スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

MASS OF THE FERMENTING DREGS / Buffalo Daughter@UNT

5/24ですが、代官山のUNITで行われたiLL主催の「Dead Wonderland」というレコ発イベントに参加してきました。マスドレとBuffalo Daughter中心ですが、レポしますね。

MASS OF THE FERMENTING DREGS

1. I F A SURFER
2. ?
3. delusionalism
4. ハイライト
5. ベアーズ

マスドレのライブは3月のイベントに続いて2度目。先月のOGREやLostageとの対バンも行きたかったんだけど、Buffalo Daughterも見られるというのでこちらに心変わりしちゃいました。マスドレはトップバターで、18:30のほぼ定刻にステージに登場。今回もメンバー紹介が無かったのですが、サポートDr.はマスドレのMy Spaceでブログを担当している吉野功だったと思います。ナツコンは黒地に白い花模様のプリント入ったミニワンピにチャーコールグレーのTeeを重ね着。チエミは3月と同じと思われるベスト風なトップとジーンズといった衣装。共に足元は不明ですが、髪はナツコンがブラウンのミディアム、チエミは短めのカーリーと変わってなかったかな。
ナツコンの合図でBGMが止むと、いきなりバスタムの強打と爆音のGt.。いや、1曲目から必殺の「I F A SURFER」ですよ、イントロで思わず声を上げてしまったのは私だけではないはず。相変わらずカッコ良いっすねー。激しいビートと躍動感のあるGt.のリフ、そしてナツコンの深いリヴァーブ効いたヴォーカルに踊らされましたよ。前回はやや違和感のあった吉野さんのDr.もかなりフィットしていて、CD以上のノリでした。2曲目は前回も2曲目に演奏した、CD未収録曲。前回のレポでは「ブログで告知のあった新曲かも」、と言いましたがその後ナツコンがブログで取り消していたのでお馴染みの曲みたい。この曲は前回も気に入ったケルト風なリズムがヤバ過ぎだし、それに乗るGt.のリフもリアルタイムでループさせて更に音を重ねていたようでした。

ここでナツコンから「皆さん今晩は、マスオブ~(以下略)です。」と挨拶から告知などのMCがあり、彼女のBs.の激しいビートから3曲目がスタート。ナツコンとチエミが向かい合って、そのビートにリフを慎重に合わせて行く姿に好感アップ。チエミはファルセットのコーラスもテンポ良くて、曲のノリを良くしているとこも良かった。それに応えてナツコンもサビでシャウト入れたり、更にそれに反応してかアウトロでのチエミのGt.ソロもかなり弾けてたよね。4曲目は前回に引き続きアルバムでの曲順どおりにメドレーでなだれ込む展開。突っ走るリズム隊とそれに遅れまいとするGt.のリフに、深いリバーヴのヴォーカルと浮遊感あるコーラスにクラクラ来たよ。特にアウトロでのナツコンのBs.の激しいビートは凄まじい迫力。Dr.の吉野さんとのコンビもグルーヴあふれてた。
ラストも前回と同じ曲順で、メドレーでのインストナンバーが来ました。この辺はもう一つの美学とも言っていい完成されたセットかな。どの曲も似たようなビートですが、この曲は変拍子入れながらノリを良くして行ったりと良く考えられているわ。アウトロのジャムはGt.のリフに合わせてナツコンが激しくBs.をストロークすると、それを見ていたチエミが笑顔を見せるなど演奏しているメンバー自身が楽しんでいるのがいい雰囲気。最後にはナツコンがBs.を背面弾きしたり、チエミがJazzmasterをハウリングさせたまま袖に下がるなどカッコ良かった。オフマイクで「ありがとうございましたー」と叫んでステージを去るナツコンの笑顔も輝いていた25分のステージ、ビューティフルの一言です。7月にはくるりとの対バンツアーで前座するみたいだけど、カエラとのステージは是非見てみたいね。

