スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

笹川美和@duo

6/6に渋谷のduo MUSIC EXCHANGEで行われた笹川美和の「tour 2008 "re-fresh"」に参加してきました。ちょっと怪しいけど、セットリストから行きます。

1. 太陽
2. 金木犀
3. 向日葵
4. 花火の音
5. 星の船
6. 春風
7. さよなら
8. 小春日和
9. 街生まれ、田舎生まれ
10. ニセアカシア
11. 美しい影
12. 笑
13. 事実
14. 誘い
<アンコール>
15. 紫雲寺
16. 光とは
<ダブルアンコール>
17. 願いごと

ササミのライブは1月の対バン以来で、とうとう10回目ですね。昨年を除き毎年1回のワンマンと、対バンあるいはフリーライブに1~2回参加してきたので2005年の初参加から4年で2桁に到達できました。今年も後1回ぐらいは参加したいな。19:30のほぼ定刻に客電が暗くなり、サポート陣が入場。メンバーはササミのワンマンではお馴染みのKb.林有三とブズーキ/ウード/A.Gt./マンドリンの田代耕一郎、イベントで何回かサポートしていたPerc.佐藤唯史に、最近コンビを組むことの多いA.Gt.設楽博臣の計4名。しばらくしてササミも登場しましたが、この日の衣装はシルクと思われるゴールドのショルダーレスな膝丈ドレス。ドレッシーな装いですが、足元が皮のサンダルってのがササミらしいわ。髪はいつもの軽くカラーリングされたショート。ナチュラルなメイクで、相変わらず色白でしたね。
1曲目はアコギとグリークブズーキのハーモニーが美しいイントロから。ジャンベとマレットで叩くフレームドラムのゆったりとしたリズムとスペイシーなシンセも加わって行き、大陸的なササミの声がそれらに乗ると不思議な浮遊感ありますね。ササミも端からフェイク満載のファルセット全開で、この日の気合の入りようが分かります。立ちでスタンドマイクでしたが、右手でスタンドを握り左手でのアクションも出てました。いや、最初っから素晴らしい歌声でしたよ。短い挨拶をはさみ、2曲目はササミはアコピに移動し、田代さんはウードにスイッチ。隙間の多いアコピにウィンドチャイムなどが少し入り、シンセも低く入る程度で歌へ。東洋スケールのメロディをファルセットで歌い上げるササミに、中東風なウードのトレモロが叙情的にバッキング。間奏からジャンベと手で叩くフレームドラムも入り、アコギとウードのハーモニーを盛り上げて行きます。リズムが入るとササミの歌声もエモーショナルになりますね。目を閉じて乙女心を切々と歌ってました。歌い終わってニッコリと笑った表情には満足さがあったよう。

3曲目はCDと同様にマンドリンのトレモロからスタート。ゆったりと歌うササミの歌声はフェイクも自在さがあふれていて、オーガニックな雰囲気ありましたね。2コーラス目から入ったタムをブラシで叩くリズムもたゆたう歌声に合ってたな。ここまでは初期の曲を固めて歌ってましたが、これまでのライブやCDで聴くよりササミの成長が感じられる素晴らしい幕開けだったんじゃないでしょうか。ここでササミはセンターマイクに戻り、メジャーを離れてからようやくアルバムをリリースできたことなど、長目のMCが入りました。「ここから6曲はその新譜の曲を連続で歌います」との発表に大きな拍手も。4曲目はアコピに移った林さんとアコギの静かなイントロからリリカルな歌が始まり、サビからアイリッシュブズーキとジャンベが入ってササミの歌にも力がこもって来ます。新譜の『miwa BLUE』は夏をイメージした曲をそろえたと言ってましたが、この「花火の音」は夏の夕暮れに聴くと良さ気です。
5曲目は残暑の残る夜、それもお祭りに聴いたらバッチリでしょうね。この曲も静かな入りですが、サビから設楽さんのアコギがエモーショナルなストロークでリードして行き、先をバラしたロッドで叩かれるタムが祭り太鼓のようでした。そのリズムにササミも肩を揺らしながら、気持ち良さそうに歌っていたのが印象的だったな。6曲目は夏ではなく曲名どおりに春っぽい躍動的な曲で、イントロのジャンベソロからノリが良かったよ。歌があるところでは弾むようなピアノのバッキングがリードしていたし、間奏とアウトロではラテン風なアコギのソロが決まってた。ササミ特有の繰り返される歌詞もグルーヴを生み出してて、アウトロのGt.とスキャットの絡みは緊張感ありました。

