回はちょっとビターで喝を入れられたかな。入場時は人だかりで見れなかったブログでも紹介されていたりえふの絵もようやく去り際に見れました。現代的でありながら印象派っぽい部分も感じられ、クールさと優しさを併せ持った彼女らしい絵でしたね。今後はレーベルも変わってどんな活動となるか予想しにくいですが、またスィートな面も見せて欲しいし、ライブを増やしてくださいよ。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2008.04.19 | コメント(2) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

やまかずさん、初めまして!

コメントありがとうございます。そちらのBlogも拝見させていただきましたが、好みのアーティストも結構重なっている感じ。
りえふも来週のアルバムリリース以降活動も活発になりそうなので、チャンスがあれば是非ライブに参加してみてください!

2009-03-28 土 22:19:47 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

こんばんわ!

ライブうらやましいです!
「PRESENT」、心にしみるいい歌ですね!
ハマりました。

2009-03-28 土 20:54:59 | URL | やまかず #yut1PHzM [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。