Buffalo Daughter

1. Sometime Lover
2. ?
3. ?
4. Mirror Ball
5. Cyclic

さて、続いての登場はBuffalo Daughter。全部じゃないけど『Pshychic』まではアルバム買ってましたが一昨年の『euphorica』を買い逃して、ツアーもいつの間にか終わっていたりで彼女等のステージは始めて。大野由美子さんはUAのサポートで何度かお目にかかっていましたが、ようやく生の音が聴けるのを楽しみにしていましたよ。19:15ほどにBGMの止んだステージにメンバーとサポートのDr.が登場。大野さんは白、吉永さんは黒のTシャツで、共にボトムはジーンズだったかな。サポートDr.は良く見えなかったけど、YUKIのサポートでお馴染みの松下敦さんだったかも。大野さんから「今晩はBuffalo Daughterです」と一言あってから、1曲目がスタート。この曲は未だ入手していない『euphorica』収録ですが、歌詞から類推しました。打ち込みのリズムからDr.が入り、Kb.とBs.も参加していくルーツなリズムのイントロから。
ビート自体はルーツなんですが、重ね方などが構築的でクラッシックを聴いているような気になっちゃったかな。踊れるビートではありますが、体より脳の方が先に反応してしまうタイプの音です。吉永さんのGt.と歌が始まってもその印象は深くなり、大野さんのコーラスにサティの影も感じたりしたっけ。後半のリズムとノイズのミクスチャーはカッコ良かったよ。2曲目は曲名が分からなかったけど、『I』収録の「Discotheqe Du Paradis」だったかも。Bs.とGt.のハモりから打ち込みのテクノビートが絡むイントロで、Bs.はその機械的なビートに自由に絡んだり、Gt.もループするアフリカンなリフで彩りを添えてたっけ。大野さんのヴォコーダー効いた歌に吉永さんが合いの手を入れる感じもアフリカ風。時折入る山本さんのCrazyなシンセのフレーズも意外性あったな。

3曲目も曲名不明ですが、山本さんのワイルドなヴォーカルがフィーチャーされた、ルーツなリズムとROCKなGt.に絡む山本さんのシャウトもカッコ良かった。バンド全体がリズム強調で進行していて、それが勢いのある山本さんの歌とマッチしてましね。4曲目はシンフォニックなシンセのイントロ中にGt.とBs.がチューニングする構成の妙。シンセがフェイドアウトして行くと共にGt.のアルペジオと歌うBs.のバッキングが入り、大野さんと吉永さんのツインヴォーカルも始まる展開。まあ、歌モノではなく、ヴォーカルも楽器のソロと同じく時折入る程度で、終始シンフォニックな曲に色を添えていたムード。メロディアスなGt.のアルペジオとフランジャーを効かせたBs.のソロが交錯してゆく中、徐々にリズムが強調されて行き盛り上がるエンディングはシビレたわ。
大野さんと吉永さんに加え山本さんも乱入したMCがあり、吉永さんから「次の曲で最後です」とアナウンスされると、フロアからブーイング。「でも、次の曲は長いから」と取り成しもあって、イントロが始まると会場から歓声も上がりましたね。いや、私も歓声を上げた一人ですが、生で大好きなこの曲が聴けるとは感激でした。大野さんはBs.を下ろしmoogを担当してましたが、Gt.とmoogのユニゾン、そこからの変奏へと変化してゆく展開に鳥肌全開。強烈だけど無機質なビートに乗るシンフォニックなメロディのループはヤバいって。Dr.もビートに乗るかと思えば変化をつけてノリ良くしていたり、CDと違ったハイハットをサンプリングしたような打ち込みも酩酊感あったわ。終わってみればマスドレと同じ5曲ながら、倍近い45分のステージ。何故にもっと早くBuffalo Daughterのライブを見なかったのか、と後悔させていただきましたよ。

で、最後は主役のiLLの登場。ナカコーとBs.のナスノさんにVn.勝井さんはフルカワミキ、Dr.の沼澤さんはねえやんやLeyonaのサポでお馴染みの面々でした。特に沼澤さんのDr.が凄かった。フルカワミキでは城戸さんがDr.でしたが、この日の沼澤さんのケルト入ったDr.はシビレたわ。全体的に後ノリなんですが、それがナカコーのGt.を後からプッシュしているようで途轍もないグルーヴを生み出していた感じ。いや、未だにアナウンスの無いフルカワミキのレコ発があるなら、是非彼に叩いてもらいたいと思ったほどです。

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2008.05.28 | コメント(2) | トラックバック(1) | 音楽

コメント

よしきさん、レポ期待してますよ

私はGO!GO!の野音、両日とも他のライブと重なってしまい参加できないんですよね。BUGYは参加するけど、ワンマンじゃないのが残念。やっぱBUGYはガッツリ見たいですよ。

2008-06-01 日 00:41:41 | URL | mike #MhPUe52c [ 編集 ]

いいなぁ~

マスドレですかぁ~☆
活動拠点を関東に移してから、なかなか関西でのライブがないので寂しいです(>_<)
おいらも月に一回しかライブに行けてないし…。
でも、6月は凛として時雨とGO!GO!7188のツーマンから始まり、BUGY CRAXONEもレコ発で来るし、久々に充実しそうです。おいらのHPも寂しいとこなんですが、6月はがっつり行きますので(^O^)

2008-05-31 土 17:49:53 | URL | よしき #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。