7曲目はアルバムの中で唯一情念系の曲だそうで、歌詞の「あなたは悪魔」というフレーズが頭に残ってますね。サビまでは静かな流れでしたが、アコギの激しいストロークから情念が爆発して行き、ササミの歌声にもそれが野火のように広がってゆきます。アウトロのマレットで叩かれるジャンベは呪術的で、女心の激しさを表していたかな。8曲目は以前マスタリングでロンドンに行った時、電車から見た風景を元に作った曲との説明がありました。道に迷って焦っていたのだけど、小春日和の日差しが心地よかったとか。詞の内容は淡い恋心に置き換えられていましたが、2本のアコギのゆったりとしたハーモニーが心地よさを表現していた感じです。和風なフェイクでフィニッシュした歌も温か味ありましたよ。9曲目は夏の歌と言うよりは四季を題材に、都会生まれの男性と田舎生まれの女性のすれ違いがちな恋を歌ってましたっけ。アコギとウッドブロックなどの郷愁を誘うPerc.主体に曲が進み、大サビ前の1コーラスが丸々スキャットで歌われていましたが、もしかしてササミが歌詞を忘れたとかあったのかな。この日CDが買えなかったので、買った人に確認したい。まあ、そのスキャットも大陸的な節回しが素敵でしたけどね。
新曲シリーズも終わり、10曲目もメジャーデビュー前のミニアルバムから。エレクトロニカだったCDとは違ってシンセは低音域主体で、田代さんはグリークブズーキとウードを持ち替えたり活躍してました。ササミもCDよりパワフルなファルセットを聴かせてくれ、当時とはスキルの違いを見せてくれたね。11曲目からササミはアコピに戻り、ノイジーなシンセのイントロから。歌い始めはアコピのみで入り、Bメロあたりから縦笛風なシンセが加わる展開。サビからアコギやウードも参加して来て、本来なら歌声に情念も現れてくるはずですが、この日はやや薄め。情念はエモーショナルな演奏に任せていた感じかな。2コーラス目以降は徐々に情念も出てきたので、最初は意識的に抑えていたんでしょう。12曲目でようやく代表曲が来ました。アコピとジャンベの元気なリズムがリードして行き、アコギとアイリッシュブズーキのストロークも続きます。間奏ではフィジカルコントローラーを使ったE.Gt.っぽい音源のシンセソロが面白かったよ。

13曲目はササミはアコピを離れセンターへ、入れ替わって林さんがアコピに移動。CDと同じくバラしたロッドでのタムのイントロが生で聴くと更にイヌイット的でシビレたね。アコギとアイリッシュブズーキのハーモニーもどことなく東洋的で、ササミの和風な歌声にピッタリ。特に「イエイエー」という繰り返しでの見得の切り方がカッコ良過ぎです。文句無しにこの日のベストパフォーマンスでしたね。メンバー紹介も含めたMCがあり「次がラストです」と紹介があり、14曲目へ。ほぼ林さんのアコピのみ、マンドリンが微かに入る程度で1コーラス歌ってたかな。最初の間奏からアコギとマンドリンも本格的に、2回目の間奏からカホンも入って、大サビではササミのコブシも回る回る。かなり盛り上がって中締めとなりました。
アンコールではササミ一人で再登場。一人で楽しそうにMCしているのは初めて見たかな。独立してからの苦労話も何故か楽しげだったよ。メンバーを呼び込んでのアンコール1曲目は「帰ると紫雲寺はもうお祭りなんだよね」という一言から直ぐ想像がつきました。一昨年のBLITZでのアレンジには敵いませんでしたが、ウッドブロックを効果的に使ったこの日の演奏もなかなか。アウトロの和風全開なスキャットも染みましたね。16曲目はアコピソロのイントロからアコピのみで歌い始め、サビからアコギとアイリッシュブズーキが入る展開。間奏からブラシでのスネアも参加したけど、伴奏は終始抑え目でササミの歌声を引き立ててた感じが良かったわ。リフレインに入るとササミの歌声と共にバンドもクレッシェンドして行き、力強いタッチのアコピでフィニッシュしたのはカッコ良かったわ。

ダブルアンコールでも一人で戻って来ましたが、17曲目は「願いごとを弾き語りでやります。でも、この曲よく間違えるんだよな」と弱気な発言。1コーラス目はミニマムなピアノでウィスパー気味のヴォーカルも光ってましたね。何とか間違えず、歌詞も飛ばずに終えられ、見ている方も安堵しました。終わってみれば1時間40分ほどとややヴォリュームは欠けましたが、ササミのワンマンに参加できる喜びがじんわり感じられた、素敵な時間だったよ。今回は夏アルバムでしたが、来年には冬アルバムとそのレコ発を期待していますので、よろしくお願いします。

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2008.06.09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

mike

  • Author:mike
  • ライブ・レポートやCDレビューなど音楽に関する情報を色々とお届けして行きます。
    プロフィール画像を親愛なるへむれんさんが書いてくれました、多謝!
    <今後のライブ予定>

最近のつぶやき

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事(数)表示

全タイトルを表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。