スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

新譜 3/12-4/9

月に一度ペースが定着してしまいましたが、先月のレビュー以降に購入したCDを紹介させていただきます。

super sonic sound / MINGUSS
super sonic sound
先ずは3/12リリースのMINGUSSの2ndミニアルバムから行きます。一昨年12月にヴィレヴァン限定でリリースされ、しばらくして大手CD店でも発売が開始された1st「PREMINGUSS」から1年とちょっと経ってますか。これまで参加したライブでもこのアルバムに納められている曲を結構演奏していたので、インパクトは無かったけど一層深くMINGUSSも進化しているのを実感しました。1stではピアノトリオという編成にこだわっていたようでしたが、このアルバムではより自由なアレンジとなっています。最近参加のライブでもシンセを多用していたので、ある程度予想はしていましたがシビレるトラックを聴かせてくれたわ。1曲だけですがゲストの玉川裕高さんがGt.を弾いている曲とかもあり、これはちょっと意外だったかも。曲的には1stの方が小西さんのハイトーンを活かしていた気もしますが、ビートに重点を置いたのでしょうがないかな。でもその分ライブでもガッツリ踊れると思うので、また近い内に参加させていただきますよ。

+1 / 木村カエラ
+1
続いて4/2発売組で、カエラの4thアルバムから。イイです、このアルバム。これまでは『Circle』が一番のお気に入りだったけど、第一印象でこのアルバムの虜になりました。簡潔に言えば「カラフルで、ポップで、かつROCK!」。プロデューサーだけ見てもお馴染みのアイゴン、シノッピ、mito、民生に加えて、卓球、DE DE MOUSE、高桑圭、AxSxE、MO'SOME TONEBENDERと色とりどり。特にmito、卓球、DE DE MOUSEのエレクトロニカ勢が面白かった。mitoは「circle」でもカエラとの相性の良さを感じたけど、今回の「NO IMAGE」はカッコ良過ぎ。80年代っぽさも感じさせながらのドラムンベース的なアプローチにはブッ飛んだわ。あと民生プロデュースの「1115」では演奏が民生とdetroit7ってのもサプライズ。det7のブログで言ってたシークレットでのレコーディングって、これだったのかー。今年も主催イベント組むなら是非det7でお願いします、カエラ様。あ、その前のツアーは7/9のNHKホールに参加予定。席はミカバンドに続き2階席の後方と恵まれませんでしたが、初のホールツアーを楽しみにしています。

夏祭り鮮やかに / 中山うり
夏祭り鮮やかに
もう一つの4/2リリースは中山うりの3rdミニアルバム。6曲入りですが、「夏祭り鮮やかに」がfilm ver.とインスト、「月とラクダの夢を見た」がharp ver.と通常版と重複しているので、実質は4曲。「月とラクダ~」の2曲はiTMSで配信されていたものと同一と思われるので、差っ引くとシングル相当と言った感じかな。前の「エトランゼ」が出てから3ヶ月ほどなので、リリースがあるだけでも良しとしましょう。曲的には「カーニバルの午後」は私はお初でしたが、それも含めライブではすっかりお馴染みの曲ですよね。harp ver.も昨年末のduoで経験済みでした。これで「歌を忘れたあなたに」それとカバーの「黒猫・白猫」とか「星の界」あたりが音源化されれば、私がライブで聴いたことある曲はほぼ網羅できるんじゃないかな。まあ、今度の木曜日に赤坂BLITZのワンマンに参加予定ですから、そこでまた新曲が聴けるかも。平日なのでビミョーだけど、行ければまたレポします。

I LOVED YESTERDAY / YUI
I LOVED YESTERDAY
最後は4/9にドロップされたYUIの3rdアルバムで、前のアルバムからほぼ1年ですね。ちなみに、今週のオリコンウィークリーでは1位でしたよ。先行シングル3曲含む全13曲で、私はDVD付の初回限定版を購入してしまいました。まだDVDは見れてないけど、昨年の武道館のライブを見たかったんですよね。その武道館はチケット外れまくって参加できなかったので、せめてものリベンジです。ちなみに今度のツアーは7/2のNHKホールが先行で当選したので一安心。話ずれましたが、CDはまだあまり聴き込めていないけど、やや印象薄いかも。曲的にはいつものYUIらしくスピード感あるナンバーが多く、彼女独特な泣きも堪能できましたが、アレンジがこれまでとあまり変わらないのがどうもね。個人的にはもうちょいROCKに振って欲しいな。今度のツアーもいつもと同じイワイエイキチさんをボスとするトリオで行くと思うけど、打ち込みは無しの方向でお願いしたい。で、アコースティックコーナーとか設けるのも良いんじゃない、牟田さんはカホン叩いてるの見たことあるし。

スポンサーサイト

テーマ:邦楽CDレビュー - ジャンル:音楽

2008.04.21 | コメント(2) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

junperさん、コメント3連発ありがとうございます

カエラの新作はヘビロしてもあきないですね。おっしゃるように前作の延長線上にあるかも知れませんが、ステップを一段上がったようなクオリティの高さにシビレます。
一方YUIは踊り場にいるかも。プロデューサーを変えるとか、方向性を見直して欲しいな。セルフプロデュースも良いかも。まだ若いし、色々試してみてもいいかな。

2008-04-27 日 10:50:34 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

木村カエラのアルバムは、僕もよく聞いてます。方向性的には前作のコンセプトをさらに発展させた感じだと思っていますが、アルバムトータルとしての出来は今回の方が上と思いました。
中山うりの新譜購入は新曲が少ないので、(予算削減により(泣))見送り中です。映画主題歌になっているので、CMよく流れていますね。
YUIの新作には触手が伸びてないです・・・前作にはCHE.R.RYというキラーチューンがあったからなぁ。今度試聴してみることにします。

2008-04-27 日 10:19:53 | URL | junper #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。